未経験(フリーター・既卒)の就職

【実はチャンス】24歳のフリーターや既卒者が就職を成功させる5つのコツ

【実はチャンス】24歳のフリーターや既卒者が就職を成功させる5つのコツ
こんな悩みを解決する記事です
24歳のフリーターでも
就職できる?
今さらがんばっても遅い?
既卒で就職は厳しい?
もう24歳だし
なんとかしたい。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

24歳でフリーターや既卒の方は、高卒なら5年以上・大卒なら約2年の月日が過ぎているはずです。

「そろそろフリーターや既卒をやめて就職したい!」と考える人は多いのではないでしょうか?

実は僕もフリーターから就職した経験があるので気持ちはよくわかります。焦りますよね。

 

結論から言うと、24歳のフリーターや既卒者には、まだまだたくさん就職チャンスはあります。

むしろ24歳前後こそ、正社員に転身する絶好のタイミングと言えます。

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとにして「24歳のフリーターや既卒が就職するコツ」をまとめました。

  1. 素早い就活を心がける
  2. 就職しやすい仕事選ぶ
  3. ブラック企業対策をする
  4. 面接のフォローを準備
  5. 決してひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
難しいことはないので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

素早い就活を心がける【24歳のフリーターや既卒にはチャンスがある】

1つ目に伝えたいコツは、素早い就活を心がけることです。

お話したように24歳のフリーターや既卒者には、就職チャンスやキャリアアップのチャンスがまだまだたくさんあります。

なぜなら、25歳前後で就活(就職)をすれば、

  • 求人の選択肢が多い
  • 人材としての需要が高い
  • 30歳前後でキャリアチェンジや
    キャリアアップの機会もある

このようなメリットがあるからです。

 

実は未経験から挑戦できる求人は、25歳を過ぎたあたりから減少すると言われています。

そして、20代後半ではガクッと減ることもわかっています。

キャリアアップやキャリアチェンジの可能性も、25歳前後で就職しておいたほうが後々有利になります。

 

賃金に関しても、20代中盤からは「正社員」と「非正規雇用」の差はどんどん広がっていきます。

正社員と非正規雇用の賃金カーブ

24歳前後で就職しておいたほうが、賃金の面でも有利になりやすいわけです。

 

もちろん、お金が全てではありませんし、業界や職種によって変わる部分はありますが、いずれにしても後になってこうした「差」を取り戻すのは非常に大変です。

つまり、24歳の今が「就職の絶好のタイミング」と言えるわけです。

25歳前後で会社を辞める人が多い=就職のチャンス

また、「新卒の3割は3年以内に就職した会社を辞める」と言われているのをご存知でしょうか?

実際、厚生労働省が調べたデータでも、大卒者の31.8%が3年以内に離職をしていることが分かっています。

高卒者まで含めると、30〜40%になります。

どういうことかと言うと、25歳前後で辞める人が多いということは、

  1. この年代の転職者は多い
  2. 転職者が多いということは
    ポストが空きやすい
  3. つまり求人が多くなり
    就職チャンスが増える

このような流れが生まれます。

 

さらに近年は、「第二新卒」の人気が高いことも分かっています。

第二新卒というのは、「学校卒業後3年以内で就活や転職活動をする人材」を指す言葉ですね。

マイナビが調査したデータによれば、6割を超える企業が「第二新卒の採用に積極的」と回答しています。

今後一年間の第二新卒者の見通し

  • 本年よりも積極的 18.1%
  • 本年と変わらず積極的 44.1%
  • 本年と変わらず消極的 12.8%
  • 本年よりも消極的 6.4%
  • 今後一年間に第二新卒の採用はしない 18.6%

引用データ:マイナビジョブ’20

厳密には、

  • 就職経験がある
    =第二新卒
  • 正社員経験がない
    =既卒

ですが、25歳前後までなら、経験やスキルが未熟でもポテンシャル(将来性)を見込んで採用するケースがほとんどです。

日本の小説家、天台宗の尼僧でもある瀬戸内寂聴さんはこんなことを言っています。

チャンスは人の一生に何度も来ない

by 瀬戸内寂聴

24歳前後は、「新卒」の次に訪れる「就職チャンス」と言えます。

タイミングが良い「就職チャンス」は、人生で何度も訪れるわけではありません。

ゆうき
ゆうき
「24歳の今こそ就職するチャンス」と考えて、はやめに就活を進めましょう!

おすすめは期限を決めて就活をスタートすること

そこでおすすめしたいのは、期限を決めて就活をスタートすることです。

「この日までに就職をする」と決めて、その日から逆算する形で今後のスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

もちろん就活は、自分の予定どおりには進みません。

必ず採用してもらえるわけではないですし、予期せぬ出来事もあります。

 

ですが、期限を設定することで、

  • モチベーションが上がる
  • スケジュールを組みやすい
  • 緊張感が生まれる

このようなメリットがあり、就活のプラスになります。

 

逆に期限を決めずに就活をすると、ダラダラ先延ばしにしたり、なかなか一歩が踏み出せなかったりします。

実際僕も期限を設定することで、「この日までに決めるぞ」というモチベーションになりました。

フリーターや既卒で過ごす1年はあっという間です。

今は24歳でも、「気がついたら20代後半になっていた」なんてことになったら、悔やんでも悔やみきれません。

ゆうき
ゆうき
期限を決めて今スタートすることが、就職チャンスを逃さないコツです!

24歳のフリーターや既卒が就職しやすい仕事を選ぶ【求人選びのコツ】

次にお伝えするコツは、求人は24歳のフリーターや既卒から就職しやすい仕事を選ぶことです。

正社員を目指すとなると、当然いろいろな要望・希望があるはずです。

しかし、24歳のフリーターや既卒が仕事を選びすぎてしまうと、

  • なかなか内定がでない
  • モチベーションが下がる
  • 就活がどんどん長引く

このようなループにハマってしまうかもしれません。

すると、就活を挫折する可能性も高まります。

 

もちろん、どうしても目指したい業界や職種があるならチャレンジするべきです。

しかし、フリーターや既卒から就活をする場合は、未経験者が就職しやすい求人にフォーカスすることも大切です。

 

では、具体的にどんな仕事が24歳のフリーターや既卒から就職しやすいのでしょうか?

それは以下の2つの仕事です。

  1. 人手が足りない業界
  2. 未経験者の採用割合が
    高い職種

未経験者が就職しやすい人手が足りない業界

実は近年、約50%の中小企業が人材不足に陥っていると言われています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人材不足は、企業にとっては死活問題です。

そのため、人手が足りない企業は求人を増やし、採用基準を甘くします。

つまり、未経験者が入社しやすい状況になるわけです。

日本商工会議所が発表しているデータを見ると、人材不足の割合が高い業界は以下のようになっています。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、サービスやIT情報系の業界は、慢性的な人材不足を抱えています。

もしかすると、介護や運輸業界は「キツそう・辛そう」「ブラックが多いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、きちんと情報収集をすれば高待遇のお宝求人に出会える場合もあります。

また、「介護業界=介護職」「運輸業界=ドライバー職」と考えがちですが、

介護業界で
事務職に就職

運輸業界で
営業職に就職

などのケースもあるので、広い視野をもって仕事探しをしてみましょう。

未経験者の受け入れが多い職種にも目を向ける

未経験者の受け入れが多い職種を狙うのも一つの方法です。

以下は、転職サイトのマイナビが調べた「未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者の受け入れが多いということは、就職チャンスが大きいだけでなく、

  • 研修の充実
  • 職場への溶け込みやすさ
  • キャリアアップの仕組み

なども期待できるため、24歳のフリーターや既卒者にとって大きなメリットです。

ゆうき
ゆうき
就職しやすい仕事にフォーカスすれば、求人選びがグンと捗ります!

関連記事:【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点

【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点
【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点 フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。 がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても...

ブラック企業に捕まらないコツ【就職を目指す24歳のフリーターや既卒は格好の獲物】

3つ目にお伝えしたいのは、ブラック企業に捕まらないようにすることです。

残念ながら、就職を目指す24歳のフリーターや既卒者はブラック企業にとって格好の獲物です。

職歴やスキルに不安があると、

とりあえず
就職できればなんでもいい…
採用してもらえるだけ
私は運が良い

こんなふうに思いがちですが、そこを巧みに突いてくるのがブラック企業です。

せっかく就職できても、長時間労働で休みはなし、パワハラやモラハラが当たり前の職場では、仕事を続けられませんよね。

早期離職に繋がり、さらに再就職が難しくなってしまいます。

 

ですから、ブラック企業を見分けるコツを頭に入れておきましょう。

最低限チェックしたいブラック企業を見分けるポイント

個人で出来る「ブラック企業の判断」には限界はありますが、最低限次のポイントをチェックしてください。

  • 求人票に曖昧な表現が多い
  • 仕事内容が不明瞭
  • 給料システムが複雑
  • 面接時に社内の雰囲気が悪い
  • 大量募集・一斉採用

基本的にブラック企業は、求人に曖昧な表現が多かったり、仕事内容が不明瞭なケースが多いと言えます。

どんな業務を任されるのか理解できなかったり、

  • 若者が活躍する職場
  • 頑張り次第で高収入
  • すぐに活躍できます

このような謳い文句がある場合は注意が必要かもしれません。

若手が多いということは、30代以上のベテランが育ちにくい環境かもしれませんし、頑張り次第ということは歩合制で基本給が異常に低い可能性もあります。

すぐ活躍できるというのも、考えようによっては現場へ放り出されだけなのかもしれません。

求人に記載してある文言は、「裏の意味」を考えてみると良いですね。

 

また、ブラック企業は給料体系が複雑なケースが多かったり、大量採用を実施する場合も多いです。

面接時には、

  • 暗い雰囲気が漂っていないか
  • 社員が疲れ切っていないか
  • 面接官の言うことに一貫性はあるか

など、会社の雰囲気や社員・面接官の動向をチェックすると良いですね。

自分も企業をチェックする気持ちで就活を進めると良いですよ!

関連記事:【ブラック企業を避ける求人チェック術】就職を目指すフリーターや既卒者は注意

【ブラック企業を避ける求人チェック術】就職を目指すフリーターや既卒者は注意既卒者やフリーターが正社員就職を目指すなら注意すべきこと、それは「ブラック企業」の存在です。 せっかく就活を乗り切っても、ブラック...

面接のフォローを準備【24歳のフリーターや既卒の弱みを乗り越える】

4つ目のコツは、面接時のフォローのしかたです。

きっと、24歳のフリーターや既卒から就職する大半の方は、

既卒の経歴を
どう伝えたらいい?
フリーター歴はマイナス!?

このように思っているはずです。

例えば面接官に、

「就職をせず、フリーターになったのはなぜですか?」

「正社員としてやっていく覚悟はありますか?」

「アルバイトをしているのは何か理由があるのですか?」

このような質問をされたら、どう答えるべきか悩みますよね。

 

そんな場合に備えて、次の3つのステップに沿ったフォローを準備しておくことをおすすめします。

  1. 答えを正直に話す
  2. 反省や気付きを伝える
  3. 今後の展望を語る

例えば面接官に

面接官
面接官
就職をしなかった理由は?
アルバイトをしているのは
どうしてですか?

と質問を受けた場合は、

やりたい仕事が見つからず、アルバイトに逃げてしまった。

しかし、アルバイトをする過程でいろいろな働き方を見て、自分が本当に目指したい仕事が見つかった。

就職後は、チームに無くてはならない存在に成長したい。遠回りをした分を早く取り戻したい。

このように、質問の回答だけでなく、「反省や気付き」「今後の展望」も併せて伝えることがポイントです。

そうすることで、前向きで熱意のある印象を与えることができます。

基本的にフリーターや既卒者を採用する企業は、

  • 熱意・やる気
  • ポテンシャル
    (将来性)
  • 人間性

などを重視する傾向があります。

そのため、3ステップに沿った回答は好印象につながりやすくなります。

 

とくに24歳で若いと、どれだけ熱意があるか、将来性があるかで採用の可能性が大きく変わります。

ゆうき
ゆうき
面接では弱みをしっかりフォローして、前向きな印象を与える準備をしておきましょう!

これといったスキル・資格がないから不安なときは

もしかすると、

24歳でフリーターの自分には
スキルも資格もない!
就活が不安。。。

このように悩む人もいるはずです。

しかし、スキルや資格に関しては、「プラスα程度」に考えることが大切です。

たしかに、スキルや資格があればプラスにはなりますが、24歳のフリーターや既卒から就活する場合、「スキルや資格が無いと就職できない」というわけではありません。

 

先ほどもお話したように未経験者を採用する企業は、やる気や熱意、将来性、人間性を評価します。

「未経験者の採用基準」を調べたデータを見ても、資格や語学力の重要性は低いことが分かっています。

◆未経験者採用で採用を厳しくした基準は?

  1. 職務経験 59.6%
  2. ポテンシャル 54.3%
  3. 学歴 37.2%
  4. 志望動機 29.8%
  5. 自己PR 27.7%
  6. 仕事の成果 24.5%
  7. 資格 21.3%
  8. 語学力 10.6%

引用元:マイナビ転職

つまり、資格はあくまでも「プラスα」と考える企業が多いわけです。

 

ただし、例外もあります。

例えば「宅建」という資格は、不動産業を経営するために欠かせません。(従業員5人に1人は「宅地建物取引士」が必要ということが法律で決まっています。)

こうした業務に欠かせない資格は、就活の大きなプラスになります。

 

しかし、

  • 簿記検定
  • MOS
  • TOEIC

などをはじめとする一般的な資格は、あくまでもプラスαと考えたほうが無難です。

「なぜ24歳の今就職したいのか」をハッキリさせることが始まり

また、就職の目的を明確にしておくことも大切です。

例えば、

  • 就職しないと不安
  • 周りに急かされる
  • このままじゃマズい

だから就職する

でも良いのですが、それだと「就職後の展望」が見えませんよね。

 

実は、就職自体はゴールではありません。

24歳で就職したら、そこがスタートです。

「就職すること」にばかりこだわると、就職が決まった時点でモチベーションを失ったり、就職後に後悔することもあります。

ですから、一度落ち着いて「就職の先にはどんな目的(やりたいことなど)があるか」を考えておきましょう。

 

例えば、

  • 30代で独立する
  • 彼女と結婚して楽しい生活を送りたい
  • 一人暮らしを贅沢に満喫したい

こんなふうになんでも良いです。

就職した先を思い描くことで、

  • 就活の面接でプラス
  • モチベーションアップ
  • 就職後もがんばれる

このようなメリットがあるので、ぜひ取り組んでみてください。

24歳のフリーターや既卒は就職をひとりで悩まないことが大切【挫折しないコツ】

最後のコツは、就活をひとりで悩まないことです。

正直に言うと、フリーターや既卒が就活をするのは簡単ではありません。

お伝えしたように24歳の若さは有利に働きますが、新卒や転職者と比較すればハードルが高いのは事実です。

  • どんな仕事が合っているか
  • 面接で何をアピールすべきか
  • 企業とのやり取りは適切か

など、わからないことは多いと思いますし、そもそも何から始めていいか迷う人もいるはずです。

そんな状態で就活を進めたら、挫折する可能性は極めて高いですよね。

実際に僕は就活を一度挫折して、フリーターに舞い戻った過去があります。

 

そんな経験から言えるのは、就活をひとりで進める必要はないということです。

今は、フリーターや既卒者の就活をサポートしているサービスがたくさんあります。

例えば、

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活サポートをしている代表的なサービスです。

こうしたサービスを使うことで、就活の進め方やコツを教えてもらえますし、悩みや不安も相談できます。

とくに民間企業が運営している就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきも強いので、求人を紹介してもらいやすくサポートの質も高いです。

エージェントのキャリアアドバイザーは、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせをするなどして情報を集めているので、

  • どんな職場環境か
  • 上司の人柄
  • 詳細な仕事内容
  • どんなアピールが有効か

などを詳しく教えてくれます。

就職に不安を感じている人こそ、こうしたサービスをうまく活用して就活を乗り切りましょう。

未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

フリーターや既卒の就活に特化したエージェントを使う

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる