高卒・中卒

高卒で安定した仕事に就職するコツを解説【ホワイト企業を目指せ】

高卒で安定した仕事に就職するコツを解説【ホワイト企業を目指せ】
こんな悩みを解決する記事です
高卒だけど
安定した仕事に就きたい。
どうやって就活するべき?
ブラック企業はイヤ。
高卒でも
ホワイト企業に就職できる?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

就職をするなら誰だって「安定した仕事」「ホワイト企業」に入りたいですよね。

僕もフリーターから就職した経験がありますが、「正社員になるなら絶対ブラックは避けたい」と思っていました。

しかし、

「どうしたらホワイト企業に就職できるか」

「高卒で安定した職を得るにはどうしたらいいか」

不安に思っている人は多いはずです。

 

そこでこの記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに「高卒で安定した仕事・ホワイト企業に就職するコツ」をお伝えしていきます。

  • 自分にとっての
    「ホワイト企業像」を決める
  • ホワイト企業の特徴を理解する
  • 情報収集に最大限のちからを注ぐ

たとえ高卒でも、安定した仕事やホワイトな職場に入社する道はあります。

ただし、きちんとコツを押さえて就活を進めることが大切。

ゆうき
ゆうき
なにか一つでも参考になれば嬉しいです!

関連記事:【高卒はろくな仕事がない!?】就職先がブラックしかないと悩んだときの対処法

【ブラックしかない】高卒はろくな仕事がないと悩んだときの対処法
【高卒はろくな仕事がない!?】就職先がブラックしかないと悩んだときの対処法 高卒でフリーターや既卒になってしまうと、なかなか良い仕事が見つかりませんよね。 僕も就職する前はフリーター・ニート...

高卒で安定した仕事に就職したいなら【自分にとってのホワイト企業像を決める】

まずは、「安定した仕事」「ホワイト企業」の意味をしっかり考えることからはじめましょう。

一般的には、

  • 給料が高い
  • 残業が少ない
  • 業績が良い
  • 職場環境が充実している

このような仕事や職場が「安定した仕事」「ホワイト企業」と言われています。

 

しかし、「安定」や「ホワイト」の定義は、人それぞれ変わると思いませんか?

例えば、給料の高さに「安定」を感じる人がいる一方で、人間関係の良さに「安定(長く働ける)」を感じる人もいます。

企業に「休日の多さ」を期待する人もいれば、「手厚い福利厚生」を期待する人もいます。

 

つまり、安定やホワイトの感じ方は十人十色。

自分にとっての「ホワイト企業像」を決めておかないと、なかなか満足できる求人には巡り会えないわけです。

安定の代名詞といえる公務員も、国家公務員に地方公務員、仕事の種類も様々ですよね。

何も考えずに「公務員だから安心」と安易に就職して、後悔することだってあるかもしれません。

 

なので、高卒で安定した仕事やホワイト企業に就職をしたい場合は、

  • 自分にとってどんな職場がホワイトか
  • 「安定している」とは具体的に何を指すのか

これらをきちんと考えてみてください。

自分にとっての「安定した仕事」「ホワイト企業」と思うポイントは優先順位をつけておく

また、自分が考える「安定した仕事」「ホワイト企業」のポイントの優先順位を決めておくのもおすすめです。

就活でもっとも優先したいポイントをクリアにしたほうが、断然就職しやすくなるからです。

 

例えば、

  1. 給料が高い企業
  2. 残業が少ない仕事
  3. 福利厚生が手厚い会社

このように優先順位をつけると、就活の「軸」が決まります。

上記の場合、なによりも給料の高さを優先して仕事を探すことになります。

高卒の就職に限らず就活では、すべての希望が叶うわけではありません。

なので、優先順位をクリアにして、自分にとって1番大切なポイントにフォーカスして就活を進めましょう。

スポンサーリンク



ホワイト企業の特徴を理解して就活を進める【高卒で安定した仕事に就職するコツ】

次のコツは、「ホワイト企業の特徴を理解する」ということです。

一般的な「ホワイト企業」には、いくつか特徴があります。

仕事を探す場合は、以下のポイントに着目してみてください。

新人教育や研修プログラムが整っている

高卒で就職する場合、新人教育や研修プログラム等が整っているかどうかは非常に重要なポイントと言えます。

ホワイト企業は、新人の育成に力を入れています。

せっかく就職できても、「現場に放り出されるだけ」「ただ放置される」このような状態は厳しいですよね。

研修プログラムはあるのか、どんな新人教育が行われているかはしっかりチェックしておきましょう。

福利厚生が充実している

ホワイトと言われる企業の多くは、福利厚生が充実しています。

通勤手当や家賃手当といった各種手当、その企業特有のサービスが受けられる、など福利厚生は多岐に渡ります。

福利厚生は非金銭報酬ですが、手当を含めれば実質給料が増えるのと同じ場合もあり、「福利厚生=給料のワンピース」とも言えます。

どんな福利厚生を受けられるのかは要チェックです。

利益率・客単価が高い業界

ホワイト企業に多い特徴として、利益率や客単価が高い業界が挙げられます。

例えば、同じ金額を稼ぐにしても、

利益率が低く客単価が低い業界

利益率が高く客単価が高い業界

では、前者のほうが商品をたくさん売る必要があり、大勢のお客さんに買ってもらう必要がありますよね。

すると、労働時間が増えたりノルマが厳しくなってしまいます。

もちろん例外もありますが、ホワイトで安定した仕事を探す場合は、利益率や客単価の高い業界に目をつけることも大切です。

女性や未経験者が活躍しやすい環境を整えている

女性や未経験者が活躍しやすい環境を整えていることもホワイト企業の特徴と言えます。

例えば、以下のような女性や未経験者に優しい職場は、

  • 育児休業制度が充実している
  • 出産後に復帰できる環境が整っている
  • スキルアップ制度

社員の成長や満足度をきちんと考えている証拠です。

とくに高卒で就職する場合は、既存女性社員はどんな活躍をしているか、役職についている女性はいるか、未経験でもスキルアップできる環境があるか、などをチェックしてみると良いですね。

給与形態がクリアでわかりやすい

ホワイトな企業は、給料形態がクリアでわかりやすいのも特徴です。

例えば、

  • 残業の規定
    (金額はいくら発生するのかまで)
  • 昇給の規定
    (評価基準や昇給額など)
  • 手当はいくら付くのか

などがハッキリしているかどうかをチェックしてみましょう。

基本的にブラック企業は、給料形態が分かりにくく、残業や昇給の規定も不透明なケースが多いのが特徴です。

給与に関して透明性が高いということは、ホワイトな運営が行われている裏返しでもあります。

スポンサーリンク



情報収集に力をいれて高卒の就活に備える【ホワイト企業や安定した仕事を見極めるコツ】

最後のコツは、情報収集に力をいれるということです。

ここまで、自分にとっての「ホワイト企業像」を決めよう、ホワイト企業の特徴を理解しようとお話ししてきましたが、、、

情報収集をミスってしまったら、ホワイト企業や安定した仕事に就職するのは難しくなってしまいます。

 

逆に言うと、いくらコツを知ってもきちんと情報を集められる環境が整っていなければ、ブラック企業に捕まってしまったり、自分に合わない仕事に就職してしまうかもしれません。

とくに高卒で就職する場合は、そもそも正社員になるハードルも高いと言えます。

 

なので、まずはきちんと情報収集できる環境を整えることからはじめてください。

具体的には、仕事を探す場合「求人情報サイト」だけでなく、「エージェント系のサービス」も併用するのがおすすめです。

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などのサービスは、就活の専門家(キャリアアドバイザーやコンサルタント)に相談できるので、賢く活用しましょう。

 

特に就職エージェントは、求人を出している企業と密接な繋がりをもっているので、情報収集が非常に捗ります。

大抵就職エージェントの担当者は、企業を訪問をして採用担当者と打ち合わせをしています。

そのため、求人票だけでは分からない

  • 上司の人柄
  • 職場の雰囲気
  • 細かい仕事内容

などの情報を教えてくれます。

 

こうした情報があるかないかで、「ホワイトで安定した仕事なのか」というの判断がグッとしやすくなります。

仕事を紹介してもらえたり、面接や書類のアドバイスを受けることもできるので、高卒で就職できる可能性も高まります。

ゆうき
ゆうき
まずは就職エージェントに登録して情報収集できる環境を作っておきましょう!

高卒の就職をしっかりサポートしてくれる就職エージェント

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる