20代の転職

25歳前後は社会人のやり直しが可能【仕事がうまくいかないときの対処法】

25歳前後は社会人のやり直しが可能【仕事がうまくいかないときの対処法】

「仕事が上手くいかない」

「ブラックに入社してしまった」

「人間関係でヘトヘト」

いっそのこと、
もう一度社会人をやり直したい。。。

このように悩んでいませんか?

 

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

ぼくも20代で転職を経験しているので、「やり直したい!」という気持ちは理解できます。リスタートできたら…と思いますよね。

 

そこで考えてみてほしいのが、第二新卒として転職する方法です。

【第二新卒とは】一般的に、新卒で就職して3年以内に転職する人のことを指す言葉。年齢的には25歳前後までとすることが多いと言われています。

新卒の就職は一度切りですが、第二新卒として転職をすれば、

  • 研修が充実している
  • 一からキャリアを積める

などのメリットがあるので、「社会人のやり直し」に近い経験ができます。

 

また、近年は人手不足や新卒採用が難しい理由で、第二新卒の需要は高まっており、第二新卒者を狙って採用活動をする企業も増えています。

つまり、第二新卒者は転職がしやすいと言われています。

 

もちろん、転職にはリスクがありますが、「社会人をやりなおしたい」という気持ちが強いなら、第二新卒転職を検討してみてください。

この記事では、

  • どうして第二新卒は社会人のやりなおしが可能か
  • 第二新卒転職のリスク
  • 第二新卒転職の注意すべきポイント

をお伝えしていきます。

ゆうき
ゆうき
ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

なぜ第二新卒転職で社会人をやり直すことができるの?

では、どうして第二新卒転職で社会人のやりなおしが可能なのでしょうか。

それは、第二新卒の転職は新卒の就職と似たようなイメージでリスタートができるからです。

 

中途採用の場合は、「1から教える」というよりも「経験やスキルを期待した採用」なので、即戦力としての働きを求められます。

そのため、社会人のやりなおしを期待すると痛い目にあう可能性が高いと言えます。

これに対して第二新卒転職は、

「一度社会に出ている経験+ポテンシャル(可能性)」

に期待して採用する側面が強いと言えます。

 

例えば、第二新卒の転職では、経験やスキルよりも、

  • 意気込み
  • 将来性
  • 人物像

などが重要視されます。

以下は、リクナビが調査した「第二新卒の採用で人事が重視する理由ベスト5」のデータです。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気
  2. ポテンシャル・将来性
  3. バイタリティ
  4. 社会人スキル
  5. 考え方が柔軟

引用元:リクナビNEXT

データ上も「やる気」「将来性」「バイタリティ」などの「人間性」が上位を占めていますよね。

 

つまり、25歳前後であれば、経験やスキルに不安があっても第二新卒としてキャリアをリスタートしやすいというわけです。

また、研修制度が充実していたり、新卒と変わらない扱いを受けられるケースもあります。

 

ですので、25歳前後で社会人をやりなおしたいと考えているなら、第二新卒として転職する道を探ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク



知っておくべき【第二新卒転職のリスク】

ただし、第二新卒転職にもリスクはあるということはきちんと押さえておきましょう。

具体的には、以下のようなリスクです。

  • 年収が下がる可能性
  • 希望する仕事の求人がない可能性
  • 第二新卒を受け入れていない企業もある

当然といえば当然ですが、第二新卒転職は「1からやり直す」という側面が強いため年収・待遇アップが難しいケースが多いと言えます。

また、基本的には需要が高い「第二新卒」ですが、職種や業界によって「第二新卒としての転職のしやすさ」は変わってきます。

第二新卒を受け入れていない企業もあるので、転職を検討する場合は事前にきちんと情報収集することを忘れないようにしましょう。

ゆうき
ゆうき
情報収集をして「リスクよりもチャンスが大きい」と判断できたら、第二新卒転職に踏み出すと良いですよ。
スポンサーリンク



第二新卒としてやりなおしたいけど経験が少ない25歳が本当に転職できる?

もしかすると、

社会人経験が少ない25歳が
本当に転職できる?

と不安に思っている方もいるかもしれません。

 

お話ししたように、転職にはリスクがありますし、第二新卒の採用を実施していない企業も存在します。

しかし、そもそも「第二新卒」を採用する企業は、社会人経験が少ない人材の将来性に期待して採用活動を行っています。

企業から見た「第二新卒の魅力」は、一度社会に出た経験があるため、基本的な社会人スキルを指導する必要がなく、すぐに活躍してもらえる点です。

豊富な職務経験、職人的なスキルを期待しているわけではありません。

ですので、社会人経験の少なさやスキル不足を気にするのは、取り越し苦労と言えます。

 

もちろん、

  • 年収を大幅アップしたい
  • 希望をすべて満たせないと無理
  • 絶対大手企業に転職したい

という場合は転職が難しいと思いますが、「社会人をやりなおしたい」というなら第二新卒転職は絶好のチャンス。

ゆうき
ゆうき
25歳前後までにチャレンジする価値は十分にあります。
スポンサーリンク



25歳前後で社会人をやりなおすときの注意点

では最後に、25歳前後で第二新卒として転職する場合の注意点をお伝えします。

 

それは、情報収集を徹底するということです。

社会人をやりなおすつもりが、

「転職先がブラック企業だった」

「人間関係が最悪で仕事どころではない」

「自分に全く向いていない仕事だった」

このような結果では、第二新卒のチャンスが台無しですよね。

 

実は転職失敗の原因の多くは、事前の情報収集不足にあります。

転職先がブラックかどうか、職場環境や仕事内容などは、きちんとリサーチすればある程度は見えてきます。

また、年収や待遇なども情報収集の段階で予測を立てることができます。

 

ですので、どれだけ情報収集の精度を高められるかが転職成功を大きく左右するというわけです。

また、転職は新卒時の就活とは異なる部分も多いので、

  • 転職マナー
  • 転職活動の進め方

など、最低限の知識を把握しておくことも大切。

「転職活動をひとりで進めるのは考えている以上に大変」ということは、頭に入れておいたほうが良いですね。

ゆうき
ゆうき
まずは事前の準備(情報収集)を徹底しましょう。

情報収集は求人情報サイトとエージェントを活用する

では、どのように情報収集をしたら良いのでしょうか。

ぼくがおすすめしたいのは、求人情報サイトと転職エージェントを同時活用する方法です。

 

転職を考えている方の大半は、リクナビNEXTなどの求人情報サイトで転職先を探しているかもしれませんが、それだけでは情報収集が不十分です。

キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できるエージェントも活用して、

  • 応募できる求人はどんなものがあるか
  • 年収や待遇はどの程度が期待できそうか
  • 将来的にどんなキャリアプランを描けそうか

以上3つは最低限チェックしておきましょう。

そうすれば、転職後の自分をイメージしやすくなり、転職に対する不安が軽減されます。

ゆうき
ゆうき
まずは転職エージェントを活用して
在職中に情報収集を徹底すると良いですよ。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

また、転職エージェントを活用する場合は、20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 第二新卒や経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

下記の記事では、20代の転職に強いエージェントサービスを詳しくお話ししています。併せて参考にしてください!

20代に強いおすすめ転職エージェントまとめ【失敗しない活用法も】 この記事を読んでいるということは、 と思っているのではないでしょうか? そんなあなた...
20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>