ニート・無職の就職

『ニート歴5〜6年だけど就職したい』を叶えるテクニック【就活が不安な人向け】

『ニート歴5〜6年だけど就職したい』を叶えるテクニック【就活が不安な人向け】
こんな悩みを解決する記事です
ニート歴5年だけど
就職したい。。。
でも、いまさら正社員なんて無理?
無職になって6年過ぎた
正社員になりたいけど
就活が不安。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

僕も就職前はフリーター・ニート生活をしていた時期があるので、不安な気持ちはよくわかります。

ニート歴が5〜6年ともなると、働けるか自信がもてないですよね。

 

そこでこの記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに「ニート歴が5、6年で就職を叶える5つのテクニック」をお話しします。

以下の5つです。

  1. 「今日」動き出す
  2. 就職する日を決める
  3. 賢く仕事選ぶ
  4. マイナスをプラスに変える
  5. 挫折を防止する

ニート歴5年は、今ならまだやり直すチャンスはあります。

ゆうき
ゆうき
頑張り次第で3ヶ月後には正社員になれる可能性は十分にあるので、5つのテクニックを試してみてください!
ニート歴3年〜4年の無職から就職するコツ【ひとりでがんばる必要なし】
ニート歴3年〜4年の無職から就職するコツ【ひとりでがんばる必要なし】 ニート生活や無職歴が3年を超えると、社会復帰できるのか、今から正社員になれるのか不安になりますよね。 実は僕も就職...

【就職チャンスを逃さないテクニック】ニート歴5年を抜け出すには「今日」動き出す

ニート歴が5年ということは、仮に高卒なら20代中盤、大卒なら20代後半ですよね。

いずれにしても、就職を考えているなら「今日」動き出すことがとても大切です。

それはどうしてかというと、就活は若ければ若いほうが有利になりやすいからです。

 

ニート歴5〜6年で就活をする場合、いわゆる「未経験者扱い」になります。

基本的に未経験者を採用する企業は、

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 指導のしやすさ

などを重視します。

つまり、将来性があり、熱意や素直さのある「年齢の若い人材」を優先的に採用する傾向があるんです。

そのため、ニートを抜け出すには早めに動き出すことが大切なんです。

 

もしかしたら、

もう5年もニートなんだから、
遅いんじゃない?

と思うかもしれませんが、過ぎたことを悔やんでも仕方ありませんし、過去に戻れない以上は「今」が一番若いですよね。

半年後より今月、そして明日より今日就活をスタートしたほうが、正社員になれる可能性は高いわけです。

 

僕も最初はそうでしたが、ニートや無職の人は就活を先延ばしにしがちです。

裏を返せば、今すぐ就活をトライするだけでも頭一つ抜け出せるわけです。

ゆうき
ゆうき
悩んでいるよりは今日から就活をトライしてみましょう!

フリーターになるのはおすすめできない

もしかすると、

まずはアルバイトでも
いいんじゃないの?

と考える人もいるかもしれません。

いきなり就活するのはハードルが高いように感じますよね。

 

たしかに、就活は簡単とは言えませんし、体をならす程度であればアルバイトをしてみるのも良いかもしれません。

でも、フリーターになってしまうのはおすすめできません。

なぜなら、あとあと後悔する可能性が高いからです。

 

冒頭でお話したように僕もフリーターを経験していますが、正直に言ってフリーターは全く自由ではありませんでした。

例えば、

  • 給料が上がらずお金がない
  • 肩身のせまい思いをする
  • 将来が不安で希望がもてない

さらにひとり暮らしの生活費を払うのにバイト漬けだったので、毎日がバイト先とアパートの往復でした。

フリーターで働いても、結局は就職を考えることになると思います。

 

また、とくに「経済的な面」では、フリーターは非常に不利です。

以下のデータを見てもわかるように、20代中盤以降は正社員とフリーターの賃金差はどんどん広がってしまいます。

正社員と非正規雇用の賃金カーブ

つまり、早めに就職しておいたほうが経済的に苦労せずに済むわけです。

 

もちろん、一概にフリーターがダメとは言えませんが、問題を先延ばしにしてもあとで後悔するのは目に見えています。

それよりは、今がんばって後で苦労しない道を選んだほうが賢いのではないでしょうか。

フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】
フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】 フリーターは将来が不安ですよね。きっと、「そろそろ就職するべきかも」と考えているのではないでしょうか。 僕もフリー...

就職する日を決める【5〜6年ニート歴があっても正社員になれる人はデッドラインを設定する】

2つ目のテクニックは、就職する日を決めてしまうことです。

新卒の就活とは異なり、ニートの就職には期限がありません。

今後ニート歴が7年、8年と長くなったとしても、自分自身が動き出さない限りはいつまでもニートです。

 

人間は、期限のない約束や仕事をついつい後回しにしがちです。

逆に言えば、期限があるからこそ「動きやすい」「結果を出しやすい」という面があるわけです。

 

なので、就職する日を自分なりに決めて、期限までに就活を終わらせる目標をもつことをおすすめします。

もちろん、就活の進み具合は企業側の都合もありますし、予定どおりに内定をもらえるわけではありません。

ですが、就職する日(デッドライン)を決めたほうが、

  • スケジュールを立てやすい
  • やることが明確になる
  • モチベーションがあがる

このようなメリットがあります。

この日までに就職すると決めれば、逆算してスケジュールを組むことができますし、そうすれば「今やるべきこと」もクリアになりますよね。

目標地点が見えるだけでも就活のモチベーションは上がります。

成果を出す人の多くは、かならずデッドライン(期限)を設定して動き出します。

ゆうき
ゆうき
とてもおすすめできるテクニックなので試してみてください!
スポンサーリンク



ニート歴5年で就職するなら賢く仕事選ぶ【内定をもらいやすい求人を狙う】

3つ目のテクニックは、賢い仕事の選びかたです。

ニート歴が5〜6年だと、

  • どんな仕事に応募したらいいのか
  • 適正があるのはどんな職種・業界か
  • そもそも自分は受かる可能性があるのか

など、仕事選びを不安に思うはずです。

興味のある仕事や業界があるならまずはトライしてみるべきですが、仕事を選びすぎると内定は遠くなってしまいます。

 

ですので、基本的には内定をもらいやすい求人を集めるのがおすすめです。

内定をもらいやすい求人というのは、わかりやすく言うと以下の2つですね。

  1. 未経験者の採用実績が多い職種
  2. 慢性的に人手が足りない業界

未経験者の採用実績が多い職種

先ほどもお話ししましたが、ニート歴5年で就職する場合「未経験者」として就活することになりますよね。

ということは、未経験者の採用実績が豊富な職種を選んだほうが内定をもらえる可能性はグンと高くなります。

 

具体的には、マイナビが調べた以下のデータが参考になります。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者を受け入れている企業は、研修がしっかりしていたり、未経験の同期社員がいたりなどメリットも多いです。

仕事選びの参考にしてみてください。

慢性的に人手が足りない業界

実は現在、少子高齢化など様々な原因で人手の足りない業界が増えています。

こうした業界は、人材確保のために求人をどんどん出しますし、採用する場合の難易度も下げているケースが多いです。

つまり、ニート歴が5年でも就職チャンスがあると言えるわけです。

 

日本商工会議所が調査したデータを参考にすると、人手が足りない業界が見えてきます。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運送業、サービス業などは慢性的な人手不足と言われているので、このあたりを狙うのはアリですね。

個人的には、今後も伸び続けるIT系(情報通信)の業界がもっともおすすめです。

ニートの就職先はブラックしかない!?【ホワイトに就職するコツを解説】
ニートの就職先はブラックしかない!?【ホワイトに就職するコツを解説】 ニートから就職するのは、正直言って簡単ではありません。 就職先はブラックしかないのでは?と不安になる気持ちもよくわ...

5〜6年のニート歴をマイナスからプラスに変える【3ステップのテクニック】

ニート歴が5年だと、

面接でアピールすることがない
ブランクについて
質問されたらどうしよう。。。

こんな不安を感じる人が多いはずです。

そこでおすすめしたいテクニックがマイナスをプラスに変える考え方です。

未経験者を採用する企業が重視するのはヒューマンスキル

まず「面接でアピールすることがない」という不安に関してですが、たしかにニート歴が5年だとスキルや経験などはアピールできませんよね。

でも、実はニートなどの未経験者を採用する企業は、そもそも応募者にスキルや経験を期待してはいません。

(スキルや経験を重視する場合は、社会人経験のある人材を狙って採用活動をします。)

では未経験の人材の何を重視するかというと、

  • 将来性
  • 熱意・やる気
  • 人間性

このようなヒューマンスキルです。

 

たとえ5〜6年ニート歴があっても、将来性や熱意はアピールできますよね。人間性も伝えられるはずです。

自分のマイナス(スキルや経験がない)ばかりに目を向けていると、本当にアピールすべきことが見えてきません。

なので、「自分が今アピールできること」「企業が求めている資質」をしっかり見極めて就活に臨むことが大切です。

マイナスをプラスに変える回答方法3ステップ

次に「面接でニート歴5〜6年のブランクに対して質問されたらどうするか」ですが、これは以下の3ステップで回答を準備しておくと良いですね。

  1. 質問を受け止める・正直に答える
  2. 得たことや学んだことを伝える
  3. 就職後の展望・目標を語る

 

就活の面接官がブランクやニート歴に対する質問をする背景には、

  • 将来性のある人材か?
  • 過去から学べる人材か?
  • どんな人物なのか?(素直で育てやすいか)

などを見極めたいという考えがあります。

ですので、質問をきちんと受け止めたうえで、ブランクから何を学んだかを伝え、これからどうしたいかをアピールするのが有効というわけです。

例えば以下のような感じです。

どんな仕事が向いているかわからず、無職期間が長引いてしまった。

就職しなかったことは後悔している。

しかし、自分と向き合う時間をもてたことで、本当に挑戦したいと思える仕事が見つかった。

入社することができたら、1日もはやくチームに無くてはならない存在に成長したい。

お伝えした3ステップを意識すれば、マイナスをプラスにもっていくことができます。

ゆうき
ゆうき
面接の不安の9割は、しっかり準備をすることで解決できますよ!
スポンサーリンク



挫折を防止する【ニート歴5年でも就活を成功させるには一人で悩まない】

最後にお伝えしたいのは、挫折を防止するテクニックです。

正直に言うと、ニート歴5〜6年で就職をするのは楽ではありません。

僕も就活したときは、

  • 向いている仕事がわからない
  • 企業とのやり取りが不安
  • 就活のマナーやコツがわからない
  • そもそも何から始めていいか途方にくれる

こんな感じでした。

ひとりで悩んでいると就活を挫折してしまう可能性が高いです。

せっかくニートを抜け出したいと思って就活をするなら、挫折だけは避けたいですよね。

 

そこでおすすめしたいのは、ひとりで悩まない環境を作っておくことです。

具体的には、ハローワークやサポステ、就職エージェントなどの就職サービスをしっかり活用するのがコツです。

もしかすると、すでにリクナビNEXTやマイナビ転職といった求人情報サイトを使って求人を探しているもいるかもしれません。

これらは仕事探しをする分には欠かせないサービスですが、すべてひとりで進める必要がありますよね。

 

それよりは、キャリアアドバイザーなどに相談できるハローワークや就職エージェントを活用したほうが

  • 悩みや不安を相談できる
  • モチベーションを保ちやすい
  • 挫折するリスクが少ない

などのメリットがありおすすめです。

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強いので、希望に合う仕事を紹介してもらいやすかったり、面接対策を有利に進めることができます。

また、就職エージェントのキャリアアドバイザーは、紹介する企業を訪問したうえで情報を集めているので、

  • 会社や職場の雰囲気
  • 上司の人柄
  • どんなアピールが好印象か

などを教えてくれたりもします。

ニートの就職では、ブラック企業に捕まるリスクもあるので、企業情報をしっかり集めておくことはとても大切です。

ゆうき
ゆうき
就職エージェントは賢く活用して、就活を有利に進めましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

登録前に知っておきたい!就職エージェントを選ぶときの注意点

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

ニートの就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる