転職の悩み

【転職に貯金はいくら必要!?】お金の心配せずに転職するコツ

【転職に貯金はいくら必要!?】お金の心配ナシで転職するコツを解説
こんな悩みを解決する記事です
転職したいけど
お金が心配…
転職活動には
いくら貯金が必要!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

転職をしたくても、

  • お金が心配…
  • 貯金が心もとない…

と悩む方は多いかもしれません。

転職先がすぐに決まらない場合を考えると不安になりますよね。

僕も転職経験があるので、悩む気持ちはよくわかります。

 

そこでこの記事では、僕の転職経験と人事目線をもとに「お金の心配をせずに転職を成功させるコツ」をまとめました。

  • 在職中に転職活動を進める
  • 転職にかかるお金を知る
  • 素早い転職活動を心がける
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

関連記事:【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ

【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ 20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】 マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代...

【お金が心配ならやっておきたい】在職中に転職活動を進める

1つ目のコツは、在職中に転職活動を進めることです。

当然ですが「転職活動」は、

  • 在職しながら進める
  • 退職してから進める

どちらを選択するかによって、経済的なリスクが大きく変わります。

基本的には、在職中に転職活動を終わらせたほうがお金の心配をせずに済みます。

なので、お金や貯金が不安な場合は、在職中に転職先の内定を得るか、できる限り転職活動を進める努力をするのがセオリーと言えます。

 

このあと詳しくお話しますが、転職活動でお金の心配を最小限に食い止めるには、スピーディーな転職活動が鍵となります。

もしも、

  • 職場環境が悪く
    続けられない
  • 会社都合で転職せざる得ない
  • 在職のままだと
    転職活動が進まない

という場合でも、退職日までにできる限りの転職準備をしておきましょう。

例えば、

  • 転職サイトへの登録
  • スーツの新調(必要があれば)
  • 履歴書作成
  • スキルや経験の棚卸し

など、やれることはあるはずです。

スポンサーリンク



【転職活動は思ったよりも貯金が必要!?】転職にかかるお金を知る

2つ目のコツは、転職にかかるお金を知ることです。

これも当然ですが、どの程度転職にお金がかかるかを把握していなければ、今後の見通しを立てることができません。

なのでまずは、転職活動にかかる費用をざっと見積もってみることが大切です。

当面の生活費

退職してから転職活動をする場合、大きな割合を占めるのは当面の生活費です。

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 雑費
  • ローン返済
  • 交際費

などですね。

とくに、毎月支払っている「固定費」だけはしっかり把握しておきましょう。

なぜなら、交際費や食費などは節約できる割合が大きいですが、家賃や通信費などの固定費を削るのは非常に難しいからです。

転職活動自体にかかる出費

次に大きな割合を占めるのが「転職活動自体にかかる出費」です。

例えば、以下のようなものです。

  • 身だしなみ代
    (スーツ等の洋服代・美容院代)
  • 面接会場までの交通費
  • 履歴書などの応募書類代
    郵送費・写真代

面接で好印象を与えるには、スーツや靴を揃える必要がありますし、身だしなみは欠かせない要素です。

また、面接を受けるたびに交通費や履歴書等の郵送費も積み重なります。

個別には大したことのない出費かもしれませんが、ちりも積もれば山となります。

転職サイトのdodaが調査したデータによれば、転職の平均的な応募数は以下の通りとなっています。

『年代別の平均応募数』

  • 20代転職者 平均14.7社
  • 30代転職者 平均12.8社
  • 40代転職者 平均9.7社

参照元:doda(http://doda.jp/guide/manual/3/01_003.html#ageType)

このデータを参考に

  • 希望する勤務地までの
    交通費
  • 応募書類代
  • 郵送費

などを計算して、転職活動にかかる費用を想定してみるのもおすすめです。

【転職活動にかかる費用例】

スーツ:
30,000円から40,000円程度

交通費:
希望勤務地までは片道380円
(往復760円 ✕ 13社 =9,880円)

応募書類郵送費:
面接通過できるかわからないので20社分
(82円 ✕ 20社 = 1,640円)

写真代:
写真屋でとってもらう
(2000円〜3000円程度)

ちなみに、仕事を辞めてから転職活動をした人に「転職にかけた費用」をアンケート調査したデータでは、

  • 平均支出  約 71万円
  • 平均準備金 約 63万円

という結果が出ています。

準備したお金を支出が上回るケースが多いようなので、なるべく余裕をもって計算することをおすすめします。

スポンサーリンク



【最低3ヶ月程度の生活費を確保】素早い転職活動を心がける

3つ目のコツは、素早い転職活動を心がけることです。

ここまで転職活動にかかるお金についてお伝えしてきましたが、

生活費って
何ヶ月分確保したらいいの?

と悩む方もいるかもしれません。

転職にかかる期間は人それぞれなので一概には言えませんが、目安となるのは3ヶ月分となります。

なぜなら、転職にかかる期間で最も多いのは、1ヶ月〜3ヶ月というアンケート結果があるからです。(参照:教えて!みんなの転職活動期間 https://lets.pitajob.jp/contents/column/feature/WF000000021/WF000000021.html?KH000000026)

ただし、転職には3ヶ月以上かかる場合もありますし、貯金がギリギリでは焦って転職先を探すことになりかねません。

なので、できることなら

3ヶ月から半年程度

の生活費を確保しておくと余裕をもって転職活動が進められるのではないでしょうか。

 

そして、転職活動でお金の心配を最小限に押さえるには、少しでも早く転職先を見つけることが大切です。

【転職活動を長期化させない】貯金も減らずに済む

これも当然ですが、転職活動でお金がかかる原因は「転職活動の長期化」にあります。

なので、貯金をするなど経済的な準備と同時に転職活動をスピーディーに終える努力をしましょう。

 

そこでおすすめしたいのは、今のうちにきちんと情報収集をして転職の目安を立てることです。

実は、きちんと情報収集をすれば、

  • どんな職場が自分に合っているか
  • 給料は上がるか
  • 今転職すべきタイミングか

など、ある程度の見通しが立ちます。

そうすれば、転職に失敗するリスクは大幅に減ります。

また、退職後もスムーズに転職活動を進めることができます。

 

転職の不安は、「この先どうなるかわからない」という不透明な将来にあります。

なので、在職中にきちんと情報収集をして、転職活動の見通しを立てることが大切です。

具体的には、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

例えば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などをエージェントの担当者がプロの目線でアドバイスをくれます。

 

基本的にエージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせ等をして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを知っている存在です。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

転職(中途採用)は、一斉採用の新卒と異なり、いつどんなタイミングで良い求人が出るか予測できません。

また、転職には1〜3ヶ月かかるケースが多いため、常に情報収集できる環境を作っておくことで転職の成功率は上がります。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担が軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して、どんな可能性があるかを探ってみましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>