転職の悩み

転職したい大卒の24歳が知っておきたい【とても大切な3つのこと】

転職したい大卒の24歳が知っておきたい【とても大切な3つのこと】
24歳で転職したいけど
なかなか踏み出せない。。。

こんな悩みを解決する記事です。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

大卒で24歳ということは、2年程度の社会人経験を積んできたはずです。

仕事にもそろそろ慣れてきたころだと思います。

しかし、

  • ずっと不満があった
    そろそろ状況を変えたい
  • 2年仕事を続けたけど
    自分には向いてないと思う
  • 他にやりたいことがある
    いい加減に挑戦したい

このように考えて、転職を決意する人も多いのではないでしょうか。

 

とは言え、24歳で仕事を辞めるのは悩みますよね。

転職がうまくいくか不安になるはずです。

 

そこでこの記事では、僕の転職経験と人事目線を軸に「24歳で転職をするなら必ず考えておきたい3つのこと」をまとめました。

  1. 大卒の24歳前後の転職者は
    需要が大きい
  2. 企業のニーズに合わせた
    アピールが大切
  3. 希望する職種によって
    転職者に求める資質は違う
ゆうき
ゆうき
詳しくお話していくので参考にしてもらえると嬉しいです!

【24歳前後の大卒の第二新卒者は需要が大きい】転職チャンスはある

まず最初に知っておきたいのは、大卒の24歳前後の転職者は需要が大きいということです。

きっと、24歳で転職をしようと思うと、

まだまだ経験もスキルも足りない
転職はしたいけど
不安だな。。。

このように悩む人は多いはずです。

たしかに経験やスキルを評価する企業(求人)では、転職のハードルは上がります。

しかし、未経験の分野に挑戦したり20代で早めに転職をしたいと考えているなら、「24歳」という年齢の転職は良いタイミングと言えるんです。

どうしてかというと、いわゆる「第二新卒の転職者」を求める企業は多いからです。

第二新卒というのは、一般的に「新卒で入社した会社を3年以内に転職をする人材」を指します。

つまり、大卒の24歳前後は転職がしやすい時期と言えるわけです。

 

どちらかと言うと以前は、

  • 最低3年以上は経験を積むべき
  • 転職はマイナス・リスキー
  • 新卒しか採用しない

こんな風潮がありましたが、

「第二新卒を採用したい」

「勤続年数よりも人柄や将来性」

このように考える企業は増えています。

 

もちろん、だからと言って何も準備をせずに会社を辞めてしまったり、中途半端な気持ちで転職をするのはNGです。

しかし、真剣に転職を考えているなら「24歳はチャンスのタイミング」だということは知っておきましょう。

スポンサーリンク



【企業のニーズに合わせたアピールが大切】24歳の転職活動で気をつけるべきポイント

次に知っておきたいのは、企業のニーズに合わせたアピールをすることです。

先ほど「大卒の24歳(第二新卒者)は転職しやすい」とお伝えしました。

しかし、適当に転職活動を進めても、自分の希望に沿った企業に転職できるとは限りません。

もしかすると、なかなか採用してもらえずに転職を焦って、ブラック企業の餌食になってしまうかもしれません。。。

そこで押さえておきたいのが、企業のニーズを考えて転職活動をするということなんです。

 

実は新卒の就活は、

「自分中心の売込み」

で内定を取れることもあります。

「自分はここが優れている」「自分は何がしたい」といったアピールですね。

しかし、社会人経験をある程度積んだ状態の「転職」では、自分勝手な自己PRだけでは面接官や採用担当者の心には響かないケースが多くなります。

自分勝手な自己PRとは

わかりやすい例をご紹介しますね。

例えば、

A社「新規開拓ができる精神的に強い人材がほしい」

B社「既存営業をきちんとこなす信頼度の高い人材がほしい」

このようにA社とB社で求める人物像が異なるとします。

すると、当然アピール内容も変わってきますよね。

自分は「ガツガツいくタイプ」だからといって、B社の面接で

わたしは物怖じせず
どんどん前に出るのが得意です!

こんなアピールをしても、良い印象は与えられないかもしれません。

逆に、A社の面接で

私は周りからの信頼が厚く、
安心して仕事を任せられると評判でした

とアピールをしても、大きな評価には結びつきません。

 

もちろん、24歳の第二新卒者を採用する企業は、やる気や熱意、将来性なども重要視する傾向にはありますが、

応募する企業が求めている

  • 人物像
  • 経験やスキル

をきちんと把握した上でニーズに沿ったアピールが必要になってきます。

24歳の転職活動は、

やる気・熱意のアピール 6割

企業のニーズに沿うアピール 4割

くらいの気持ちで臨むのがおすすめです。

スポンサーリンク



職種や業界によって求められる資質は違う【24歳の転職を成功させる秘訣】

3つ目に知っておきたいのは、希望する職種によって転職者に求める資質は違うことです。

きっと、24歳で転職を考える人は、

  • 若いうちにキャリアチェンジがしたい
  • 第二新卒のチャンスを活かして
    異業種・異職種に転職したい

このように思っている人が多いはずです。

未経験分野に転職するケースです。

 

その場合、先ほどもお話したように「企業のニーズ」を考えることも大切ですが

  • 応募する職種・業界で
    求められる資質を理解しておく
  • これまでの経験から活かせるものを
    取捨選択しておく

この2つも必要です。

 

24歳で転職を決意して失敗する人に多いのは、

  • アピールしたいことだけ伝えている
  • 自分の希望だけ叶えようとしている
  • どう貢献できるかを示せていない

この3つです。

なので、

希望の職種・業界では、
こんなスキルや資質が求められている

だから、自分のこんな経験が活かせる!

