仕事の悩み

【挫折しそう】仕事をギブアップする前にやっておきたい3つのこと

【挫折しそう】仕事をギブアップする前にやっておきたい3つのこと
こんな悩みを解決する記事です
仕事が辛くて挫折しそう…
ギブアップしたい気持ちで
いっぱいだけど本当に辞めていい?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!
  • 残業続きで体がもたない
  • 上司に叱られてばかりで
    精神的にキツイ
  • やってもやっても
    仕事が終わらない

こんな状態だと、「仕事をギブアップしたい」と思うのも当然です。

とは言え、「本当に辞めていいのか?」「転職できるのか?」と不安に思う人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、僕の転職経験と人事目線を軸に「仕事をギブアップする前にやっておきたい3つのこと」をまとめました。

  1. 早めに情報収集をはじめる
  2. ギブアップをプラスに変える
  3. 転職の見通しを立てる
ゆうき
ゆうき
挫折は悪いことばかりではありません。参考にしてもらえると嬉しいです!

【挫折は悪いことばかりではない】仕事のギブアップは勇気ある撤退にもなる

本題に入る前に、知っておいてほしいことがあります。

それは、仕事の挫折(ギブアップ)は必ずしも悪いことではないということです。

一般的に「挫折・ギブアップ・辞める」といったアクションには、

悪いこと、敗北、社会人失格

このようなイメージがあるかもしれません。

 

たしかに、ギブアップするよりは続けたほうが称賛されますし、挫折せずに働くことが自己成長や収入アップにつながることもあります。

 

ですが、歯を食いしばってがんばり続けた結果、体を壊してしまったら元も子もないですよね。

とくに、メンタルの病は要注意。

「メンタルヘルスを患った人の27%は退職に追い込まれる」というデータもあります。(引用データ:『メンタルヘルス、私傷病などの治療と職業生活の両立支援に関する調査』独立行政法人労働政策研究・研修機構

一度メンタルにダメージを負って退職をすると、復職が難しくなり完治に長い時間がかかります。

これは、キャリアだけでなくあなたの人生にとって大きなマイナスです。

 

なので、「仕事をギブアップしたい」と思うくらい辛いのであれば、現職に見切りをつけて新しい可能性を探すのもひとつの方法です。

ギブアップや挫折というよりは、

勇気ある撤退
もしくはキャリアマネジメントの一環

と考えて、前向きに進んでいきましょう。

ゆうき
ゆうき
長い人生、ときには「勇気ある撤退」も必要です。広い視野で自身のキャリアを考えていきましょう!

仕事をギブアップするなら早めに情報収集をしておく【転職チャンスを逃さない】

それでは、仕事をギブアップする前にやっておきたいこと1つ目です。

それは、早めの情報収集です。

「これ以上仕事を続けられない!ギブアップだ」と思っているなら、今日からでも

  • 転職先の求人
  • 給料はキープできるか
  • 面接のアピール材料

などの情報収集をはじめましょう。

 

なぜなら、転職には以下のような特徴があるからです。

  • 年齢が若いほうが
    有利になりやすい
  • いつ「良い求人」が
    出るかわからない
  • 準備を早めにしておくと
    スムーズに進みやすい

例えば、現職を辞めて他の業界や職種に転職をする場合、「未経験者」として転職をすることになります。

すると、企業の採用担当者や面接官は、

  • ポテンシャル(将来性)
  • 人間性(教育のしやすさ)
  • バイタリティ(やる気や熱意)

などを備えた「フレッシュな人材」を求めます。

つまり、年齢が若いほうが有利に働く傾向が強いわけです。

 

また、転職は新卒の就活とは異なり、決まった時期にみんなが同時に転職するわけではありませんよね。

そのため、良い求人が出たり、希望のポジションが空くタイミングは決まっていません。

「転職シーズン」と言われる3〜4月、9〜10月は求人の数は増えますが、必ずしも自分に合う求人や希望のポジションが見つかるとは限らないことを頭に入れておきましょう。

 

出来るだけ早めに情報収集をして、転職チャンスを逃さないようにアンテナを張っておくことが大切です。

ゆうき
ゆうき
転職チャンスを逃さないためにも早めに情報収集はスタートさせましょう!
スポンサーリンク



仕事を挫折した気持ちを切り替えて退職すれば次に繋がる【ギブアップを乗り越える】

2つ目にやっておきたいのは、ギブアップをプラスに変えることです。

仕事を挫折するとなると、

  • 挫折するなんて意気地なしだ
  • 諦めるなんて心が弱いからだ
  • 自分は継続できない人間だ

こんなふうにネガティブな感情が湧き上がる人もいるはずです。

 

しかし、先ほどもお話したように勇気ある撤退はキャリア・マネジメントの一環です。

たとえ現職をギブアップしても、1年後や3年後に充実した毎日を送っていれば、

『成功を勝ち取るために必要な挫折』

に変わるわけです。

つまり、挫折を成功に変える努力が必要なんです。

ギブアップしてプラスに働くポイントにフォーカスする

そこで押さえておきたいのは、ネガティブな気持ちのまま退職をしたり「仕事を挫折してしまった」という認識のまま転職活動するのはNGだということです。

ギブアップをネガティブに捉えて転職活動や退職を進めるのではなく、

ギブアップしてプラスに働くポイント

を意識して、そこに焦点をあわせていきましょう。

 

例えば、

残業が多すぎてギブアップする
⇒時間ができるから
資格の勉強ができるはず

人間関係が悪くてギブアップする
⇒仕事に100%集中できるはず

合わない仕事をギブアップする
⇒本当にやりたい仕事に挑戦できるはず

このように、挫折するからこそプラスになるポイントに意識を向けましょう。

そこに焦点をあわせることで、転職のモチベーションが上がり、面接時の回答も練りやすくなります。

ゆうき
ゆうき
ギブアップをプラスに変えて、挫折を成功に変える一歩を踏み出しましょう!
スポンサーリンク



【ひとりで悩まない】ギブアップ後の可能性を見極める

3つ目にやるべきことは、ひとりで悩まずギブアップ後の可能性を見極めておくことです。

正直に言いますが、転職は決して簡単ではありません。

とくに初めての転職だったり、仕事になんらかの不満を抱えて転職をする場合は、

  • どんな転職先を選ぶべきか
  • 退職のタイミングはいつがベストか
  • 面接対策はどうしたらいいか

など、悩みも尽きないはずです。

そんな状態でひとりで悩んでしまうと、ますます悪い方向に考えがちです。

 

また、精神的・体力的に限界というなら、すぐに現職を辞める必要がありますが、退職後の見通し(転職の見通し)がつかない状態で辞めてしまうのは相当にリスキーです。

 

なので、まずは

  • ひとりで悩まない環境を作る
  • きちんと見通しを立てる

この2つを取り組んでおくのがおすすめです。

エージェント系の転職サービスを上手に活用する

でも、どうやって
ひとりで悩まない環境
を作ったらいいわけ?

見通しの立て方も
よくわからない。。。

こんなふうに悩む人がほとんどだと思います。

これはズバリ、エージェント系の転職サービスを活用すれば解決できます。

エージェントというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に沿った求人探し
  • 書類や面接など
    受かるためのアドバイス
  • 企業とのやり取り

などを全て無料でサポートしてくれる転職サービスを指します。

 

一般的に馴染みのある「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といったサービスは、いわゆる「求人サイト」と呼ばれ、求人検索から応募、面接まですべてひとりで対応します。

一方「エージェント系サービス」は、転職に詳しい担当者が求人紹介から面接対策まで直接サポートしてくれるのが特徴です。

エージェント系サービスであれば、前もって希望がどの程度叶いそうかを転職の専門家(キャリアアドバイザー)に相談できます。

例えば、

今の仕事を辞めて
別の職種に転職したいのですが。。。

と相談をすると、

アドバイザー
アドバイザー
経験やスキルを活かせるのは
この求人ですね。
職場環境はこんな感じです!
年収もキープできると思います。

このような提案をしてくれます。

転職後をイメージしやすくなるので、転職活動を前向きに進めることができます。

ゆうき
ゆうき
キャリアアドバイザーに相談することで、転職の不安は解消できます。賢く活用しましょう!
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説 このようにお悩みではありませんか? 世の中には様々な転職サービスがあるので違いがよくわかりませんよね。...

今すぐ登録しておきたいエージェントサービス3選

では最後に、サポート力と求人の質が高いエージェント系サービスを3社お伝えします。

まずは2〜3社登録して、それぞれを比較しながら自分に合うサービスを重点的に利用していきましょう。

 

まず「20代の方」におすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方、そして30代以上の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>