仕事を辞めたい

【職場で孤立状態がつらい】孤独で辞めたいときに考えたい3つのこと

【職場で孤立状態がつらい】孤独で辞めたいときに考えたい3つのこと
こんな悩みを解決する記事です
職場で孤独だ…
毎日仕事に行くのが辛い…
私ひとりだけ孤立状態…
転職すべき!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

  • 職場に話し相手がいない
  • 頼れる人がいない
  • 周りから嫌われていると感じる

このように孤立状態になると、毎日職場に行くのが辛いですよね。辞めたくなるのも無理はありません。

実は僕も職場の不満が原因で仕事を辞めた経験があるので、気持ちはよくわかります。

しかし、「本当に辞めていいのか」「転職できるのか」と悩むのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、僕の転職経験と人事目線をもとに「孤立が原因で仕事を辞めたいときに考えるべきこと」をまとめました。

  1. 仕事に影響が出ているかを考える
  2. プラスに働く転職理由
  3. 転職するリスクと向き合う
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ 20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】 マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代...

【辞めていいか悩んだら】孤立状態が仕事に悪影響かを考える

1つ目に考えたいのは、孤立状態が仕事にどれだけ悪影響を与えているかです。

きっと、孤立状態が原因で仕事を辞めたいと考えても、

孤立しているからって
辞めていいの?

と、転職に踏み出せない人は多いはずです。

  • 「孤独だから辞めるなんて甘い考えだ」
  • 「我慢するしかない」
  • 「恥ずかしい転職理由だ」

と悩む方もいるのではないでしょうか?

 

そこで考えたいのは、あくまでも「職場」は仕事をする場所だということです。

もちろん、同僚や上司と仲が良いに越したことはありませんが、職場で最も大切なのは「自分がやるべき仕事をきちんとこなせるか」です。

いくら和気あいあいとした職場でも、仕事が進まなければ業務に支障が出て、会社に不利益が生じます。

その結果、自分のキャリアに影響がでます。

 

なので、孤立状態がどの程度仕事に悪影響を与えているかを考えて、今後の身の振り方と向き合ってみることをおすすめします。

 

例えば、人間関係がうまくいかずに孤立して、

  • 先輩が仕事を教えてくれない
  • 仕事をまわしてもらえない
  • 雑務を押し付けられる

など、仕事に悪影響が出ているなら大きな問題です。

上司に相談する、異動を申し出る、もしくは転職を考えるなど、何かしらの対処をしないと、会社にとっても自身の将来にとっても良い影響はありません。

逆に、

  • 「一緒に働くのが気まずい」
  • 「孤独でお昼休みが寂しい」
  • 「話し相手がほしい」

という程度であれば、直接は仕事に悪影響が出ているわけではありませんよね。

職場に「自分にとっての快適な居場所」を期待しすぎると、転職を繰り返すジョブホッパーになってしまう可能性が高いです。

 

なので、「職場はあくまでも仕事の場」という前提をもとに、

仕事に悪影響が出ているか

をひとつの基準として、転職を考えてみましょう。

20代でジョブホッパーになるのはリスキー?【知っておきたい転職回数の考え方】
20代でジョブホッパーになるのはリスキー?【知っておきたい転職回数の考え方】 こんな悩みを解決する記事です。 ジョブホッパーは、 「転職を繰り返して(ジョブホッピング...

【職場の孤立が理由の転職はマイナス!?】プラスに働く転職理由とは

2つ目に考えたいのは、プラスに働く転職理由です。

きっと、職場の孤立が原因で転職をする方は、

「孤立して辞めた」なんて
転職理由としてどうなの!?

と不安に思うはずです。

「NGな転職理由では?」「甘い考えかも」と悩む方もいるかもしれません。

 

ここで知っておきたいのは、実は人間関係が原因で転職をする人は非常に多いということです。

以下は、転職サイトのリクナビネクストが発表している、退職理由の本音に関するデータです。

【退職理由の本音】

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  2. 労働時間・環境が不満だった(14%)
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  4. 給与が低かった(12%)
  5. 仕事内容が面白くなかった(9%)
  6. 社長がワンマンだった(7%)
  7. 社風が合わなかった(6%)
  8. 会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
  9. キャリアアップしたかった(6%)
  10. 昇進・評価が不満だった(4%)

引用元:リクナビNEXTより抜粋(太字部分は追記)

このように、人間関係に関連した退職理由の割合は、全体の4割以上となっています(太字部分)。

つまり、人間関係の不満で転職をするケースは珍しくないわけです。

職場の人間関係は、一度壊れると修復は難しく、孤立や不満を改善するのは至難の技です。

そのため、新天地を求めるケースが多いのかもしれません。

 

もちろん、だからと言って闇雲に仕事を辞めるのはNGですが、ずっと我慢をして働き続けるのも自身のキャリアにマイナスです。

転職理由をポジティブに変換する

そこで考えておきたいのは、転職理由をポジティブに変換することです。

たとえ、転職のきっかけは「職場での孤立」だったとしても、

  • 転職してどうなりたいか
  • 新しい職場で何を成し遂げたいか

など、今後の展望にフォーカスすれば、いくらでも前向きな転職理由を導き出すことができます。

 

基本的に企業の面接官は、その応募者を雇うことで「どんなプラスに繋がるか」を考えています。

また、

  • 将来性はあるか
  • 期待に沿う働きをしてくれるか
  • 職場に馴染めるか

などを見極めようと面接をしています。

転職理由についても質問しますが、前職の不満等を聞きたいわけではありません。

 

なので、転職をする場合は、マイナスに目を向けるよりも、「これからどうしたいか」「なにができるのか」など、プラスの面にフォーカスすることが大切です。

【職場の孤立は転職すれば解決!?】転職するリスクと向き合う

3つ目に考えたいのは、転職をするリスクについてです。

きっと、職場の孤立が原因で仕事を辞めたい方の多くは、

転職さえすれば
問題は解決するはずだ…

と考えているかもしれません。

しかし、転職ですべての問題がクリアになるとは限りません。

なぜなら、人間関係や仕事の評価がリセットされるだけだからです。

 

新しい職場では、1から人間関係と評価を築くことになりますよね。

うまくいけば良いですが、最悪、新しい職場でも人間関係の問題に悩まされる可能性はあります。

また、転職をすると、これまでの仕事のやりかたが通用せず、職場に馴染むのに時間がかかる場合もあります。

つまり、「新しい職場では孤立しない」と保証されているわけではないんです。

職場で孤立する状態が辛いと、

新しい職場に行けば
良い人間関係を築けるはず…

と思いがちです。

しかし、当たり前の話かもしれませんが、必ずしも良い上司や先輩に恵まれるわけではなく、仕事に馴染めない場合もあります。

なので、「転職にはリスクもある」ということは頭に入れておく必要があります。

転職のリスクを回避するには最低限の見通しを立てる

では、どのようにしてリスクを回避したら良いのでしょうか?

それは、最低限の見通しを立てることです。

きちんと情報収集をすれば、

  • どんな職場環境か
  • 自分に向いている仕事か
  • 今転職すべきタイミングか

などがある程度見えてきます。

そうすれば、転職に失敗するリスクがグッと減るわけです。

 

具体的には、エージェント系の転職サービスを有効活用しましょう。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

例えば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などをエージェントの担当者がプロの目線でアドバイスをくれます。

 

基本的にエージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせ等をして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを知っている存在です。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

 

基本的に転職(中途採用)は、一斉採用の新卒と異なり、いつどんなタイミングで良い求人が出るか予測できません。

また、転職には2〜3ヶ月かかるケースが多いため、常に情報収集できる環境を作っておくことで転職の成功率は上がります。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担が軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して、どんな可能性があるかを探ってみましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>