転職の方法

【転職のブランクはどのくらいまでOK?】空白期間のマイナスを乗り切る方法

【転職のブランクはどのくらいまでOK?】空白期間のマイナスを乗り切る方法の画像
ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

「転職先が決まらず空白期間ができてしまった

ブランクって、どのくらいまでなら大丈夫なんだろう!?」

こんな疑問をもっていませんか?

ブランクが長引いてしまうと、転職の採否に響きそうで不安ですよね。

 

この記事では、

  • ブランクが問題視される期間の目安
  • どうしてブランクがマイナスになるのか
  • ブランクを乗り越える転職活動のしかた

以上3つのポイントを解説していきます。

ゆうき
ゆうき
空白期間のマイナスを乗り切るために、本記事を参考にしてくださいね!

転職活動のブランクが問題視される期間の目安は3ヶ月

では、ブランクが問題視されるのは、どのくらいからなのでしょうか。

目安となるのは、ズバリ「3ヶ月」です。

 

厳密に言えば、採用担当者の考え方次第ではありますが、3ヶ月を超えてくると、ブランクがマイナスに働きやすいと考えたほうが無難です。

 

どうして「3ヶ月」かというと、これにはちゃんと理由があります。

転職活動にかかる期間の平均は2〜3ヶ月程度と言われているため、それを超えると問題視されやすくなるわけです。

 

株式会社ジャストシステムが2015年に⾏った「転職経験に関するアンケート」によると、内定が出るまでの期間として最も多かったのは、

「1〜3ヵ⽉ 37.2%」

約4割が、3ヵ⽉以内に転職先を決めています。(※引用元:マイナビエージェント)

 

そのため、3ヶ月を超えてくると、

  • 問題があるからなかなか採用されない人なのかも
  • ブランクが長引いている理由が何かあるのかも

このように、平均値を超えたブランクには、採用担当者が不安を覚えるわけです。

 

ですので、もしも3ヶ月以上の空白がある状態で面接に臨むときは、ブランクをしっかりファローできる答えを用意しておくことが大切です。(ブランクのフォローのしかたについては、後の章で解説します!)

 

逆に、3ヶ月以内の空白なら、ブランクをそこまで心配する必要はありません。

転職には2〜3ヶ月かかるのが普通なので、早めに内定をもらえるようにがんばるのが正解です。

どうしてブランクがマイナスになるのかを知って転職活動を進めよう

ところで、どうしてブランクが転職活動のマイナスになるかご存知ですか?

ひとことで言えば、ブランクが長いと求人企業が不安を覚えやすいからです。

  • 仕事の勘が鈍っていたら困る
  • スキルや知識が遅れていたら即戦力にならないかも
  • ブランク期間いったい何をしていたんだろう

このように、マイナスのイメージを持ってしまうわけです。

 

例えば、仕事を辞めて1年のブランクが空いたとします。

すると、前職でバリバリ働いていた人でも、当然仕事の勘は鈍りますよね。

IT系などの移り変わりの激しい業界にいたっては、1年も空白期間があれば、知識やスキルも古くなってしまいます。

また、ブランク期間分は職務経験が短くなるので、同年代に差をつけられたり、将来性を疑問視されるケースもあります。

 

さらに、そもそも3ヶ月程度で転職を決める人が多いのに、「今まで何をしていのだろう」「怠けていただけでは?」という疑問を持たれやすくなってしまうんです。

 

このように、ブランクがマイナスに働く理由は、「不安感を与えやすい」ということに集約されます。

ですので、ブランクが長い場合は、不安をどうフォローするかをよく考える必要があります。

必ずチェック!ブランクを乗り越える転職活動のしかた

では、ブランクをフォローして転職活動を進めるにはどうしたら良いのでしょうか。

ポイントになるのは、「なにをしていたかをポジティブに伝える」ということです。

 

以下の3つのステップを参考にしてください。

  1. ブランクの理由は隠さない
  2. なにをしていたかをポジティブに説明する
  3. これからどうしたいかを伝える

ブランクをフォローする場合、「それらしい理由をつけてごまかしたほうがいいかも」と考える人は多いと思います。

でも、ブランク理由をあれこれ考えても、空白期間がなくなるわけではないので、あまり意味はありません。

 

理由は簡潔に伝えた上で、ブランク期間に何をしていたかを前向きに伝えることがポイントになります。

 

例えば、

  • 転職活動をしながら資格を取る勉強をしていた
  • スキルアップに役立つセミナーに通っていた
  • 御社の業務に役立つ◯◯の講座を受けた

このように、「転職のプラスになる努力をしていた」と説明するのがおすすめです。

 

もしもこうした努力をしていないのなら、今からでも遅くはありません。

応募する企業や業界に関連した、ブラスになる努力をしてみることをおすすめします。

 

たとえ数日努力しただけでも、プラスの努力をアピールできるのとできないのとでは、求人企業に与えるイメージはガラリと変わります。

「転職活動をしていたが受からなかった」だけではマイナスなので、具体的にどんな努力をしたかを伝えられるように準備しておいてください。

 

そして、「ブランク期間に学んだことや感じたことをどう活かしたいか」をきちんと伝えることも大切です。

 

求人企業は、あなたが具体的にどんな活躍をしてくれる人材かを知りたがっています。

「ブランク期間に学んだことを活かして、入社後はこのような働きをしたい」ということを提示できれば、ブランクもプラスになります。

 

そんなわけで、ブランク期間を乗り越えるには、

  1. ブランクの理由は隠さない
  2. なにをしていたかをポジティブに説明する
  3. これからどうしたいかを伝える
ゆうき
ゆうき

この3つのステップを頭にいれて、ポジティブなフォローをしましょう!

ブランクが長引いているなら転職活動のしかたを変える必要があるかもしれない

ブランクのフォローのしかたは解説しましたが、「そもそも良い転職先が見つからない」という人もいるはずです。

転職先が見つからないと、ますますブランク期間が長引いてしまいますよね。

そんな場合は、転職活動のしかたを変えてみるのがおすすめです。

 

求人の仕入れ先を変えてみたり、求人情報サイトしか使っていないなら、転職エージェントに相談してみましょう。

 

とくに転職エージェントは、求職者を約2ヶ月以内で転職させるイメージでサポートをしています。

ブランクが長引いているなら、自分ひとりのちからで転職活動を進めようと思わずに、転職のプロの力を借りましょう。

転職エージェントについては、『【失敗しない】20代のための転職エージェントおすすめまとめ』というページにまとめているので、参考にしてみてください。

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>