転職の方法

失敗しない!23歳の転職を乗り切るコツ【未経験でもチャンスはある】

23歳で転職は早すぎる?
失敗するのがこわい。。。
転職したいけど、経験もスキルもない
23歳の転職を乗り切るにはどうしたらいいの?

こんな悩みを解決する記事です。

 

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

23歳の転職は、職歴が浅いですし、経験やスキルにも自信がもてないなど、不安ですよね。

転職に失敗しないか、今後のキャリアに傷がつかないか、悩む人は多いはずです。

 

そこで今回は僕の転職経験と人事目線を軸に「23歳の転職を乗り切るコツ」をまとめました。

  • 転職はポジティブに捉える
  • 何を求められているかを知る
  • 面接官の不安を先回りする
  • 転職をひとりで悩まない

実は23歳って、転職チャンスが豊富な時期。未経験職にもどんどんチャレンジできる年代です。

ゆうき
ゆうき
コツを押さえて転職を成功させてくださいね!

23歳の転職をポジティブに捉えることが成功のカギ【転職は早いほうが有利】

1つ目のコツは、「23歳の転職はポジティブに捉えよう」ということです。

 

23歳で転職を考えるということは、

「新卒1年目だけど、仕事が合わない」

「上司や先輩が嫌。人間関係に疲れた」

「がんばって働いてるけど将来が見えない」

このように、どちらかと言えば不平不満を感じて仕事を辞める人が多いはずです。

転職に対しても、

23歳で転職なんて、早すぎるかも。
失敗したらどうしよう。。。

このような不安を感じている人が多いのではないでしょうか。

 

たしかに、転職はリスクがあるので不安な気持ちも理解できます。

でも、転職を成功させるには「前向きな姿勢」を持つことが大切です。

 

なぜなら、前向きな姿勢で臨んだほうが、面接で良い印象を与えやすかったり、自然にポジティブな受け答えができたり、良い流れを引き寄せやすくなるからです。

後ろ向きな気持ちで転職に臨んだら、ネガティブな流れを引き寄せてしまうかもしれません。

 

なので、まずは23歳の転職を前向きに捉えることを心がけましょう。

23歳の転職を前向きに考えるべき理由

実は、23歳の転職を前向きに考えるべき理由もちゃんとあります。

それは、

  • 転職は早いほうが有利になりやすい
  • 第二新卒の需要が高まっている

このような傾向があるからです。

 

まず、転職は「若ければ若いほうが有利になりやすい」という傾向があります。

とくに未経験の仕事に転職する場合は、その傾向が顕著に表れます。

なぜなら、未経験の人材を採用する企業は、

  • 育成のしやすさ
  • 将来性
  • 人物像

などを評価対象にするからです。

バリバリ経験を積んだ30代よりも、未熟な20代のほうに需要があるというわけですね。

 

また、近年は第二新卒の人気が高まっていることも追い風です。

【第二新卒とは】

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

引用元:「第二新卒とは?」マイナビジョブ20’s

 

大手転職サイトのマイナビが調査したデータによれば、第二新卒の採用見通しはここ数年で大きく上昇していることが分かっています。

第二新卒者を積極採用する見通しの企業

  • 43.4%(2012年)
  • 62.2%(2014年)

参照元:マイナビジョブ20s https://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html

 

なので、「23歳で転職するのは早すぎる」と思うのではなく、

今の仕事は向いてないと
気づけてラッキーかも。

このくらいに捉えて転職に臨みましょう。

そもそも、人生ではじめて就職した会社がぴったりフィットすること自体奇跡ですし、働いて初めて「適正」「やりたいこと」は見えてくるものです。

別の道を模索するのは人生に対して前向きな証拠です。

ゆうき
ゆうき
23歳の転職は前向きに捉えて転職活動を進めていきましょう。
スポンサーリンク



何を求められるかを知って23歳の転職に臨む【企業のニーズを理解する】

2つ目のコツは、23歳の転職者は何を求められるかを知って転職に臨むということです。

もしかすると、

「転職活動=自分を能力やスキルをアピールする場」

このように考えている人は多いかもしれません。

もちろん、それも間違いとは言えませんが、、、転職の成功は、

  • 企業側のニーズ(求めるもの)
  • あなたの希望や能力

この2つがうまく合致するかどうかによって大きく左右されます。

いくら経験やスキルがあっても、相手を考えない「自分アピール」はNG。空回りのもとです。

 

つまり、「23歳の転職者は何を求められているか(企業側のニーズ)」をきちんと押さえた上でアピールを組み立てることがとても大切です。

23歳の転職者が求められるのは「入社意欲」「人柄」

では、具体的に23歳の転職者は何を求められているのでしょうか。

参考にしたいのが、マイナビが公開している「第二新卒の採用で重視した基準」を調査したデータです。

「第二新卒の採用で重視した基準」

  1. 入社意欲の高さ     41.5%
  2. 一緒に働ける人材か   36.5%
  3. 社内と合いそうな人材か 33.7%

引用元:(複数回答) 参照元:マイナビ転職

「入社意欲」や「人物像」がTOP3を占めていることがわかります。

 

基本的に企業は、社会人経験やスキルが乏しい23歳の転職者に対して、

  • やる気や熱意
  • 可能性(将来性)
  • 人物像(人柄の良さ)

などを求めているケースが多いと言えます。

 

なので、アピール内容を組み立てる場合は、

「この転職にどれだけ熱い気持ちをもっているか」

「将来的にどんな活躍がしたいか」

「自分はどんな人物か・周りとうまくやっていけるか」

このあたりがきちんと伝わるように意識してみてください。

ゆうき
ゆうき
企業側のニーズを意識することで
相手に与える印象がワンランクアップするはずです。
スポンサーリンク



面接官の不安を先回りしてフォローする【23歳の転職者が与える不安を取り除く】

3つ目のコツは、面接官の不安を先回りしてフォローするということです。

23歳で転職をするということは、現職(もしくは辞めた会社)の勤続年数は浅いですよね。

そのため、企業の面接官や人事担当者に、

面接官
面接官
またすぐに辞めてしまうかもしれないな…
忍耐力に問題がある人かも。。。

このように思われる可能性が高くなります。

面接官や人事担当者にしてみると、採用した人材が早期離職をするのは、もっとも避けたいパターンと言えます。

 

なので、そんな面接官や人事担当者の不安をきちんとフォローできるように準備することをおすすめします。

 

具体的には、

  • 「転職理由をあやふやにしない」
  • 「前向きな転職理由を伝える」

ということが大切です。

例えば、

新卒で内定をもらった会社に入社したが、自分には向いていない仕事で将来が見えなかった。

自分が本当にやりたいと思える仕事が見つかったのでもう一度チャレンジしたい。入社できたら1日も早く戦力となれるようにがんばっていく。

このように、ハッキリ転職理由を伝えたり、前向きな姿勢を示すことをおすすめします。

 

ただし、ひとつだけ気をつけたいのが「わたしはできる人です」というアピールです。

例えば、

  • 「こんなに良い成績を残してきました」
  • 「仕事は先輩よりもできると評判でした」

このように「わたしはできる人」とアピールをしすぎるのは、逆効果になるケースがあります。

面接官や人事担当者にしてみれば、

面接官
面接官
23歳で職歴も浅いのにそんなアピールをされても。。。
「口だけ」かもしれないな。。。

このように思うわけです。

 

23歳で職歴が浅いと、「少しでも自分を良く見せたい」という気持ちはあると思います。

ですが、先にお話したように面接官や人事担当者が23歳の若い転職者に期待しているのは、「熱意」や「素直な人柄」です。

ゆうき
ゆうき
不安や誤解を与えないようにフォローを準備しましょう。

23歳の転職はひとりで悩まないことが大切【

最後のコツは、23歳の転職をひとりで悩まないことが大切だということです。

きっと23歳で転職をするということは、はじめて転職活動をする人がほとんどですよね。

新卒で就活経験があっても、転職はまた別物。わからないことは多いはずです。

「どうやって希望に合う転職先を探したらいいか」

「給料を下げずに転職する方法はあるか」

「求人企業にどんなアプローチをするべきか」

このように、悩みは尽きません。

 

なので、転職エージェントを活用して、「悩まない環境づくり」をすることを強くおすすめします。

 

転職といえば、リクナビNEXTやマイナビ転職などの「求人情報サイト」で求人を探す人が多いかもしれませんが、それだけでは不十分です。

転職エージェントも併用して、キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できる環境を作っておきましょう。

 

例えばゲームの主人公が、たったひとりで武器も持たずにラスボスに挑んだら、、、返り討ちに合うのは目に見えていますよね。

たったひとりでラスボスに挑むイメージ画像

仲間を引き連れて、強い武器を手に入れてからラスボスに挑戦したほうが、勝てる確率はグーンと上がるはずです。

転職もそれと一緒で、エージェントのちからを借りて万全の状態を作ることが大切です。

ゆうき
ゆうき
ひとりで悩んでも答えはでません。エージェントを活用して転職に勝つ確率をあげましょう。
20代に強いおすすめ転職エージェントまとめ【失敗しない活用法も】 この記事を読んでいるということは、 と思っているのではないでしょうか? そんなあなた...
20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>