転職の方法

【転職はいつするのがベスト?】転職活動のタイミングに迷ったら読む記事

【転職はいつするのがベスト?】転職活動のタイミングに迷ったら読む記事
こんな悩みを解決する記事です
転職したいけど、
いつ転職活動をするのが
ベストタイミング!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

転職を考えている方のなかには、

  • ベストのタイミングで転職したい
  • 出来る限り求人数が多いときを狙いたい
  • いつ転職すべきか悩む

と慎重になる方もいるはずです。

 

そこでこの記事では、僕の転職経験と人事目線をもとに「転職マーケットの1年の流れ」をまとめました。

ゆうき
ゆうき
転職タイミングで悩んでいるなら参考にしてもらえると嬉しいです!

関連記事:【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ

【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ 20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】 マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代...

【そもそも転職にベストな時期とは!?】転職タイミングについて

この記事を読んでいるということは、

転職するのにベストなタイミングって
いつなの!?

と悩んでいるはずです。

しかし、あなたが思う「1番良い時期」というのは、具体的にどういう時期でしょうか?

ベストなタイミングと言っても、

  • 求人が見つかりやすい時期
  • ライバルが少ない時期
  • 現職を辞めやすい時期

など様々ですよね。

また、転職にも一定のシーズン(季節感)はありますが、業界や職種によっても人材の流れは変わってきます。

例えば小売や運輸業界では、セール時期に人手が不足するため、それを見越して人材募集を行うなど様々な事情があります。

 

つまり、「転職のベストタイミングは○○だ」とは、なかなか言えないわけです。

とくに中途採用は、多くが欠員補充が理由のため、いつどんなタイミングで空きが出るかは予測しにくいという側面があります。

しかし、転職市場にも大まかな流れがあるのも事実です。

まずは転職マーケットの流れを知って、いつでも書類選考への応募や面接ができるように準備しておくことが大切です。

ゆうき
ゆうき
では次の章から、転職マーケットの1年間の動向をチェックしておきましょう!
スポンサーリンク



【転職タイミングを見極めるために掴んでおきたい】転職マーケットの流れ

ここからは、1月から12月までの転職マーケットの一般的な流れをまとめました。

どの時期が自分にとってベストになりそうか考えてみましょう。

1月から2月の転職マーケットの流れ

お正月休みから成人式くらいまでは、企業の採用活動は鈍い時期です。

この時期は、転職サイトや転職エージェントを活用して、情報収集や企業研究に力を入れながら転職活動を進めたいタイミングと言えます。

 

ただし、4月から活躍してほしい人材を集めたい時期でもあるので、求人数も上がり出す時期と言えます。

3月から4月の転職マーケットの流れ

新卒採用・新卒の受け入れに企業が力をいれている時期です。

この時期は、求人数や転職者も多い時期なので、この流れに乗るか、5月・6月から転職活動のスタートダッシュを決められるように準備をしておくか…選択肢が多くなる時期と言えます。

 

ただし、求人数が多くてもライバルとなる転職者も多くなるので、そのあたりのバランスを考えてタイミングを計りましょうね。

5月から6月の転職マーケットの流れ

ゴールデンウィーク明けから、6月の半ばあたりまでは転職市場が盛り上がる時期です。

積極的に応募するなど、行動を起こすべき時期と言えます。

また、ボーナスが出る時期でもあるので、ボーナス後に会社を辞める人、転職する人が多いのもポイントです。狙っているポジションが空きやすい時期と言えるので、転職タイミングとして活かしたいですね。

7月から8月の転職マーケットの流れ

企業によっては、夏休み・お盆休みなどに入るため、採用活動は鈍い時期があります。

しかし、中途採用の場合はいつチャンスが巡るか分かりませんから、転職エージェントに相談しておいたり、転職サイトなどのチェックは欠かせません。

 

下準備をして、8月後半からはすぐに動き出せるようにタイミングを計りたいですね。

9月から11月の転職マーケットの流れ

8月後半から11月・12月くらいまでは、後半の転職活動の山場と考えられます。

年末が近づくと、お正月やクリスマスなどで企業の採用活動も鈍ってきます。
それまでの2〜3ヶ月程度のこのタイミングに転職を成功させて、すっきりした気持ちで年末を過ごしたいところですね。

12月の転職マーケットの流れ

年末、クリスマス、などで企業の採用活動は鈍るので、転職活動もオフシーズンと思ってしまいますが、ボーナス時期なので会社を辞める人や転職を考える人が多い時期です。

この時期にしっかり情報収集や準備をしておけば、慌てずに1月以降の転職活動をスタートできます。

スポンサーリンク



【転職のタイミングは2つに分けられる】常に『準備』が大切

ここまで1年間の転職マーケットの流れをお伝えしてきましたが、「中途採用枠」は

  • いつ空きが出るか
    予測が難しい
  • 転職したい
    職種や業種に左右される
  • 年齢にも左右される

などの理由から、絶対的に有利なタイミングを絞るのは非常に難しいと言えます。

とは言え、転職活動は次の2つのポイントに着目してタイミングを図ることができます。

  1. 準備に時間を割く時期
  2. 積極的に企業に
    アプローチしたい時期

これらを1年のスケジュールに当てはめると以下のようになります。

【準備に時間を割くべきタイミング】

  • 1月
  • 2月
  • 8月
  • 12月

【積極的に企業にアプローチすべきタイミング】

  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

転職市場があまり活況ではない1から2月、8月や12月は準備期間に充て、3月から7月、9月から11月に積極的なアプローチするのが王道と言えます。

もしもライバルが少ない時期を狙いたいなら、あえて1から2月、8月や12月に転職活動をしてみるのもひとつの方法です。

転職タイミングを図るには準備が大切

いずれにしても、転職タイミングを図るためにはきちんと準備をしておくことが非常に大切です。

準備ができていないと、すぐに書類選考や面接に移れないからです。

転職を考えているなら、まずは以下を取り組んでおくことをおすすめします。

  • 自己分析(経験の棚卸し)
  • 転職したい業界の動向チェック
  • 転職エージェントへの登録

繰り返しになりますが、中途採用の求人はいつどんなタイミングで出現するか予測ができません。

ゆうき
ゆうき
今やるべきことは、自己分析や情報収集です!

情報収集をして転職活動の見通しを立てる

実は、きちんと情報収集をすれば、

  • どんな職場が自分に合っているか
  • 給料は上がるか
  • 今転職すべきタイミングか

など、ある程度の見通しが立ちます。

そうすれば、転職に失敗するリスクは大幅に減ります。

 

転職の不安は、「この先どうなるかわからない」という不透明な将来にあります。

なので、在職中にきちんと情報収集をして、転職活動の見通しを立てることが大切です。

具体的には、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

例えば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などをエージェントの担当者がプロの目線でアドバイスをくれます。

 

基本的にエージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせ等をして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを知っている存在です。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

転職(中途採用)は、一斉採用の新卒と異なり、いつどんなタイミングで良い求人が出るか予測できません。

また、転職には1〜3ヶ月かかるケースが多いため、常に情報収集できる環境を作っておくことで転職の成功率は上がります。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担が軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して、どんな可能性があるかを探ってみましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>