未経験(フリーター・既卒)の就職

就職したいけどハローワークに行きづらいフリーターやニートのための対処法

就職したいけどハローワークに行きづらいフリーターやニートのための対処法
こんな悩みを解決する記事です
就職したいけど、
ハローワークは行きづらい。
どうしたらいいんだろう…
ハローワークって
なんとなく良いイメージがない
それでも使うべき!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

フリーターやニートから就職を考える人のなかには、「ハローワークは行きづらい」と悩む人は多いのではないでしょうか?

実は僕もフリーターから就職した過去があるので、その気持ちはよくわかります。

なんとなくハローワークって、行く気にならないですよね。。。

 

そこで今回の記事では、ハローワークに行きづらいフリーターやニートのための対処法をまとめました。

結論を言ってしまうと、

ハローワークに行きづらいなら、
ハローワーク以外の選択肢で
就活をがんばろう

ということです。

ゆうき
ゆうき
就活はハローワークにこだわる必要はありません。「就職したい!」という気持ちを大切にして進んでいきましょう!

フリーターやニートがハローワークに行きづらい理由

ところで、どうしてあなたはハローワークに行きづらいのでしょうか?

それぞれ理由はあると思いますが、ハローワークに行きづらいと思う人に多い理由は以下の3つです。

  1. ハローワークの雰囲気が何となく嫌
  2. フリーターやニートからの就職を
    相談するのが恥ずかしい
  3. ハローワークの良い噂を聞かない

ハローワークの雰囲気が何となく嫌

ハローワークは、基本的に仕事を探す人が訪れる場所です。

なかには、リストラにあったり、なかなか仕事が決まらずに困っている人もいます。

お世辞にも明るい雰囲気の場所とは言えません。

そんな雰囲気が嫌で、ハローワークに行きづらいと思う人は多いようです。

僕が就活をしたころを思い出しても、「就職難」と言われた時期ということもあり、ハローワークは暗くドンヨリした雰囲気だったことを思い出します。

平日なのに仕事を求める人でいっぱいで、

「こんなに仕事を探している人がいるのか」

「みんな険しい顔をしてピリピリムードだ」

「あの人はこの間も来てなかったっけ…」

と、ハローワークに行くたびに気が滅入っていました。

あのなんとも言えない雰囲気を考えると、フリーターやニートが行きづらいと思うのは仕方ないような気もします。

フリーターからの就職を相談するのが恥ずかしかった

もうひとつは、フリーターという肩書きで就職を相談するのが恥ずかしいという理由です。

本来ハローワークは、仕事を見つけるための場所です。

なので、フリーターやニートだとしても、恥ずかしがる必要は全くありません。

 

ですが、

  • 仕事は選べない
  • なぜ就職しなかったのか
  • 希望に沿うのは難しい

など、厳しい対応をされるケースもあるようです。

そうなると、「フリーターという肩書が恥ずかしい。相談するのは気が引ける」と思ってしまうのも無理はありません。

 

僕が就活をしたときは、そこまで厳しい対応をされた記憶はありませんが、ハローワークに行きづらい大きな原因になるのではないでしょうか。

ハローワークの良い噂を聞かない

3つ目は、ハローワークの良い噂を聞かないという理由です。

具体的には、

  • ブラック企業が放置されている
  • 仕事を紹介してもらえない
  • 求人票の内容と実際の仕事内容が違う

などの噂です。

これらはあくまでも噂レベルの話ですが、ハローワークの求人は質にバラツキがあるのは事実です。

 

というのも、ハローワークは無料で求人掲載を申し込める仕組みになっています。

例えば、リクナビNEXTやマイナビ転職などの求人情報サイトは、求人を掲載をするために企業がお金を払っています。

つまり、求人を無料で掲載できるということは、

  • 採用コストをかけられない
    企業が掲載している
    (お金に余裕がない)
  • 採用意欲の低い企業が
    とりあえず掲載している

といった可能性もあり、質の悪い求人が紛れ込む確率が高くなるわけです。

噂を鵜呑みにするのはNGですが、悪い噂を聞くとハローワークに行きづらくなるのは確かです。

【ハローワーク行きづらいフリーターも要チェック】求人数はずば抜けている

ここまでハローワークに行きづらい理由をお話しましたが、ハローワークを全く使わないというのはおすすめできません。

なぜなら、国が運営してサービスだけあって、掲載されている求人数はずば抜けて多いからです。

この記事を書いている時点でも、ハローワークのウェブ検索では、なんと100万件以上の求人が掲載されています。

民間企業の人材業界最大手「リクルートエージェント」でも、求人数は10万件程度です。

ハローワークには、その10倍以上の求人が集まっていることになります。

 

また、近年は若者の就職に力を入れていて、

  • わかものハローワーク
  • サポステ

など、若年層の雇用を促進する活動も行っています。

なので、まだハローワークを利用したことがないなら、求人検索だけでもしてみてはいかがでしょうか。

【フリーターやニートの就職はハローワークがすべてじゃない】行きづらいときの対処法

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

今回お伝えしたいのは、

ハローワークに行きづらいなら、
ハローワーク以外の選択肢で
就活をがんばろう

ということです。

ハローワークに行きづらいからといって、就活が進まないのは勿体ないですよね。

少なくともこの記事を読んでいるフリーターやニートの方は、就職したい!と思っているはずです。

なので、その前向きな気持ちは大切にして、ハローワーク以外の別の道で正社員を目指せば良いんです。

ハローワークに行きづらいなら「求人サイト+就職エージェント」の掛け合わせで就活をしよう

具体的にはエージェント系の就職サービスを活用するのがおすすめです。

もしかすると、すでに求人情報サイト(リクナビNEXTやマイナビ転職など)で仕事を探しているフリーターやニートの方は多いかもしれませんが、

  • 求人情報サイト
    =サブで活用
  • エージェント系サービス
    =メインで活用

このようなイメージで就活を進めると、就職チャンスがグッと上がります。

 

エージェント系のサービスは、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が無料で就活をバックアップしてくれるサービスです。

例えば、

  • 就活の進め方・マナーを
    1から教えてくれる
  • 自分に合う求人を
    紹介してくれる
  • 書類や面接のコツを
    教えてくれる

など、ハローワーク以上に手厚いサポートを受けられます。

一般的な求人情報サイトとは異なり、個別に就活をバックアップしてくれるため、希望に合う会社に就職できる可能性が高くなります。

また、不安や悩みを相談しやすいので、就活の負担も減ります。

 

もしかすると、

エージェントって
スペックが高い人しか
使えないのでは?

と思う方は多いかもしれませんが、フリーターやニートを専門にしているエージェントを選べば問題ありません。

 

僕もエージェントサービスを活用したことで、

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信がもてた
  • 内定までモチベーションを保てた

などのたくさんのプラスがありました。

ゆうき
ゆうき
ハローワークに行きづらくても、フリーターやニート専門のエージェントを活用すれば就活は捗ります!

積極的に活用したいフリーターやニート専門のエージェントサービス

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる