未経験(フリーター・既卒)の就職

フリーターやニートの就職先は介護職しかない!?【後悔する前に考えておきたい3つのこと】

フリーターやニートの就職先は介護職しかない!?【後悔する前に考えておきたい3つのこと】
こんな悩みを解決する記事です
就活がうまくいかない。。。
介護職ならフリーターでも
簡単に就職できる!?
ニートの私が就職できるのは
介護業界くらいかも。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

介護系の仕事は、

「人手不足」

「未経験でも就職しやすい」

というイメージが強いですよね。

そのため、フリーターやニートの方のなかには、「介護職に就職するしかないかも」と考える人もいるはずです。

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、同じように思ったことがあります。

 

しかし、

  • フリーターだし
    介護職しか道がない
  • ニートが就職できるのは
    介護系くらいだ

このような気持ちで介護を目指すのはあまりおすすめできません。

なぜなら、あとで後悔する可能性が高い仕事の決め方だからです。

 

この記事では、僕の就活経験や人事目線をもとに「フリーターやニートが介護職に就職するときの注意点」をまとめました。

  1. 中途半端な気持ちで
    介護を目指すのはNGな理由
  2. 介護職以外の就職しやすい仕事
    に目を向ける
  3. 就活を失敗しないコツを押さえる

大切なことは、本当に介護の仕事をやりたいという気持ちがあるかどうかです。

ゆうき
ゆうき
介護職への就職に悩んでいるなら、参考にしてもらえると嬉しいです!

【フリーターやニート・既卒だから就職先は介護しかない】と考えるのはNG

たしかに介護業界は、フリーターやニートなど未経験が就職しやすい業界のひとつです。

その理由のひとつが「人手不足」にあります。

厚生労働省が発表している「介護サービス事業所における従業員の過不足の状況」によれば、訪問介護は約55%、介護職員は約35%が人手不足となっています。

訪問介護員

  • 大いに不足 29.2%
  • 不足 26.5%

介護職員(施設等)

  • 大いに不足 13.5%
  • 不足 22.2%

※令和1年度 令和元年度介護労働実態調査
引用元:介護サービス事業所における従業員の過不足の状況(厚生労働省)

 

また、日本商工会議所が調査した「人手不足の割合が多い業界」を見ても、No.1の結果となっています。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

人手不足の業界は、当然ですが求人が多く採用試験のハードルも下がります。

そのため、介護業界は他の業界に比べて、フリーターやニート、既卒が就職しやすいと言えるんです。

厳しい労働環境・離職率の高さにも目を向ける

しかし、就職しやすい一方で、

  • 労働環境が厳しい職場が多い
  • 離職率が高いケースが目立つ

こうした側面があることも忘れてはいけません。

ここで、介護職に就職したAさんから頂いた悩み相談の一部を掲載します。

介護職に就職したAさん(男性 26歳)のケース

福祉の仕事ならフリーター経験しかない自分でもやれそう、と思い介護施設に入職しました。

若い自分が高齢者を支えていきたいという気持ちもありましたが、仕事がはじまって3ヶ月で退職を考えています。

まず、利用者さんや他の職員との関係が全然うまくいきません。

こっちは一生懸命にやっているのに、怒鳴られる、言うことは聞かない、無視されます。
そんな状況を先輩にきつく叱られてしまいます。

精神的にかなりきつい状態です。

最近は、下の世話や高齢者との会話に拒否反応が出ています。

利用者さんのことを物のように扱っている自分に嫌気が差すこともあります。

それに、仕事量やストレスに対して給料が安すぎると思うので、将来どうなるのか不安で仕方ありません。

このまま30代になって介護をやっていく自分を想像できなくなりました。

今は半年を目処に転職を考えているところです。

もっとよく考えて就職先を決めればよかったと後悔しています。

Aさんはフリーターから介護に就職したものの、労働環境の厳しさや将来への不安を感じ、早々に転職を考えているようでした。

残念ながら介護職は、こうした悩みが多い傾向にあります。

実際、介護業界の職員に「なぜ採用が難しいか?(人手が集まらないか?)」とアンケートを取ったデータを見ると、以下のような結果になっています。

  • 賃金が低い 57.4%
  • 仕事がきつい 48.3%
  • 社会的評価が低い 40.8%

引用元:メディウォッチ(一部抜粋)

仕事がきついにも関わらず、給料や社会的評価も低いとなると、さすがに厳しいものがありますよね。

 

もちろん、すべての介護職が過酷な環境ではありませんし、きちんと職場を選べば、充実した社会人生活を送ることもできます。

しかし、介護職は就職しやすい一方で仕事がきついケースも多いということは、きちんと理解した上で就活を進める必要があります。

「フリーターやニートだから介護職」中途半端な気持ちはNG

ここまで、介護職のきつい面をお話してきましたが、それでも

本気で介護職を
やってみたい!

と考えているなら、チャレンジするべきです。

就職のチャンスはたくさんありますし、人手不足の介護業界としても熱意のある人材は歓迎だからです。

しかし、冒頭でもお話したように

  • 「フリーターやニートだから」
  • 「就職さえできればなんでもいい」

という中途半端な気持ちで介護を目指すのは、やはりおすすめできません。

早期離職のリスクを高めてしまいます。

 

仮にフリーターやニートから介護職に就職できたとしても、仕事が辛くて数ヶ月で辞めてしまったらどうでしょう。

「早期離職」「ジョブホッパー」といったレッテルを貼られ、再就職が難しくなってしまいます。

実際に僕の友人は、入社2ヶ月で会社を辞め、再就職に大苦戦。就職先がなかなか決まらず大変な思いをしていました。

 

なので、フリーターやニート、既卒から介護職に就職を考えているなら、

  • 就職はしやすい
  • ただし現場は
    きついケースが多い
  • 早期離職しないように
    きちんと職場を選ぶ

ということを頭に入れて就活を進めていきましょう。

ゆうき
ゆうき
もう一度、「本当に介護の仕事をやりたい気持ちがあるか?」と心に問いかけてみてください!

【介護だけじゃない】フリーターやニート、既卒者が就職しやすい「介護以外の仕事」

ここまでの話を聞いて、

介護の仕事は
やっぱり無理かも…
じゃあ、どうしたらいいの!?

こんなふうに思った人もいるかもしれません。

実は、フリーターやニート、既卒者が就職しやすいのは介護職だけではありません。

 

先ほどもお伝えした「人手不足の割合が多い業界」のデータを見てください。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護職の他にも、

  • 運輸
  • 建設
  • サービス
  • 情報通信・IT系

などは、慢性的に人手不足を抱えていると言われています。

こうした仕事のなかで、「チャレンジしてみたい」と思える求人を探していきましょう。

視野を広げて求人を探すことで就職チャンスは広がる

また、求人を探す場合は視野を広げることも大切です。

例えば、「介護業界=介護職」「運輸業界=ドライバー」と思いがちですが、

介護業界で
事務員として働く

運輸業界で
営業職に就く

など、働き方には様々な可能性があります。

 

そして、未経験者歓迎の割合が高い職種にも目を向けてみましょう。

下記は、転職サイトのマイナビが調査した「未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

こうした職種は、未経験者でも就職しやすいだけでなく、

  • 研修などの充実
  • 未経験の同期入社が多い
    (馴染みやすい)
  • キャリアアップ制度

などを期待できるので、フリーターやニートにとってはメリットの多い就職先と言えます。

 

もちろん、介護業界と同じく、職場によっては労働環境がきついケースもあります。

ですから、

  • きちんと情報収集できる環境
  • 自分に合う求人をピックアップすること

にも注意を払ってください。

【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点
【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点 フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。 がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても...

フリーターやニートが目指せるのは介護だけじゃない【就活を失敗しないコツ】

それでは最後に「就活を失敗しないコツ」をお伝えします。

それは、「ひとりでがんばらないこと」です。

 

きっと、フリーターやニートから就職をする方のほとんどは、

就活って
ひとりでやるしかないでしょ?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

正直に言って、フリーターやニートの就活は大変です。

  • どんな仕事が自分に合うかわからない
  • 面接で何を伝えたらいいかわからない
  • 情報収集の仕方がわからない

など、わからないことだらけですし、そもそも本当に就職できるか不安な人も多いはずです。

そんな状態でひとりでがんばっても、モチベーションが続かず挫折しても不思議はありません。

 

ですから、頼れるものはしっかり頼って、就活を楽に進める環境を整えることが大切なんです。

幸い今は、

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

など、無料で就活をサポートしてもらえるサービスがたくさんあります。

まずはこうしたサービスをしっかり活用して、きちんと情報収集できる環境を整えることからはじめてください。

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

介護だけじゃなく、

いろいろな仕事にチャレンジできそう

と思えるはずです。

ゆうき
ゆうき
まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

フリーター・既卒専用の就職エージェントを活用する

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

マイナビは高卒の就職に使える?【注意点とおすすめしたい就活方法を解説】
マイナビは高卒の就職に使える?【注意点とおすすめしたい就活方法を解説】 「就職と言えばマイナビ」というくらい、知名度が高く人気があるマイナビ。就活をするなら、活用したいと考えている人は多いはず...

なので、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターやニートから就職するコツをしっかり教えてもらえます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる