転職の悩み

【若い人がいない職場がつらい】転職するなら知っておきたい3つのポイント

【若い人がいない職場がつらい】転職するなら知っておきたい3つのポイント
こんな悩みを解決する記事です
職場には若い人が
誰もいない
将来が不安だな、、、
入社したら若いのは自分だけ
話せる人もいないし
会社に居づらい。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

職場に自分と同年代の社員がいないと、孤独感や居心地の悪さを感じますよね。

転職を考える人もいるかもしれません。

とは言え、「若い人がいない」という理由で会社を辞めるのは、不安ではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、僕の転職経験と人事目線を軸に「若い人がいない職場を転職するなら知っておきたい3つのポイント」をまとめました。

  1. 辞める前に転職活動を開始する
  2. 転職理由をしっかり考える
  3. きちんと情報収集できる環境を整える
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

【本当に転職していい?】若い人がいない職場を辞めていいか悩むのは当然

本題に入る前に、「若い人がいない職場を辞めていいか悩む」という方に向けて、お伝えしたいことがあります。

まず、転職を悩むのは当然のことです。

新しいチャレンジをするということは、必ず不安やリスクがついてまわります。

また、必ずしも「若い人がいない=悪い職場」というわけではないですし、年上社員が多い会社で働くことにもメリットはありますよね。

なので、「本当に辞めていいのか?」という問いに正解・不正解があるわけでは無いんです。

 

とは言え、同年代の社員がいないと、

  • 意見が通らない
  • 雑用ばかりまわってくる
  • 相談相手がいない
  • 周囲に合わせなくてはいけいない
  • 将来に漠然とした不安を感じる

など、孤独感や職場での居心地の悪さを感じやすいのも事実です。

 

なので、転職を悩んでしまうのであれば、「若い人がいない職場を辞める=良いのか悪いのか」ではなく、

この職場で今後、自分が望む形で自己成長できるか

という視点で転職を考えてみてください。

もしもその答えがYESなら、現職でキャリアを積んだほうが自分のためになるはずです。

しかし、その答えがNOなら、転職を考えるのもひとつの方法です。

 

いずれにしても、「若い人がいない職場を辞める=良いのか悪いのか」ではなく、「自己成長できる職場かどうか」を軸に転職と向き合ってみてはいかがでしょうか。

ゆうき
ゆうき
将来に不安を感じてモヤモヤした毎日を過ごしている場合は、環境を変える必要もあります!
【正直もう辞めたい】職場に居づらいときの3つの対処法をまとめてみた
【正直もう辞めたい】職場に居づらいときの3つの対処法をまとめてみた 大きなミスをしてしまった 仕事がうまくできない 人間関係でトラブルを起こした 上記のように...

【すぐ退職はNG】若い人がいない職場を辞める前に転職活動を進めておく

では、転職するなら知っておきたい1つ目のポイントをお話していきます。

それは、仕事を辞める前に転職活動をなるべく進めておくことです。

きっと、この記事を読んでいる方の多くは、職場に若い人がいないことで相当ストレスを感じているはずです。

「今すぐにでも仕事を辞めたい」と思っているかもしれません。

 

しかし、仕事を辞めるのは「次の見通し(転職先)」が立ってからがベストです。

なぜなら、退職してから転職活動をすると

  • 転職先がなかなか決まらず
    ブランクができる
  • 経済的な不安を抱える
  • 保険等の切り替えが手間

など、様々なデメリットを抱える可能性があるからです。

 

もちろん、体調を崩したり精神的に限界であれば、タイミングを考えるより辞めたほうがいい場合もあります。

しかし、可能であれば、

  1. 在職中に転職活動をする
  2. 次の職場が決まった段階で
    退職活動を本格化する
  3. 現職を辞めて
    新しい職場にうつる

という流れを目指すのが理想です。

 

とくに「若い人がいない職場」は、

  • 退職を切り出しにくい
  • 引き止めに合う
  • 引き継ぎに時間がかかる

などが予想できるため、退職がずるずる先延ばしになる可能性もあります。

ただ、転職が決まってさえいれば、嫌でも退職活動を先に進めなくてはいけませんよね。

退職活動は、覚悟が決まっていたほうが断然スムーズに進みます。

ゆうき
ゆうき
そういう意味でも、在職中に転職活動をして見通しを立てておくことがおすすめです!
スポンサーリンク



【採用担当者が納得する回答を練る】転職理由「職場に若い人がいない」はNG

2つ目のポイントは、転職理由(退職理由)が「職場に若い人がいないから」はNGだということです。

さすがに転職活動の面接等で、

職場に若い人がいないので
会社を辞めました

と転職理由を説明する人はいないと思いますが、同様に

  • 会社に居づらかった
  • 話す相手がいない
  • 将来が漠然と不安

このような不満ばかりの回答は、転職理由としてはマイナスです。

採用担当者や面接官に不安を与えてしまいます。

 

まずは、転職理由をきちんと見つめ直してみましょう。

ポジティブな転職理由の見つけ方

基本的に企業の採用担当者や面接官は、転職理由を通じて以下の3つのポイントをチェックしています。

  • すぐに辞めそうな人材ではないか
  • 不満を解決する努力をしたか
  • 理由に一貫性や信ぴょう性があるか

つまり、「職場に若い人がいない」という転職理由は、「単なる不満」「社員と良好な関係を築けない」といったイメージを与えてしまうんです。

 

なので、転職理由を考える場合は、現職の不満や嫌な面にフォーカスするのではなく、

「自分が理想とする働き方や働く目的」
を叶えるために
現職で欠けていることはなにか?

と考えてみてください。

そうすれば、おのずとポジティブな転職理由が見つかるはずです。

 

例えば、「若い人が自分だけなので意見が通らない、雑用ばかりまわってくる」という不満があるとします。

この場合、以下のような転職理由が考えられます。

残業や雑務が非常に多く、長時間労働を強いられ、本来の業務がままならない状態です。

改善策の提案や人員確保を要望しましたが、「このままやるしかない」と受け入れられませんでした。

その点御社は、風通しが良く成績に応じてステップアップできると伺っております。

このままキャリアを重ねるより、さらに飛躍したいと考え転職を決意いたしました。

  • 転職してどうしたいのか?
    (転職先でどんな活躍がしたいか)
  • なぜ今、自分には転職が必要なのか?

を考えてみてください。

ゆうき
ゆうき
そうすれば、自分だけの前向きな転職理由が見つかるはずです!
スポンサーリンク



【転職を失敗しないコツ】若い人がいない職場を転職するなら情報収集に力を注ぐ

3つ目のポイントは、きちんと情報収集出来る環境をつくっておくことです。

「職場に若い人がいないから転職したい」と考えている人は、当然転職先では同年代の社員と仕事をしたいですよね。

 

求人票や会社情報を見れば、会社の雰囲気や平均年齢などが分かる場合もありますが、きちんと情報収集出来る環境を整えておかないと、転職してから

  • 前職とあまり変わらない環境だった
  • 若い人が思ったほど多くない
  • 風通しが悪い職場だった

など、不満を抱えてしまうかもしれません。

 

なので、職場レベルで一緒に働く人、社内の雰囲気を知ることがとても大切です。

情報収集はひとりで進めない

そこでおすすめしたいのは、エージェント系の転職サービスを活用した情報収集です。

 

個人でおこなう転職の情報収集には、やはり限界があります。

  • 職場の雰囲気
  • 上司の人柄
  • 面接で好印象につながる回答

などは、ひとりでがんばってもなかなか知り得ない場合が多いです。

 

その点エージェント系のサービスを活用すれば、担当者が企業の採用担当者とつながっているので、職場レベルで一緒に働く人や社内の雰囲気などの情報収集がグッとやりやすくなります。

ちなみにエージェントというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に沿った求人探し
  • 書類や面接など
    受かるためのアドバイス
  • 企業とのやり取り

などを全て無料でサポートしてくれる転職サービスを指します。

 

一般的に馴染みのある「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といったサービスは、いわゆる「求人サイト」と呼ばれ、求人検索から応募、面接まですべてひとりで対応します。

一方「エージェント系サービス」は、転職に詳しい担当者が求人紹介から面接対策まで直接サポートしてくれるのが特徴です。

エージェント系サービスであれば、前もって希望がどの程度叶いそうかを転職の専門家(キャリアアドバイザー)に相談できます。

例えば、

今の仕事を辞めて
転職したいのですが。。。

と相談をすると、

アドバイザー
アドバイザー
経験やスキルを活かせるのは
この求人ですね。
職場環境はこんな感じです!
年収もキープできると思います。

このような提案をしてくれます。

転職後をイメージしやすくなるので、転職活動を前向きに進めることができます。

ゆうき
ゆうき
キャリアアドバイザーに相談することで、転職の不安は解消できます。

賢く活用しましょう!

【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説 このようにお悩みではありませんか? 世の中には様々な転職サービスがあるので違いがよくわかりませんよね。...

今すぐ登録しておきたいエージェントサービス3選

では最後に、サポート力と求人の質が高いエージェント系サービスを3社お伝えします。

まずは2〜3社登録して、それぞれを比較しながら自分に合うサービスを重点的に利用していきましょう。

 

まず「20代の方」におすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方、そして30代以上の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>