このようにニーズと自分の経験・スキルを結びつけて転職活動を進めることが成功の秘訣になります。

いくら能力や適正があったとしても、応募企業や業界のニーズを把握していないと的外れなアピールを繰り返して転職が失敗してしまいます。

 

ここからは、代表的な職種別に「求められる資質」をまとめてみました。

ぜひチェックしてみてください!

企業が「営業や販売」に求める24歳転職者の資質とは?

  • 積極性があり新規顧客開拓を行える
  • 仕事に対する目標達成意識が強い
  • 顧客に明るい笑顔で対応できる
  • 顧客のニーズをキャッチできる

とくに営業職の場合は、精神面の強さを期待されます。

実績を求める企業も多いので、これまでの仕事ぶりを整理しておくことは必須です。

 

また、営業や販売が未経験の場合は「コミュニケーション力」「目標達成力」をアピールしていきましょう。

企業が「事務職」に求める24歳転職者の資質とは?

  • PCのスキルが高い
    (オフィス系ソフトは必須)
  • 社員や顧客のことを気遣える
  • 積極的に自ら仕事を実行できる
  • どんな仕事にも工夫や改善の努力ができる

事務職は、カバーする仕事の範囲が広いだけに、様々な能力を期待されます。

部門が分かれている場合は、専門的な知識も要求されます。

 

また、事務職が未経験の人は「事務は指示通りに動いていればいい」というイメージがあるかもしれません。

しかし、仕事への向上心が無いと、多岐に渡る事務業務をこなせないことを頭に入れておきましょうね。

企業が「技術系職」に求める24歳転職者の資質とは?

  • 技術を常に磨く姿勢がある
  • チームを組む場合は組織への適応力がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 柔軟な新しい考え方を持っている

技術系職種は、やはり技術力を中心に経験やスキルの有無を期待されます。

専門性が高ければ高いほどに、これまでの経験を具体的に伝える必要があります。

 

未経験の場合は、前職を振り返って活かせる経験を伝えるのがベターですが、「新人を積極的に採用したい」と考える企業もあるので、コミュニケーション力や柔軟な考え方を示してアピールするのもおすすめです。

スポンサーリンク



大卒の24歳が転職を成功させるには【精度の高い情報収集が必須】

さてここまで、

  • 大卒の24歳前後の転職者は
    需要が大きい
  • 企業のニーズに合わせた
    アピールが大切
  • 希望する職種によって
    転職者に求める資質は違う

ということをお話してきました。

最後にお伝えしたいのは、24歳の転職活動は「精度の高い情報収集」が非常に大切だということです。

実は「企業のニーズ」「求める人物像」などは、求人票や企業HPからはボンヤリとしか読み取ることができません。

例えば、求人を見て

この企業は既存営業を募集しているから
信頼感をアピールしよう。

このように判断したとします。

しかし実は「将来的には新規開拓の担当を視野に入れている」なんてケースが無いとは言い切れません。。。

つまり、ひとりで情報収集をするのには限界があります。

 

ですので、精度が高い情報収集をするためにもたったひとりで転職活動を進めるのはおすすめできません。

解決策としては、エージェント系の転職サービスを活用することです。

 

いわゆる「転職エージェント」を使えば、企業情報に詳しいキャリアアドバイザーが

  • 希望に合う求人の紹介
  • 応募企業の詳細
  • 面接対策・応募企業とのやりとり

などを無料でサポートしてくれます。

どうしてエージェント系は企業情報に詳しいかというと、キャリアアドバイザーが

  • 紹介をする企業を実際に訪問
  • 採用担当者とやり取りをする

などして、現場の情報を把握しているからです。

例えば、

  • 社内の雰囲気
  • 上司の人柄
  • 詳しい仕事内容
  • 面接で好印象を与えるアピール

などを教えてもらえることもあります。

 

とくに大卒で入社した会社を24歳で転職する場合、転職自体が初めてだと思うので、右も左も分からない状態ですよね。

仮に24歳で転職を失敗すると、やり直しが難しいですし、20代の貴重な時間を棒に振ってしまいます。

 

もちろん、「転職活動はひとりでやる」という方にはおすすめできませんが、24歳で転職を考えているならしっかり情報収集をすることが大切です。

今からエージェント系サービスをうまく活用してコツコツ情報収集をしていきましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

また、転職エージェントを活用する場合は、20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 第二新卒や経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

下記の記事では、20代の転職に強いエージェントサービスを詳しくお話ししています。併せて参考にしてください!

20代に強いおすすめ転職エージェントまとめ【失敗しない活用法も】 この記事を読んでいるということは、 と思っているのではないでしょうか? そんなあなた...
サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>