未経験(フリーター・既卒)の就職

【正社員は無理?難しい!?】フリーターやニートから就職する3つのコツ

【正社員は無理?難しい!?】フリーターやニートから就職する3つのコツ
こんな悩みを解決する記事です
フリーターをやめて
就職したいけど
いまさら無理!?
ニート生活が長いし、
正社員は難しい?
これからどうしよう。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

就職をしたくても、フリーター歴やニート生活を考えると「正社員は無理では?」と弱気になる方は多いのではないでしょうか?

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

正社員は難しい気がしますよね。

 

ですが、「就職したい」と考えているなら、諦める必要はありません。

きちんとコツを押さえて就活をすれば、フリーターやニートにも就職チャンスは巡ってくるからです。

この記事では、僕の就活経験と人事目線を元に、フリーターやニートから就職する3つのコツをまとめました。

  1. フリーターやニートの弱みを
    プラスに変える
  2. 企業側のニーズを理解する
  3. 就職をひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

関連記事:未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】

未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

【フリーターやニートにもチャンスはある】正社員は無理と諦める必要がない理由

本題に入る前に「就職は無理」と考える必要はない理由をお話していきます。

「フリーターだから正社員は難しい」「ニートだから就職なんて無理」と思っていたら、いつまで経っても前に進めません。

まずは、就職を前向きに捉えることから始めましょう。

では、どうして就職を無理と考える必要が無いのでしょうか?

結論を言うと

フリーターやニートでも
就職しやすい仕事があるから

です。

 

きっと、フリーターやニートが就職するのは無理と考える人は、

  • 新卒で就職できなかったら
    人生終わり
  • キャリアに傷がついたら
    巻き返せない
  • フリーターやニートが
    まともに応募できる求人は無い

このように思っているかもしれません。

たしかに新卒よりは就活が難しくなりますし、フリーター・ニート歴が長いと不利になるのは事実です。

しかし、就職は無理というのは間違いです。

未経験者を採用する企業は増えている

近年は、

  • 人手不足
  • 雇用意識の変化
  • 少子高齢化

などの要因で、フリーターやニートなどの「未経験者」を採用する企業は増えています。

とくに中小企業の人手不足は深刻で、日本商工会議所が調査したデータによれば、50%以上の中小企業は人手が足りないとされています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手不足は企業にとって死活問題のため、

  1. 求人が増える
  2. 採用のハードル(難易度)
    は下がる
  3. 未経験者でも
    就職しやすくなる

というように、フリーターやニートにとって就職しやすい環境になるわけです。

 

また、人手不足の割合が高い業界に目を向ければ、フリーターやニートからでも就職しやすい仕事がたくさんあります。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、建設、IT情報系は、慢性的に人手が足りないと言われているので、就職チャンスに恵まれやすい業界です。

こうした業界に目を向ければ、就職が無理ということはありません。

 

さらにフリーターの数も年々減少傾向にあります。

【若年層のパート・アルバイト及びその希望者の推移】

  • 2020年 136万人
  • 2019年 138万人
  • 2018年 143万人
  • 2017年 152万人
  • 2016年 154万人

引用元:総務省統計局・労働力調査より抜粋して掲載

なのでまずは、就活を前向きに捉えることが大切です。

ゆうき
ゆうき
諦めたらゲームオーバーですが、前向きに考えれば就職チャンスはあります!

関連記事:【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点

【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点
【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点 フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。 がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても...

【就職が難しいと不安なら】フリーターやニートの弱みをプラスに変える

ゆうき
ゆうき
ではここからは、フリーターやニートから就職する3つのコツをお伝えしていきます!

まず1つ目は、フリーターやニートの弱みをプラスに変えるテクを身につけることです。

きっと、フリーターやニートの方が「正社員になるのは難しい」「就職なんて無理ゲーだ」と弱気になる背景には、

  • フリーター歴の
    フォローの仕方がわからない
  • ニートになった理由を
    説明できない
  • 職歴やスキルがないのが
    コンプレックスだ

など、「フリーターやニートの弱み」に対する不安があるはずです。

実際に僕も相当悩みました。

しかし裏を返すと、「弱み」をうまくフォロー出来れば就活はグッと楽になるわけです。

 

そこでおすすめしたいのが、フリーターやニート歴などの弱みをプラスに変えるテクニックです。

具体的には、以下3つの流れにそってフォローを組み立てます。

  1. 弱みを認める・理由を説明する
    (信頼を得る)
  2. フリーターやニート生活で
    学んだこと・反省点を述べる
    (学習力のアピール)
  3. 就職したらどんな活躍を
    したいか語る
    (将来性アピール)

例えば面接官に

面接官
面接官
どうして
フリーターに
なったのでしょうか?

と質問された場合は、以下のように回答をします。

  1. フリーターになった理由を
    正直に説明して信頼を得る
  2. フリーター生活で得たこと
    反省点を伝える
  3. 就職してどうしていきたいか
    今後の展望をアピール

質問に答えるだけでなく、反省点や今後の展望を併せて伝えます。

そうすることで、弱みに対する質問を「前向きなアピール」で終えることができます。

「過去から何を学んだか」「今後の意気込み」をきちんと伝えることが大切

基本的に面接官や採用担当者は、フリーターやニート歴に関する質問をすることで、

  • 過去から学べる人材か
  • 素直な人柄か
  • 将来性のある人材か

などをチェックしています。

なので、

  • 正直な回答
  • 何を学んだか
  • 今後はどうしていきたいか

を伝えることを心がければ、面接官の質問を「自己アピール」に変えることができます。

「フリーター・ニート歴があるから正社員は無理だ」と思わずに、「過去から何を学んだか」「今後の意気込み」をきちんと伝えることが大切です。

ゆうき
ゆうき
弱みをプラスに変えるフォローを準備しておけば、就活はグッと楽になります!

企業のニーズを意識すれば正社員は難しくない【フリーターやニートが考えるべきポイント】

2つ目のコツは、企業のニーズを意識することです。

フリーターやニートから正社員を目指す場合、

アルバイト経験は
水増ししたほうがいい?
スキルは盛って
アピールすべきなの?

など、「自分をよく見せたい」という心理が働くはずです。

もちろん、多少の脚色は問題ありませんが、明らかな嘘はNG。

とくにスキルや経験で嘘をついてしまうと、後で発覚したときに困るのは自分自身です。

 

また、自分をよく見せることばかり考えていても、フリーターやニートの就活は難しいケースが多いです。

なぜなら就活は、

  • 企業のニーズ
  • 求職者の能力や人柄

この2つがうまく合致したときに内定が出るからです。

つまり、求人企業(求人を出している会社)が何を求めているかを考えずに就活をしても、うまくはいかないわけです。

フリーター・ニートはやる気とポテンシャル、人柄が重視される

では、フリーターやニートを採用する企業は、求職者に何を求めているのでしょうか?

それは、以下の資質です。

  • 入社意欲の高さ・
    やる気や熱意
  • ポテンシャル(将来性)
  • 人柄(素直で指導しやすい人材)

スキルや経験というよりは、気持ちの部分や人間性を評価するケースが多いと言えます。

転職サイトのリクナビが行った「人事が重視する採用理由」を調査したデータを見ても、やる気や将来性、バイタリティが上位を占めています。

【人事が重視する採用理由ベスト5】

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5
引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

そのため、自分をよく見せたいがためにスキルや経験を盛ってアピールすると、肝心のやる気や人柄が伝わらない場合もあります。

面接官
面接官
未経験者なのに
スキル自慢は疑問だ

指導が難しそうだ。。。

と思われてしまうかもしれません。

なので、就活を成功させるには、企業のニーズを意識して準備を進めてください。

ゆうき
ゆうき
常に応募企業のニーズを考える癖をつけると、面接対策が楽になります!

関連記事:【正直行きたくない】面接が怖いフリーター・ニートのための5つの就活テク

【正直行きたくない】面接が怖いフリーター・ニートのための5つの就活テク
【正直行きたくない】面接が怖いフリーター・ニートのための5つの就活テク 就職を目指すフリーターやニートにとって、面接は大きなハードルですよね。 とくに「面接が怖くてしかたがない」という方...

正社員は無理とひとりで悩まない【フリーターやニートが就活を乗り越えるコツ】

最後のコツは、正社員は無理だとひとりで悩まないことです。

最初にお伝えしたように、フリーターやニートにも就職チャンスはたくさんあります。

無理だと諦めずにまずはトライすることが大切です。

 

しかし、新卒の就活や社会人経験がある転職者と比べてハードルが高いのも事実です。

  • どんな仕事に向いているか
    見当がつかない
  • 面接や書類をクリアできるか
    不安でたまらない
  • どのように企業とやりとりを
    すべきか分からない

など、不安を尽きません。

「そもそも何から手をつけていいかわからない」と悩む人も多いはずです。

実際に僕は書類すら通過しない日々が続き、一度就活を諦めてフリーターに舞い戻った時期があります。

そこでおすすめしたいのは、

  • 就活をひとりで進めない
  • 挫折しない環境を作っておく

ということです。

 

幸い今は、フリーターやニートの就活をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などを利用すれば、就職に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーが無料でサポートをしてくれます。

 

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる