業界・職種

【花は好きだけど花屋を辞めたい】失敗しない転職のコツをまとめました

【花は好きだけど花屋を辞めたい】失敗しない転職のコツをまとめました
こんな悩みを解決する記事です
花は好きだけど
花屋の仕事を辞めたい…
花屋を辞めて
転職できるかな!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

花屋さんは、一見すると

  • 毎日キレイな花に囲まれて幸せ
  • おしゃれなお店で働ける
  • お客さんとのやりとりが楽しそう

このように華やかなイメージがあります。

しかし、実際に花屋で働いている人からすると、「苦労が多く将来が不安」というのが現実ではないでしょうか。

花屋を辞めて転職を考える人も多いようです。

 

そこで今回の記事では、独自調査と人事目線を軸に「花屋からの転職を失敗しないコツ」をまとめました。

  1. まずは早めに動き出す
  2. 花屋のスキルを次に活かす
  3. 在職中にしっかり見通しを立てる
ゆうき
ゆうき
ひとつでも参考になれば嬉しいです!

【華やかで楽しそうなイメージと裏腹】花屋を辞めたい人に多い不満点や悩み

本題に入る前に、花屋を辞めたい人(辞めた人)に多い転職理由をチェックしていきましょう。

独自に転職理由をアンケート調査をした結果、以下のような不満点や悩みが挙がりました。

  • 長時間労働の常態化
  • 土日祝日に休めない
  • 力仕事が多く体に負担
  • 仕事内容が想像と違った
  • お給料が低い
    給料アップが見込めない
  • 将来性が不安

基本的に花屋は、イベント時期や土日祝日が繁忙期です。

そのため、平日しか休めなかったり、勤務時間が長いことに不満を感じる人が多い傾向にありました。

また、力仕事が多いことから、足腰(体)の負担や想像していた仕事内容とのギャップを理由に転職を選ぶ人もいるようです。

 

そして、今回の調査でもっとも多かったのはお給料や待遇に関する不満や不安です。

花屋スタッフの月収は20万円に届かないケースが多く、経験を積んでも年収で350万円程度で落ち着くのが一般的と言われています。

そのため、経済的な理由で転職を考える人が多い印象です。

 

いずれにしても、自分の将来を考えたときに、

このまま花屋の仕事を
続けるのは不安。。。

このように思うなら、転職を考えるのもひとつの方法です。

転職は、「自分のキャリアをマネジメントする行動」だということを頭に入れておきましょう。

接客や販売が向いてないと悩んだときの対処法【20代でキャリアチェンジもあり】
接客や販売が向いてないと悩んだときの対処法【20代でキャリアチェンジもあり】 今回の記事は、 このような悩みを抱える、接客・販売業で働く20代の方に向けた記事です。 ...

転職理由は転職活動の軸になる

実は、こうした現職の不満や不安、転職理由は、転職活動を行う上での「軸」になります。

  • どんな仕事を選ぶか
  • どんな面接・
    書類対策をしたらいいか

などは、すべて転職理由がベースになるからです。

 

なので、まずは自身の転職理由をきちんと明確にしておくことが大切です。

ゆうき
ゆうき
転職理由は言葉で説明できるようにしておくと良いですよ!
スポンサーリンク



【転職チャンスを逃さないコツ】花屋からの転職は早めの行動を意識する

ではここからは、花屋からの転職を失敗しないコツをお伝えしていきます。

1つ目のコツは、早めの行動を意識することです。

基本的に「転職」は、どのタイミングで良い求人が出るかを予測できません。

もちろん、3月〜4月、9月〜10月は新規求人の増える時期ですが、必ずしも自分に合う求人が増えるわけでもないわけです。

 

そのため、転職を考えているなら、早めに転職活動を開始して常に情報収集しておくことが大切なんです。

未経験職への転職は若いほうが有利になりやすい

とくに花屋を辞めて転職する人の多くは、

  • 花屋を辞めて
    事務職に就く
  • 花屋を辞めて
    アパレル職に就く
  • 花屋を辞めて
    営業職に就く

など、未経験の領域にトライするはずです。

この「未経験者の転職」は、若ければ若いほうが有利になりやすいのが一般的です。

 

未経験者を採用する企業は、

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 指導のしやすさ

などを重視して選考をするため、若い人を欲しがる傾向にあるからです。

 

実際、未経験で応募可能な求人の数は、25歳を境にどんどん減少すると言われています。

こうした面でも、早めに転職活動をすることが転職チャンスを逃さないコツになります。

 

例えば、

  • 30歳をすぎて
    未経験職に挑戦する
  • 20代のうちに
    未経験職に挑戦する

このようにたった1年の違いでも、転職活動で大きな影響が出ることもあります。

 

もちろん、準備もなく花屋を辞めてしまうのはリスキーですし、とにかく転職を急げば良いわけではありません。

ですが、花屋を辞めて転職をしたいのなら、転職活動を先延ばしにはせず、情報収集をしておくのがおすすめです。

ゆうき
ゆうき
花屋からの転職は早めの行動が吉です!
スポンサーリンク



【失敗しないコツ】花屋を辞めたいなら経験やスキルを活かして転職をする

2つ目のコツは、経験やスキルを活かして転職活動を進めることです。

もしかすると花屋を辞めたい人の多くは、自分のキャリアを

転職したら1からやり直し
勉強させてもらうつもりで
がんばろう。。。

このように真っ白にリセットするイメージを持っているかもしれません。

 

もちろん、心機一転してがんばるのは悪くないですし、そのイメージが間違っているわけではありません。

でも転職活動では、

これまでの経験やスキルをどう活かせるのか

が重要視されます。

つまり、花屋から別の業界や職種に転職する場合でも、花屋で身につけた経験やスキルをアピールすることが大切なんです。

花屋の経験やスキルが活かせる仕事とは

そんなこと言っても、
花屋のスキルって
別の仕事に活かせるの!?

こんなふうに悩む人もいるかもしれません。

でも、例えば、

  • 接客スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 在庫管理等の店舗運営スキル
  • フラワーアレンジメントの技術
  • 花の知識

などは、花屋で働いたからこそ身についたスキルや経験ですよね。

こうしたスキルや経験は、業界が変わっても十分に様々な場面で活かすチャンスがあります。

 

販売系の仕事では、接客スキルやコミュニケーションスキルが必須ですし、業界によってはフラワーアレンジメントの技術やラッピングスキルが応用できるかもしれません。

事務系の仕事に転職する場合も、コミュニケーション能力や店舗運営のスキルが役立つはずです。

具体的な例では、

  • ブライダル業界
  • 花のECショップを
    運営する企業
  • インテリア関連

などは、これまで培った経験や技術がプラスに作用する可能性が高い職場です。

 

大切なのは、

花屋の経験やスキルを転職先でどう活かせるか

をいろいろな角度から考えてみることです。

ゆうき
ゆうき
広い視野でスキルや経験を見れば、自分だけのアピールポイント・武器になります!
スポンサーリンク



花屋を辞めたいなら在職中に見通しを立てる【ひとりで悩むのはNG】

最後のコツは、在職中に転職の見通しを立てることです。

先ほど、花屋か転職する場合は早めに転職活動をしたほうが良いと言いました。

でも、何も決まっていないのに花屋を辞めてしまうのは、大きなリスクです。

もしかしたら、

  • ブランクができてしまう
  • 焦って転職先を決めてしまう
  • 転職が失敗に終わる

こんな事態にならないとも言い切れません。

 

また、転職をするにしても

  • どんな仕事を選ぶべきか
  • どのように
    面接対策をしたらよいか
  • どのように企業と
    やり取りをしたらいいか

など、悩みが尽きない人も多いはずです。

実際僕も、転職を考えたときは何から手を付けていいかわからず、相当悩みました。

 

なので、まずはひとりで悩まない環境を作って、在職中に転職の見通しを立てることをおすすめします。

エージェント系の転職サービスで情報収集を進める

具体的には、エージェント系のサービスを活用した情報収集がベストです。

転職サイトが運営するエージェント系のサービスは、キャリアアドバイザー(担当者)が要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

つまり、エージェントを活用すれば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などを知ることができるわけです。

 

また、エージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせをしていたり、企業訪問をするなどして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを教えてもらえるのも大きなメリットです。

 

転職に対する不安は、「今後の見通しが立たない」「転職活動の進め方に自信がない」というケースがほとんどです。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、エージェントを活用することで転職の不安や負担はグッと軽くなります。

ゆうき
ゆうき
使えるものは上手に活用して転職活動を有利に進めていきましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>