未経験(フリーター・既卒)の就職

早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】

早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】
こんな悩みを解決する記事です
フリーターをやめて
早く正社員になりたい
なにから手をつけたらいい!?
一日もはやく就職したい。
でも、どうしたらいいの!?
就職できるか不安。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

「早く就職したい!」と思っていても、不安な気持ちが邪魔をして、なかなか1歩を踏み出せない人は多いかもしれません。

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、気持ちはよくわかります。悩みますよね。

 

そこで今回の記事では、僕の就活経験と人事目線を軸に「はやく正社員になりたいフリーターが今日からやるべき5つのこと」をお伝えします。

  1. 期限を設定する
  2. 挫折しない環境をつくる
  3. 就職しやすい仕事に目を向ける
  4. フォローの仕方を考えておく
  5. 情報収集の精度を高める
ゆうき
ゆうき
1日でもはやく就職したい方は参考にしてもらえると嬉しいです!

【今すぐ早く就職したい】という気持ちはフリーター就活のプラスになる

「今日からやるべき5つのこと」をお話しする前に、ひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、「今すぐに早く就職したい!」という気持ちは、フリーター就活の大きなプラスになるということです。

 

なぜなら、早く就職したいという意気込みは

  • 就活を乗り切る
    モチベーションになる
  • 意欲が面接で評価されやすい
  • 就活は早め(若い)ほうが
    有利に働きやすい

このような傾向があるからです。

 

実は、フリーターや既卒者といった「経験が浅い人材」を採用する企業は、やる気や将来性、バイタリティなどを重視することが分かっています。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気
  2. ポテンシャル・将来性
  3. バイタリティ
  4. 社会人スキル
  5. 考え方が柔軟

引用データ:リクナビNEXTより

もちろん、「資格」や「豊富なアルバイト経験」、「高学歴」などもプラスになりますが、多くの採用担当者が評価するのは、

正社員としてやっていく
「やる気や熱意」があるか

採用後に成長できる
「将来性」を備えているか

社内の人間とうまくやれる
「社会人スキル」があるか

といった「人間力」の部分です。

なので、

1日でもはやく就職したい!
今すぐに正社員になって遅れを取り戻したい!

という前向きな気持ちは、確実に就活のプラスになります。

フリーターの就職率は年齢を重ねると下がっていく

また、「早く就職する」と覚悟を決めると、就職チャンスを逃さないことにも繋がります。

以下は「フリーターの就職率」を調査したデータですが、フリーター歴が長くなると、就職率は減少傾向に進みます。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

フリーター歴半年以内は、就職率が6割超えですが、3年を超えると5割に満たない数字に下がっています。

 

理由は様々ですが、基本的にフリーターや既卒などの「未経験」を採用する企業は、年齢の若い人材を優遇する傾向があります。

つまり、フリーターが応募出来る求人は、フリーター歴が長くなればなるほど減っていくことを意味します。

 

なので、「1日でもはやく就職したい」という気持ちは大きな非常に大切です。

ゆうき
ゆうき
その気持ちをモチベーションに変えて、早めの就活を進めていきましょう!
スポンサーリンク



早く就職したいフリーターが今日からやるべき5つのこと

ではここからは、「早く就職したいフリーターが今日からやるべき5つのこと」をお話ししていきます。

  1. 期限を設定する
  2. 就職しやすい仕事に目を向ける
  3. フォローの仕方を考えておく
  4. 情報収集の精度を高める
  5. 挫折しない環境をつくる

すぐ就職を決めるためにぜひ参考にしてくださいね。

早く就職したいなら【就活に期限を設定する】

まずは、就職するまでの期限を設定しましょう。

フリーターの就活は、新卒の就活のように期限があるわけではないですよね。

そのため、期限を決めずに就活をスタートすると、いくらでも先延ばしができてしまいます。

実際僕は、目標を決めずにダラダラと就活をした結果、一度就活を挫折した期間があります。

 

なので、すぐにはやく就職したいと考えているなら、

  • ○月○日までに
    就職を決める
  • 3ヶ月後の今日が
    就活のデッドラインだ

など、自分なりに期限を決めることをおすすめします。

 

もちろん、就職活動は相手(企業)に採用してもらえなければ内定しないので、100%自分の思い通りには進みません。

しかし、目標をきちんと設定して、限られた時間で就活に集中したほうが、

  • モチベーションを保ちやすい
  • 期限から逆算して
    スケジュールを組みやすい

など、就職の成功率は上がります。

早く正社員になれる可能性も高くなるはずです。

ゆうき
ゆうき
今すぐにできることなので、まずは就活の期限を設定してみましょう!
スポンサーリンク



就職しやすい仕事に目を向ける【すぐ正社員になる道】

2つ目にやるべきことは、フリーターが就職しやすい仕事に目を向けることです。

なかなか就職できないフリーターの多くは、仕事を選びすぎる傾向にあります。

もちろん、就職したい業界や企業があるなら、まずはチャレンジをすべきです。

しかし、1日でも早く就職を決めたいのなら、

  • フリーターが就職しやすい仕事に
    狙いを定める
  • チャンスが大きい業界に絞って
    効率的に就活を進める

という戦略も頭に入れておくことをおすすめします。

 

では、具体的にどんな業界や仕事が就職しやすいのでしょうか?

以下の2つのポイントを意識してみてください。

  1. 人手が足りない業界
  2. 未経験者歓迎の割合が多い職種

当然ですが、人手が足りない業界は求人が多く、採用のハードルも低く設定されています。

そのため、フリーターや既卒者でも就職しやすい状況が生まれます。

とくに人手不足の割合が高い業界は、以下のとおりです。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

こうした業界を狙えば、就職チャンスがたくさんあるだけでなく、高待遇の求人に巡り会えるかもしれません。

 

また、「未経験者を歓迎する割合が高い職種」もはやく就職できる可能性が高いです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者をたくさん受け入れているということは、

  • 研修制度の充実
  • 同期も未経験者が多い
  • キャリアアップしやすい

なども期待できるので、フリーターにとってはメリットが多いと言えます。

ゆうき
ゆうき
就職しやすい業界や職種を意識するだけで、就職チャンスはグッと上がります!
スポンサーリンク



フリーターになった理由をしっかりフォローする

3つ目にやるべきは、面接に備えて「フリーターをしている理由」をきちんと練っておくことです。

はやく就職したいフリーターにとって、1番の難所と言えるのは「面接」です。

面接では、

  • フリーターをしている理由
  • なぜ就職せず既卒になったのか
  • どうして正社員になりたいのか

などを必ず質問されます。

とくに近年は、新卒の就職率が高いため、

面接官
面接官
就職してないということは
特別な理由があるのでは?」

と思われるケースが多いです。

つまり、フリーターや既卒になった理由をきちんとフォローできるように準備をしておくことがとても大切になります。

 

そこでおすすめしたいのが、以下の3ステップで回答を準備する方法です。

  1. 理由や事実をきちんと答える
  2. 反省点や気づきを話す
  3. 就職したら
    どんな活躍をしたいか伝える

例えば、

面接官
面接官
どうしてフリーターをしているのですか?

という面接官の質問に対しては、その理由を答えるだけでなく、

 

このように、

  1. 「事実を伝える」
  2. 「後悔や経験したことを話す」
  3. 「今後について前向きに語る」

3つの流れを意識して、前向きな解答を組みたてるイメージです。

面接官や採用担当者は、フリーター歴を細かく追求したいというよりは、

  • 過去から学べる人材か
  • 信頼できる人材か
  • 将来性があるか

などをチェックしています。

なので、面接での「フリーターをしている理由」についての質問は、

面接官や採用担当者の信頼を得る機会

と捉えて、しっかり準備をしておきましょう。

ゆうき
ゆうき
フリーターになった理由をきちんとフォローできれば、面接で好印象を与えられます!

挫折しない環境をつくって早く就活を終わらせる

4つ目にやるべきは、挫折しない環境づくりです。

正直に言うと、フリーターから就職をするのは決して簡単ではありません。

僕が就活をしたときも、

  • バイトが忙しくて
    就活が進まない
  • 面接がうまくいかない
  • そもそも仕事が見つからない

など、就活を投げ出したくなるようなことはたくさんありました。

なので、今のうちに挫折しない環境を作っておくことが大切。フリーター就活の明暗を分けます。

 

具体的には、次の2つの対策をしておくことをおすすめします。

  1. 就職だけに意識を集中する
  2. ネガティブな情報は
    受け取らないようにする

就職を決めるまでは、なるべく就活だけに意識を集中できる環境を整えましょう。

例えば、自分にはパワーや時間が100あるとして、

30を就活
70をバイト

に使うのと、

90を就活
10をバイト

に使うのでは、得られる結果に大きな差がでます。

当然、100あるパワーをできるだけ就活に注いだほうが早く就職できるわけです。

なので、

  • アルバイト先に事情を説明して
    就活を優先させてもらう
  • 友人や彼女・彼氏には
    就活を優先することを伝える
  • 就活のデッドラインまでは
    遊びよりも就活を優先させる

など、就活が捗るように自分の生活をマネジメントしましょう。

就活に集中すればするだけ、すぐに就職できる確率は高まりますよ。

 

また、世間にはフリーターの就職についてネガティブな情報が溢れています。

とくにネットでは、

  • 既卒になったら終わり
  • 20代後半になったら
    一生フリーター
  • 女性は26歳を超えると
    就職できない

など、根拠のない噂がたくさんあります。

こうしたネガティブな情報は、フリーターから早く就職をしたいなら、受け取るだけ損です。

なぜなら、就活のモチベーションが下がってしまうからです。

 

フリーターの就活は簡単ではありませんが、あきらめなければ必ずチャンスは巡ってきます。

なので、就活に関するネガティブな情報は鵜呑みにせず、自分を信じてチャレンジすることが大切です。

ゆうき
ゆうき
「就活の明るい情報」「モチベーションが上がる情報」に目を光らせましょう!

フリーターがはやく就職するには【情報収集の精度を高める】

最後にやるべきは、情報収集の精度を高めることです。

先程もお話したように、フリーターの就活は簡単ではないですし、ネガティブな情報は就活のマイナスです。

また、個人で出来る情報収集には限界があるのも事実です。

その結果、

  • ブラック企業に
    捕まってしまう
  • 自分に合わない職場に
    就職して後悔する
  • そもそも内定が取れない

こんな状態になってしまったら、目も当てられないですよね。

 

なので、就活をひとりで進めようとは思わずに頼れるものは賢く頼って、就活を有利にしていきましょう。

 

幸い今は、無料で利用できる就活サービスが充実しています。

例えば、

  • ハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などの活用して、就活を手助けしてもらえる環境を作ることからはじめましょう。

そのほうが、圧倒的に就活が楽になります。

 

とくに就職エージェント系のサービスは、キャリアアドバイザーという担当者に直接サポートしてもらえるので、フリーターから就職するならマストです。

  • 就活のやりかたや
    マナーを教えてもらえる
  • 自分に合う求人や
    業界を紹介してもらえる
  • 書類や面接のコツを
    おしえてもらえる

など、すべて無料でサービスが受けられます。

僕はエージェント系のサービスをメインに使うようになって、

  • 書類落ちがグッと減った
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 内定までモチベーションを保てた

このようなメリットがありました。「最初から使っていればよかった」と思います。

 

もちろん、就職エージェントは「就職したい人」に協力的なサービスなので、やる気がない方にはおすすめできません。

ですが、「真剣にフリーターをやめたい」と考えているなら、大きな力になることは間違いありません。

ゆうき
ゆうき
まずは就職エージェントに登録することから始めると良いですよ!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

「フリーター専門のエージェント」を選ぶことが大切

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

フリーターの就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる