転職エージェント

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
こんな悩みを解決する記事です
リクルートエージェントで就活がしたい。。。
ニートでもサポートしてもらえる? 
職歴がないフリーターは
リクルートエージェントを使える?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。

そのため、「就職するなら使ってみたい」と考える人は多いのではないでしょうか?

しかし、フリーターやニートだと、本当に使えるのか不安になりますよね。

 

実は僕がフリーターから就職するときも、「転職エージェントって使えるのかな?」と悩んだ経験があります。

 

最初に結論を言ってしまうと、ニートやフリーターでもリクルートエージェントは使えます。

ただし、就活をサポートしてもらえる可能性は低いと考えたほうが無難です。

 

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに、

  1. リクルートエージェントが
    ニートやフリーターに向かない理由
  2. 本当に使える就職エージェント
  3. 失敗しないエージェントの使い方

以上3つのポイントをお伝えします。

ゆうき
ゆうき
知って損はないので、参考にしてもらえると嬉しいです!

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

ところで、「リクルート」が運営している転職サービスは、様々な種類があることをご存知でしょうか?

とくに

  • リクナビNEXT
  • リクルートエージェント

これら2つのサービスは、サービス内容に大きな違いがあります。

同じ「リクルート」が運営するサービスですが、違いをきちんと理解して活用することが大切です。

最初にチェックしておきましょう。(それはもう知っている!という方は⇒次の項目へ

リクナビNEXT=求人情報サイト

リクナビNEXTは、いわゆる「求人情報サイト」に分類されます。

求人情報やシステムを活用することで、

  • 求人を検索できる
  • 企業に応募できる
  • 面接をセッティングできる

など、自分の力で就職活動を進める(セルフサービスのイメージ)サービスです。

リクナビNEXTのメリットは、「自分のペースで就活を進められる」ということにあります。

 

しかし、自力で就活をすることになるので、

  • 企業の深い情報を
    知ることが難しい
  • 面接のコツを
    つかみにくい
  • 企業とのやりとりに
    手間取る

などのデメリットがあります。

また、リクナビNEXTは非常に人気があるサービスなだけに、

  • 良い条件の求人に
    応募が殺到する
  • 就活のライバルが多い

といった可能性もあります。

自分のペースで就活はできますが、ニートやフリーターのように「経験やスキルに不安がある」「就活に自信がない」という人にとってはハードルが高めのサービスかもしれません。

リクルートエージェント=転職エージェントサービス

対してリクルートエージェントは、その名の通り「転職エージェント」に分類されるサービスです。

担当のキャリアアドバイザーに

  • 希望に合う求人を
    紹介してもらえる
  • 書類や面接対策を
    アドバイスしてもらえる
  • 企業とのやり取りを
    代行してもらえる

など、転職活動や就職活動を直接サポートしてもらえる(コンシェルジュのようなイメージ)サービスです。

 

エージェント系のサービスを使うメリットは、情報収集の精度が上がり、就活が楽になることです。

基本的にエージェントの担当者は、企業の採用担当者と打ち合わせをしています。

つまり、企業の「生の情報」を集めているので、

  • 職場の雰囲気
  • 上司はどんな人柄か
  • 面接で好印象を与えるコツ

など、細かな情報を握っています。

ニートやフリーターの就活では、深い情報を仕入れることが大きなアドバンテージになります。

「自分1人の力で就活を進めたい」という人にはおすすめできませんが、情報の密度と就活サポートは大きなプラスです。

他にも

  • 「就活の悩みを相談できる」
  • 「書類審査なしで面接のケースもある」

など、エージェントサービスのメリットはたくさんあります。

ゆうき
ゆうき
サービスの違いを理解して、賢く活用しましょう!

ニートやフリーターの就職にリクルートエージェントのサポートは期待出来ない理由

では、ここからが本題です。

どうしてニートやフリーターの就職では、リクルートエージェントのサポートが期待できないのでしょうか?

それはズバリ、リクルートエージェントなどの「総合系転職エージェント」は、主に正社員経験アリの転職者を対象としているからです。

 

実は、リクルートエージェントの公式ホームページには以下のような記載があります。

Q:正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?

はい、ご利用いただけます。

ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。

そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

引用元:リクルートエージェントより一部抜粋

簡単にまとめると、

  • サービスの利用は可能
  • ただし正社員経験が無いと
    仕事の紹介は難しい

このような回答です。

 

実はこうした傾向は、リクルートエージェントに限った話ではありません。

転職エージェントdodaのホームページにも以下のような記載があります。

【正社員としての就業経験がないと、サービスは利用できませんか?】

サービスのご利用は可能です。

なお、正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験をお持ちではない場合や学生・アルバイトご経験のみの場合、サポートが難しい場合があります。

引用元:doda より一部抜粋

また、マイナビエージェントやパソナキャリアも似たような状態です。

【フリーターや既卒者はdodaを使える?】迷ったときの対処法を徹底解説
【フリーターや既卒者はdodaを使える?】迷ったときの対処法を徹底解説 転職サービスの「doda」を使いたい人のなかには、「フリーターや既卒は対象外なのでは?」と悩む人もいるはずです。 ...

なので、ニートやフリーターから就職する場合は、エージェント選びが非常に大切なんです。

ニートやフリーターはエージェントのサポートを受けられない!?

もしかすると、ここまでの話を聞いて

じゃあ、ニートやフリーターは
エージェントのサポートを
受けられないの!?

と思った人もいるかもしれません。

しかしこれは単純に、リクルートエージェント(他の総合型転職エージェントも)に関しては

正社員経験がある人材を
主なターゲットにしている

というだけなので安心してください。

 

ニートやフリーターから就職する場合は、未経験者の就職を専門にしているエージェントサービスを使えば大丈夫です。

ニートやフリーターはリクルートエージェントよりも未経験者専門の就職エージェントを使おう

では、具体的にどんなエージェントが未経験者の就職を専門にサポートしてくれるのでしょうか?

ここからは、

  • 信頼度が高い
  • 相談しやすい
  • 実績がある

こうした特徴のあるエージェントを3社お伝えしていきます。

  1. ジェイック
  2. 第二新卒Agentneo
  3. 就職shop
ゆうき
ゆうき
近年はニートやフリーターの就職に特化したサービスが増えていますが、信頼度が高く相談しやすいエージェントを選びましょう!

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

 

実はリクルートにも、フリーターやニートなどの「正社員経験がない人」を対象としたエージェントサービスがあります。

リクルートエージェントほど有名ではありませんが、「就職Shop」というサービスです。

就職shopのイメージ画像

未経験でも応募できる求人を多数紹介してもらえますし、書類選考なしの求人にも応募できます。

カウンセリングも丁寧、大手リクルートならではの質の高いサービスが受けられるのも魅力です。

サポートエリアは以下のようになっています。

東京・神奈川・千葉・埼玉
大阪・京都・神戸

公式サイトでは面談予約ができます。

就職shopの面談予約画像

予約は1分程度で完了するので、まずはキャリアアドバイザーに相談してみると良いですね。

就職shop
公式サイト >>

 

【失敗しない】ニートやフリーターが就職エージェントを使うときの注意点

では最後に、ニートやフリーターが就職エージェントを使うときの注意点をお伝えします。

就職エージェントは、とても便利なサービスですが、就活を進めるのはあくまでも自分自身です。

次の2つだけは注意してください。

  1. 就職する意欲をきちんと見せる
  2. 任せきりにせず最後は自分の意思で決断する

 

例えば、

「エージェントに相談すれば安心…」

「とにかく仕事を適当に紹介してもらおう」

こんなふうに思っているなら要注意です。

エージェントの担当者に「この人は就活の意欲が低い」「信頼できない」と思われてしまうかもしれません。そうなったらマイナスです。

 

仕事を紹介する側のエージェントとしては、「やる気がある人」「信頼できる人」に良い求人企業を紹介したくなります。

なので、少しでも良い職場を紹介してもらうためにも「就職したいという真剣な気持ち」をきちんと伝えましょう。

基本的なことですが、やる気を見せるとエージェントの対応は違います。

そして、エージェントの担当者に言われたことを鵜呑みにするのではなく、きちんと自分の意思で決断することも大切です。

薦められたから就職したのに
やっぱり合わなかった
担当者の言う通りにしたら
自分の希望と違った

このようになったら、エージェントを活用する意味がありませんよね。

 

なので、「最後の決断は自分でする」と心に決めてサポートを受けることが大切です。

  • 就職する意欲をきちんと見せる
  • 任せきりにせず最後は自分の意思で決断する

この2つのポイントを頭に入れておけば、エージェントは就活の大きなプラスになります。

ゆうき
ゆうき
就職エージェントはうまく活用して、ニートやフリーターからの就活を有利に進めましょう!

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

【即就職したい・書類選考なしがいい】
【就職Shop】

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>