ニート・無職の就職

ニート・無職でストレスが半端ない【不安で苦しいときこそ就職のチャンス】

ニート・無職でストレスが半端ない【不安で苦しいときこそ就職のチャンス】
こんな悩みを解決する記事です
ニートをしてるけど、
将来が不安。。。
ストレスが半端ない。。。
無職だから
周りの目が気になる
全然気が休まらない

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

ニートや無職は、世間からすれば

  • 好きなことができて羨ましい
  • 家でゴロゴロしているだけ
  • 楽な生き方

このように思われがちですが、実際は大きなストレスを感じている人も多いはずです。

僕もフリーター・無職から就職した経験があり、ストレスフルな毎日を過ごしていたので気持ちはよくわかります。

 

しかし、この「ストレス」を感じたときこそ、実はニートや無職生活を抜け出すチャンスかもしれません。

この記事では、僕の就活経験や人事目線をもとに「ニート・無職でストレスを感じたら考えてほしいこと」をまとめました。

  • ニートや無職を抜け出すチャンス
  • ストレスから開放されたら
    どうなるかを考える
  • ストレスがない就活方法を
    考えてみる
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

ニートや無職生活に大きなストレスを感じているなら現状を変えるチャンス

まず最初に考えてみてほしいのが、ニートや無職生活に大きなストレスを感じているなら「生活を変えるチャンスかもしれない」ということです。

なぜ「生活を変えるチャンス」かというと、大きなストレスを感じたり「こんな毎日はもう嫌だ!」と強く思ったときこそ、新しいチャレンジをする力が生まれるからです。

 

基本的に人間は、現状維持を好む生き物です。

人間には「現状維持バイアス」と呼ばれる、変化を嫌う心理作用が備わっているため、今の状態をできるだけキープしようとします。

つまり、ニートや無職生活が普通になっていると、無意識にニート・無職生活を維持しようとするわけです。

 

例えば、ニートや無職生活に限らず、

  • やめたくてもやめらない
  • いつも同じパターンを
    繰り返してしまう

なんてことは、日々の生活でたくさんありますよね。

これらはすべて、現状維持バイアスのせいかもしれないんです。

この「現状維持バイアス」に打ち勝って現状を変えるには、大きな原動力が必要です。

その原動力となり得るのが、今感じている大きなストレスや「こんな生活は嫌だ!」という強い気持ちなんです。

ストレスが前向きな行動につながる

実際、僕がフリーターや無職から就活をはじめたきっかけも、

  • お金に苦労するのはもう嫌だ
  • 周りに白い目で見られるのは
    うんざりだ
  • このままじゃ彼女もできない

というような、「もう嫌だ!ストレスの限界だ」という強い気持ちでした。

決してポジティブな気持ちがスタートではありませんが、最終的には前向きな行動に繋がったと思います。

 

なので、ニートや無職生活に大きなストレスを感じているなら、このチャンスを賢く活かしましょう。

ゆうき
ゆうき
まずはどんな小さなことでもいいので、ストレスを力に変えてニートや無職を抜け出す一歩を踏み出しましょう!

関連記事:ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】

ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】
ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】 ニートを辞めたいと思っても、なかなか踏ん切りがつかず一歩を踏み出せない人は多いのではないでしょうか? 実は僕もニー...

こんなに違った【ニートや無職のストレスから開放されたら変わった3つのこと】

ではここからは、僕の経験をもとにニートや無職のストレスから開放されたらどう変わるかをお話していきます。

ストレスから開放された未来を考えることで、ニートや無職生活を抜け出すモチベーションになります。

具体的には、次の3つが変わりました。

  1. 周りの見る目が変わる
  2. 経済状態が変わる
  3. 将来性・不安が変わる

周りの見る目が変わる

ニートや無職状態だと、

  • 家族の目が気になる
  • 友人と疎遠になってしまった
  • 外に出歩けない

このように周りの目が気になる人は多いはずです。

僕も無職だった時期は、友人からは孤立、家族と顔を合わすのも嫌なので、ずっと部屋に閉じこもっていました。

なんとなく周りからは冷たい目で見られていた気がします。

やることと言えばゲームやネットくらい。本当は外に出歩きたくても、周りの目が気になって相当なストレスでした。

 

それが就職したあとは、周りの反応が180度変わり、それまでの冷たい視線が嘘のように思えました。

家族は就職したことを「本当によかった」と喜んでくれましたし、友人と対等に話せるようになりました。

周りの目を気にする必要がなくなりました。

 

