転職の方法

転職のメリットとデメリットまとめ【知らないでは済まされない】

転職のメリットとデメリットまとめ【知らないでは済まされない】
こんな悩みを解決する記事です
転職したいけど
デメリットが気になる…
今転職したら
どんなメリットがある?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

転職をするなら、転職のメリットとデメリットをきちんと理解することが大切です。

もちろん、各々の状態によって多少は変わる面はありますが、一般的に言われるメリット&デメリットは知っておいて損はないはずです。

あとで後悔するリスクを減らせます。

 

この記事では、僕の転職経験や人事目線をもとに「転職のメリットとデメリット」をわかりやすくまとめました。

ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

関連記事:【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ

【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ 20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】 マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代...

【転職前に知っておきたい】転職のデメリット

転職をするうえで必ず押さえておきたいのが、転職のデメリットです。

デメリットやリスクは、転職に限らずどんなチャレンジにも付いてまわります。

なので、前もってデメリットやリスクを知り、カバーできそうなポイントは

  • 前もって手を打つ
  • 別のプランを用意する

など、対策をすることが大切です。

  1. すべての不満が解決するとは限らない
  2. 社会的信用が下がるリスク
  3. 待遇面で不利になるリスク
  4. 現職の積み上げがリセットされる

転職で全ての不満が解決するとは限らない

1つ目のリスクは、転職ですべての不満が解決するとは限らないことです。

転職したい方の多くは、現職になんらかの不満を抱えているはずです。

もしくは、なんらかの望みがあると思います。

しかし、転職したからと言って、それが必ず達成される保証はありません。

 

せっかく転職をしたのに、

  • 不満が解決しなかった
  • 待遇が悪くなった
  • フタをあけたらブラックだった

このような結果にならないように、転職先の情報収集だけは怠らないようにしましょう。

社会的信用が下がるリスク

2つ目のデメリットは社会的信用が下がるリスクです。

例えば、転職のために仕事を辞め、一時的に無職になってしまった場合、ローンが組みにくくなったり、クレカ等の審査が通りにくくなる可能性があります。

なので、大きな買い物等をする予定があるなら、転職前に済ませておくほうが無難です。

待遇面で不利になる可能性

3つ目のデメリットは、待遇面で不利になる可能性です。

退職金やボーナスなどの待遇面は、勤続年数が長いほうが有利になる仕組みとなっている場合が多いです。

例えば、大卒入社で退職まで勤続した場合を比較した退職金の目安は以下のようになっています。

  • 40歳で転職すると
    退職金は半分以下に
  • 35歳で転職すると
    退職金は約800万円の差
  • 30歳で転職すると
    退職金は約200万円の差

参照元:厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/08/3d.html

あくまでも目安ですが、待遇面で不利になる可能性は頭に入れておきましょう。

現職で築き上げたものがリセットされる可能性

4つ目のデメリットは、現職で築き上げたものがリセットされるリスクです。

例えば、現職で築き上げた人脈がリセットされたり、異職種に転職する場合はスキルや経験がリセットされます。

心機一転して新しいスタートを切るのも一つの選択ですが、これまでの人脈や経験がなくなるデメリットも理解しておくべきです。

スポンサーリンク



【転職するなら最大限に活かしたい】転職のメリット

続いてお伝えするのが、転職のメリットです。

転職をするなら、このメリット面を最大限に活かすことが大切です。

お話ししたように、転職にはデメリットがあります。

しかし、それを上回るメリットを享受できるように賢く転職活動を進めていきましょう。

  1. 問題点を解決して快適に働ける
  2. 待遇面を改善できる
  3. リセットして心機一転できる
  4. 自分が望む道を歩める

【現職の問題点を解決】良い環境で気持ちよく働ける

1つ目のメリットは、問題点を解決して快適に働くチャンスがあることです。

いくら現職に不満があって毎日が辛くても、転職をすれば「自分にとって良い環境」で働くチャンスがあります。

人は機械ではないので、自分にとって「働きやすい環境」を求めるのは自然なことです。

人間関係や個人では解決できない問題がある場合は、転職をして環境を変えるのもひとつの方法ではないでしょうか。

待遇面を改善することができる

2つ目のメリットは、待遇面を改善できるチャンスです。

働くうえでモチベーションとなるのは、

  • 働きに見合った年収
  • しっかり休日を取れる
  • 働きやすい職場環境

など、待遇の良さです。

いくら好きな仕事でも、待遇や将来に不安があると長続きはしません。

転職することでこうした待遇面を改善できるメリットがあります。

 

ちなみに、転職を成功させるにはこれまでのスキルや経験をきちんと把握して「キャリアの棚卸し」をすることが大切です。

自分ひとりでは「自分の良さ」に気づかない場合が多いため、転職エージェントなどの「キャリアアドバイザー」に相談してみるのもおすすめです。

関連記事:就職エージェントのメリット・デメリットから使い方や選び方までを優しく解説

就職エージェントのメリット・デメリットから使い方や選び方までを優しく解説
就職エージェントのメリット・デメリットから使い方や選び方までを優しく解説 この記事では、就職エージェントのメリットやデメリット、使い方や選び方までを解説します。 キャリアアドバイザ...

リセットして心機一転できる

3つ目のメリットは、これまでのキャリアをリセットして心機一転できることです。

例えば、

  • 人間関係が劣悪
  • 職場がブラックだった
  • 大きなミスをしてしまった

など、現状がマイナスな場合は、全てをリセットして新しい一歩を踏み出すチャンスが生まれます。

もちろん、ころころ職場を変えてジョブホッパーになってしまうのはリスキーですが、新たな気持ちでやり直せることは大きなモチベーションになるはずです。

自分が望む道に進める

4つ目のメリットは、自分が望む道に進めることです。

例えば、

  • とりあえず内定が出た
    会社に就職した
  • やりたいことが
    見つかった

という人は、転職をすることで本当に自分が望む道に進むチャンスがあります。

スポンサーリンク



転職のメリットとデメリットを知って後悔のない道へ進む

ゆうき
ゆうき
いかがでしたか?転職の一般的なメリットとデメリットについてお伝えしました!

デメリット

  1. すべての不満が解決するとは限らない
  2. 社会的信用が下がるリスク
  3. 待遇面で不利になるリスク
  4. 現職の積み上げがリセットされる

メリット

  1. 問題点を解決して快適に働ける
  2. 待遇面を改善できる
  3. リセットして心機一転できる
  4. 自分が望む道を歩める

メリットとデメリットを押さえて、後悔しない道を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク



サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>