転職エージェント

【転職エージェントを使って失敗する理由とは】転職に失敗しない3つのポイントまとめ

「転職エージェントを使って転職に失敗する理由」「失敗しない3つのコツ」をまとめました。
友人が転職エージェントを使ったのに
転職に失敗したって言ってた。。。

気をつけることってある!?

こんな悩みを解決する記事です。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

転職エージェントは、転職を有利にする「転職活動の強い味方」です。

でも、

  • エージェントは使わないほうがいい
  • エージェントを使ったけど失敗した

こんな声を聞いて不安になる人もいるのではないでしょうか?

 

たしかに転職エージェントを使っても、100%転職が成功するとは限りません。

でも、転職活動が失敗するのにはきちんと理由があります。

 

この記事では、管理人の転職経験と人事目線を軸に「転職エージェントを使って転職に失敗する理由」「失敗しない3つのコツ」をまとめました。

転職を失敗しないためには、

  1. 転職する目的を明確にする
  2. エージェント1社にすべてを任せない
  3. 自分に合ったエージェント選びをする

以上3つのポイントを押さえることが大切です。

ゆうき
ゆうき
詳しくお話ししていくので、ひとつでも参考になれば嬉しいです!

転職エージェントを使って転職に失敗する3つの理由

それでは最初に、転職エージェントを使って転職に失敗する主な理由をチェックしていきましょう。

誤解のないように言っておきますが、基本的にエージェント系のサービスは求職者の強い味方です。

うまく活用することで、転職先の幅を広げてくれますし、給料や待遇アップも可能になります。

なにより、情報収集や面接の精度がグッと上がります。

ただし、使い方を謝ると、

  • 仕事をなかなか紹介してもらえない
  • 一向に転職できる気配がない
  • 転職後に後悔をする

などの状況を招く場合もあります。

 

こうした場合は、エージェントサービスそのものに問題があるというよりは、転職エージェントの使い方に問題があるケースが多いです。

使い方ひとつで、転職先を紹介してもらえなかったり、希望とギャップのある会社に転職してしまうわけです。。。

なのでまずは、どんな使い方が問題で転職失敗に結びつきやすいかを踏まえて、次の3つの使い方をチェックしていきましょう。

  1. キャリアアドバイザーの言いなり
    頼りっぱなし
  2. そもそも転職意図があやふや
  3. キャリアアドバイザーと
    相性が悪い

失敗しやすい転職エージェントの使い方1:キャリアアドバイザーの言いなり・頼りっぱなし

1つ目に失敗しやすい理由は、キャリアアドバイザーやカウンセラーの言いなり・頼りっぱなしです。

先ほどもお話ししたように、転職エージェントは転職活動の強い味方です。

転職先を紹介してくれるだけでなく、

  • キャリア相談
  • 情報収集
  • 面接のアドバイス
  • 企業とのやりとり

など、転職活動を幅広くサポートしてくれます。

とくに「初めて転職する人」にとっては、非常に便利なサービスと言えます。

 

しかし、逆に言えば、

  • キャリアアドバイザーを
    頼りすぎてしまう
  • キャリアアドバイザーの
    言いなりなってしまう

こうした可能性も高いので注意が必要です。

どうして頼り過ぎや言いなりがNGかというと、希望とかけ離れた仕事を紹介されたり、都合よくあしらわれる可能性があるからです。

基本的に転職エージェントは、「求職者」と「求人企業」のマッチングが仕事です。

しかし、エージェントサービスは人材を紹介するかわりに企業から報酬を受け取る構造になっています。

つまり、エージェント側としては、人材を紹介すればするほど利益を得ることになるので、頼りっぱなしや言いなりになると、

希望に合わない仕事を紹介されて
転職後に後悔した。。。

こんな事態にもなり得るわけです。

とくに、

  • エージェントを初めて遣う
  • 意見を言うのが苦手

こんな方は注意が必要です。

 

転職エージェントを使う場合は、頼りっぱなしや言いなりにならずに自分自身がハンドルを握ることが大切です。

  • 自分の希望はきちんと伝える
  • 疑問点はきちんと確認する
  • 迷った場合は
    一度落ち着いて考えてみる
ゆうき
ゆうき
最低限この3つのポイントを心に留めて、転職活動を進めていきましょう!
転職エージェントが必要な人・不要な人の特徴【迷ったらとりあえず使うが正解】
転職エージェントが必要な人・不要な人の特徴【迷ったらとりあえず使うが正解】 このような悩みを解決する記事です。 ネットを検索すると、様々な転職エージェントがおすすめされて...

失敗しやすい転職エージェントの使い方2:そもそも転職の意図があやふや

ところで、転職する目的はハッキリしていますか?

転職エージェントを活用しても、転職の目的があやふやのままだと転職に失敗してしまいます。

なぜなら、自分に合った仕事を紹介してもらえる可能性が低くなってしまうからです。

 

「転職成功」の定義は、人それぞれ異なります。

例えば、希望の業界に転職を望む人もいれば、年収や待遇アップ、キャリアチェンジを目指す人もいますよね。

もしかすると、パワハラ上司やワンマン社長にウンザリして、転職を考える人もいるはずです。

いずれにしても、「転職の目的」をきちんとキャリアアドバイザーやカウンセラーに伝えておかないと、

  • 当たり障りのない転職先
  • これまでのキャリアの
    延長上にある求人
  • エージェントにとって
    都合の良い求人

などを紹介される可能性が高くなります。

 

転職エージェントの多くは、カウンセリングを通してキャリア分析などをしてくれます。

ですが、個人的な「転職の目的」については、自分自身がきちんと軸を定めることが非常に大切です。

ゆうき
ゆうき
「結局何のために転職をするのか」をよく考えて転職エージェントに求人を紹介してもらいましょう!

失敗しやすい転職エージェントの使い方3:キャリアアドバイザーと相性が悪い

3つ目の失敗しやすい理由は、キャリアアドバイザーとの相性です。

いくら転職エージェントのキャリアアドバイザーが「転職のプロ」と言っても、同じ人間であることに変わりはありません。

そのため、当然「合う・合わない」など相性があります。

  • 意図がうまく伝わらない
  • いつもタイミングが悪い
  • 的外れな回答をもらう

など、転職エージェントのサービスそのものより、キャリアアドバイザーやカウンセラーとの相性が悪いと転職活動のマイナスになってしまいます。

 

同じ転職エージェントでも、正直言っていろいろなキャリアアドバイザーやカウンセラーがいます。

もしも、

  • やる気がない
  • 強引に話を進める
  • 知識不足

こうした担当者に当たってしまうと、当然転職に失敗する可能性は高くなります。

 

なので、転職エージェントで転職を失敗しないためには、キャリアアドバイザーやカウンセラーとの相性、やる気や知識などをきちんとチェックしましょう。

ゆうき
ゆうき
転職エージェントの良し悪しは、キャリアアドバイザーの質に懸かっています!
スポンサーリンク



【これで大丈夫】エージェントを使った転職活動が失敗しない3つのポイント

それでは次に、転職失敗を避けるにはどのように転職エージェントを使うべきかを解説していきます。

  1. 転職する目的を明確にする
  2. エージェント1社にすべてを任せない
  3. 自分に合ったエージェント選びをする

転職する目的を明確にする

先程もお話したように、転職する目的があやふやだと転職に失敗する可能性は高くなります。

さすがの転職エージェントも、そもそものゴールがブレていると、適切なサポートや転職先の紹介はできないからです。

なので、最低限「転職の目的」は明確にしておくようにしてください。

 

転職目的が明確であればあるほど、キャリアアドバイザーやカウンセラーに希望をきちんと伝えられるため、

  • 自分に合う転職先を
    紹介してもらいやすい
  • サポートの質が上がる

といったメリットに繋がります。

 

もしかすると「自分は、目的だけはハッキリしてるから大丈夫」と思う人が多いかもしれませんが、実は転職活動をしているなかで「目的の軸」がブレるケースは多いです。

例えば、

希望する仕事ではないけど、
給料がアップするし休みも多い。
こっちにしようかな。。。

こんな感じで、知らず知らずのうちに目的が二転三転することが多々あります。

もちろん、途中で方向転換するのは絶対にNGというわけではありませんが、目的がブレた転職は転職後に後悔するケースが多いです。

もちろん、途中で方向転換してはいけないというわけではありませんが、軸がブレた転職は、転職後に後悔する可能性が高いです。

 

なので、

  • もっとも大切な転職目的を
    見えるところに貼っておく
    (時々見返しやすいように0
  • 転職で叶えたい希望を
    ランク付しておく

などの工夫をして、転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

ゆうき
ゆうき
キャリアアドバイザーの意見や求人紹介を参考にしつつ、自分がハンドルを握って転職活動を進めましょう!

エージェント1社に頼らない

2つ目のポイントは、転職エージェントは複数利用してみることです。

転職エージェントを1社しか使っていないと「比較」ができなくなります。

比較対象が無いと、本当にその転職エージェントやキャリアアドバイザーが、

  • 良いサービスなのか
  • 信頼できるのか
  • 言っていることが正しいか

などが分かりません。

なので、最初から1社に絞らず、最低でも2〜3社以上は使ってみるのがセオリーと言えます。

 

とくに初めて転職エージェントを使う場合、1社だけだと

サポートってこういうものなんだ
キャリアアドバイザーが言うなら
仕方ないのかも。。。

このように思いがちです。

しかし、別のエージェントに相談してみると、全く違う意見を聞けたり、別の求人を紹介してもらえるなどしてチャンスや視野が広がったりします。

まずは数社に相談してみて、

  • 相性が良さそうな
    キャリアアドバイザー
  • 自分の希望に合う求人を紹
    介してくれるエージェント

を見極める時間を作るのも、転職失敗を防ぐポイントです。

また、「転職エージェントはどこも似たようなものでは?」と思うかもしれませんが、

  • 求人企業との結びつきに差がある
  • 得意不得意な業界がある
  • 同じ求人でも情報量に差がある

など、それぞれに違いがある場合もあります。

極端な例で言えば、あなたは株式会社マイナビの系列会社に転職を希望しているとします。

この場合、マイナビが運営する「マイナビエージェント」を活用したほうが、様々な意味で有利になりやすいのは言うまでもありませんよね。

 

なので、とりあえず1社で安心と思わずに、最低でも2〜3社転職エージェントを登録して比較をしてみてください。

ゆうき
ゆうき
複数転職エージェントを使って、自分にベストなサービスを見極めることからはじめましょう!

自分に合ったエージェント選びをする

エージェントを使っているにも関わらず転職に失敗する人の一部は、そもそも転職エージェントの選び方を間違っているケースが多いです。

実は、自分に合ったエージェントを選んで適切なサポートを得ることが大切なんです。

繰り返しになりますが、転職エージェントにもそれぞれ得意不得意の分野があります。

例えば、20代の求人に強いエージェント、未経験の仕事に特化したエージェントなど特色があったり、地域によっても紹介できる求人にはばらつきがあります。

 

なので、自分の転職活動に合うエージェントサービスに登録しているかどうかで、転職の成功率も大きく変わってきます。

たとえば、20代で未経験の仕事に挑戦するなら、未経験職に強い「ジェイック」を活用してみたり、第二新卒や20代でキャリアアップを目指すなら、20代専門の「マイナビジョブ20’s」を使ってみるのがおすすめです。

逆に、30代以降でキャリアが長い人は、年収アップ率の高い「パソナキャリア」はマスト。スキルや経験に最適な求人へのアプローチがしやすくなります。

ゆうき
ゆうき
自分の状況にあったエージェント選びをすれば、転職の成功率は上がります!
スポンサーリンク



【転職エージェントは転職活動の強い味方】上手につかいこなそう

ゆうき
ゆうき
いかがでしたか?今回は「転職エージェントを使って転職に失敗する理由」「失敗しない3つのコツ」をお伝えしました。
  1. 転職する目的を明確にする
  2. エージェント1社にすべてを任せない
  3. 自分に合ったエージェント選びをする

まずはこの3つを押さえて、転職活動を進めてみてください。

エージェントは、うまく活用すれば転職の強い味方です。自分に合うキャリアアドバイザーと出会えるように準備をしていきましょう。

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>