「正社員として働く」ということは特別にすごいことではありませんが、「フリーターから就職をした」と話すと、

  • 「努力をした」
  • 「がんばった」
  • 「逆境に強い」

と思ってもらえたりもします。

周りの目が変わったこともありますが、就職することで自信がつくのも大きいと思います。

関連記事:フリーター・ニートだからって見下されるのはもう嫌【劣等感を力に変える考え方】

フリーター・ニートだからって見下されるのはもう嫌【劣等感を力に変える考え方】
フリーター・ニートだからって見下されるのはもう嫌【劣等感を力に変える考え方】 フリーターやニートをしていると、他人の見下したような反応が気になりますよね。劣等感を感じる人も多いはずです。 実は...

経済状態が変わる

ニートや無職生活をしている人は、お金に対するストレスを抱えている人も多いはずです。

僕は一人暮らしのフリーターだったこともあり、

  • アルバイトをがんばっても
    生活がギリギリ
  • 貯金がほとんどできず
    将来が不安
  • 遊ぶお金がほとんどない

など、経済状態が散々な状態でした。

とくに、アルバイトをやめて無職状態になったときは、経済的なストレスが半端ありませんでした。

 

それが就職してからは、

  • 定期的に決まったお金が
    入ってくる
  • ボーナスがある
  • 福利厚生がしっかりしている

このように変わり、心理的な安心感が嬉しかったです。

もちろん、「世の中はお金が全て」とは思いませんが、きちんと収入がある生活と全く収入がない生活では、やれることも幸福度も全く違います。

就職することで、経済的なストレスは確実に減ります。

将来性・不安度が変わる

ニートや無職生活をしていると、

  • 「将来が不安」
  • 「老後が心配」
  • 「希望がもてない」

このようなストレスを感じている人も多いはずです。

金融庁が発表した「老後に必要なお金」は、約2,000万円とされています。

もし、ニートや無職で収入が全く期待できなければ、当然ですが将来が非常に不安になりますよね。

 

また、非正規雇用と正社員では生涯賃金(人が一生に稼ぐお金)に雲泥の差があります。

【正社員とフリーターの生涯賃金】

  • 正社員=
    2〜3億円
  • フリーター=
    5000〜8000万円

(引用データ:「フリーターの就活」Jaic より一部引用)

なんと、約4倍から6倍の差がつくとされているんです。

またお金の話になってしまいますが、ニートや無職の不安の多くは、結局は経済的な問題に帰結します。

 

裏を返すと、今頑張って就職をしてきちんと収入を得られるようになっておけば、将来や老後に対する不安はグッと軽くなります。

また、経済面や福利厚生だけでなく、正社員として働くことで、

  • スキルや経験を積める
  • 人脈が広がる

こうしたプラスがあるので、将来の可能性も広がります。

人生に希望がもてないことは、なによりも大きなストレスです。

まずはどんな形でもいいので、一歩を踏み出すことからはじめてみると良いですよ。

【ニートや無職からストレスなく就活をするために知っておきたい3つのこと】

きっとここまでの話を聞いて、

でも、ニートや無職から
就職なんて難しいでしょ?
それ自体がストレスなんだけど。。。

こんなふうに思う人もいるはずです。

 

たしかに、ニートや無職から就活するのは簡単ではありません。

しかし、ストレスから開放されるには今の生活を変える必要があるのは確かです。

僕の経験上、次の3つのポイントをおさえれば、就活のストレスを最小限に食い止めることができます。

  1. 小さな一歩を積み重ねる
  2. ニートや無職生活を
    しっかりフォローをする
  3. ひとりで就活を進めない
ゆうき
ゆうき
これらを参考にアクションを起こしてみましょう!

小さな一歩を積み重ねる

ニートや無職生活が長いと、当然就職のハードルは高く感じます。

やることが山積みで絶望する人も多いかもしれません。

 

そこでおすすめしたいのは、「小さな一歩」を目標に設定することです。

いきなり、「今すぐ内定を取れ」と言われたら大きなストレスですが、「まずは今週中に履歴書を買っておいて」と言われたら、出来そうな気がしますよね。

まずはどんな小さくてもいいので、目標を立てて一歩を踏み出すのがコツです。

 

例えば、

  • 今日は就職サイトに登録を済ませる
  • 明日はスーツと靴を見に行く
  • 今週は最低1時間求人サイトを見る

など、小さな目標を2週間〜1ヶ月程度で設定するのがおすすめです。

僕は自分で決めた目標をノートやカレンダーに書き出して、就活のモチベーションを高めていました。

ひとつだけ注意したいのは、なるべく余裕をもった目標(達成が現実的な)を設定することです。

目標をクリアできず落ち込んでしまうのを避けるためです。

 

大切なのは、

  • 目標をクリアする習慣をつける
  • 前向きに就活を進める
    心理状態にもっていくこと

です。

小さな一歩も1ヶ月続ければ「大きな一歩」になります。ぜひ試してみてください!

ニートや無職生活をしっかりフォローする

ニートや無職の人が就活をするときに最も気になるのは、

面接で無職期間を
質問されたらどうする?
ニートだったことを
どう説明したらいい?

このような不安ではないでしょうか?

僕もかなり悩みました。

 

ここでおすすめしたいのは、ニートや無職期間のマイナスをきちんとフォローできる回答を準備しておくことです。

具体的には、次のような回答の流れを意識すればOKです。

  1. マイナスに対する回答は「簡潔」「正直」に
  2. マイナスから何を学んだか・感じたかを話す
  3. 就職したらどうしたいかを伝える

例えば、

面接官
面接官
なぜ無職期間があるのですか?

と面接官に質問された場合は、以下のような流れで回答を組み立てます。

  1. 無職になった理由を簡潔に回答する
  2. 無職期間で学んだこと・反省点を話す
  3. 就職してどのようにがんばりたいかを伝える

ポイントは、無職になった理由だけを回答せずに、「そこから何を得たか」「今後はどうしたか」を併せて伝えることです。

そうすることで、回答に前向きな印象を残せるわけです。

 

ニートや無職者を採用する企業は、ブランクや無職期間について質問することで、

  • 信頼できる人材か
  • 過去から学べる人材か
  • 将来性はあるか

などをチェックしています。

なので、ニートや無職生活に対する質問はしっかり受け止めて、「何を得たか」「今後はどうがんばりたいか」を伝える準備をしておきましょう。

ひとりで就活を進めない

最後のポイントは、「就活をひとりでがんばる必要はない」ということです。

ニートや無職から就職をするなら、まわりの助けを借りて賢く就活を進めることが大切です。

 

就活というのは、

  • 書類が通らない
  • 面接が緊張する
  • 仕事選びが不安
  • 何から手を付けていいかわからない

など、挫折する要素がたくさんあります。

とくにニートや無職期間があると、モチベーションを保つのも大変です。

せっかく一歩を踏み出しても途中で諦めてしまったら、ますます自信を喪失するはずです。

 

なので、最初からひとりでがんばろうとせず、頼れるものは賢く頼ってストレスの少ない就活環境を整えましょう。

具体的には、就活を相談できるサービスの活用がおすすめです。

例えば、リクナビNEXTやマイナビ転職などを使って仕事を探す人は多いと思いますが、こうした求人情報サイトは、

  • 自力で仕事を探す
  • 面接対策を自分で行う
  • 企業とやりとりをする

というように、就活をひとりでがんばる必要があります。

それではモチベーションを保つのが大変ですし、そもそもなにから手を付けていいかわからない人も多いはずです。

 

なので、就職サービスのなかでも「エージェント系のサービス」を選ぶようにしましょう。

幸い今は、

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

など、無料で就職を相談できるサービスがたくさんあります。

 

とくに就職エージェントは、キャリアアドバイザーやコンサルトと呼ばれる担当者が直接サポートをしてくれるため、

  • 希望に合う求人を
    探してくれる
  • 応募先に合った
    面接対策をしてくれる
  • 不安を相談できる

など、就活のストレスがグッと軽くなります。

僕も就職エージェントを使ったことで、

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 内定までやる気が持続した

などたくさんのプラスがありました。

もしかしたら、

ニートの自分が相談するのは
恥ずかしい。。。
無職だから
どうせ無理でしょ

と思う人もいるかもしれませんが、就職エージェントの担当者は、就職に困った人の相談に乗るのが仕事です。

こちらが遠慮する必要はありません。

 

少しでも「就活をがんばってみよう」と思っているなら、まずはエージェント系の就活サービスに登録することからはじめましょう。

ゆうき
ゆうき
担当者と話すだけでも、就活に対して前向きになれるはずです!

「ニート専門のエージェント」を選ぶことが大切

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる