学校中退

大学中退でも使える転職エージェント3選【就職を叶える活用法も解説】

大学中退でも使える転職エージェント3選【就職を叶える活用法も解説】
こんな悩みを解決する記事です
転職エージェントを使いたいけど、
大学中退してるから不安。。。
大学中退の未経験でも
就職エージェントに
サポートしてもらえる?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

エージェントを使いたくても、どんなサービスに登録すべきか、本当にサポートしてもらえるか、不安になりますよね。

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、同じように悩みました。

 

結論から言うと、大学中退でもエージェント系のサービスは使えます。

しかし、なにも考えずに有名どころのサービスを選ぶのはおすすめできません。

「自分の状況に合ったサービス」を見極めることが大切です。

 

そこで今回は、僕の就活経験と人事担当目線をもとに

  1. 大学中退でエージェントを使うときのコツ
  2. おすすめできるエージェントサービス3選
  3. 就職を叶えるためのエージェント活用法

をまとめました。

ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

大学中退で就職エージェントを使うときのコツ【必ず3つのポイントを押さえる】

すでにお話ししたように、大学中退でもエージェントサービスは登録できます。

下記のような有名な転職エージェントでも、会員になれます。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • doda など

しかし、きちんとサポートしてもらえるかと言えば、「あまり期待できない」というのが実情なんです。。。

これはどうしてかというと、上記に挙げた「大手の総合型転職エージェント」は、主に正社員経験がある転職者を対象としたサービスだからです。

 

例えば、リクルートエージェントの公式サイトには以下のような記載があります。

Q:正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?

はい、ご利用いただけます。

ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。

そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

引用元:リクルートエージェントより一部抜粋

簡単に言うと、「大学中退でも登録はできるけど、職歴がないとサポートは厳しい」というわけです。

マイナビエージェントやdodaにも、同じような記載があります。

 

なので、大学中退で転職エージェントを活用するなら、自分の状況に合ったサービスに登録することが大切です。

以下の3つのポイントを満たしたエージェントを活用しましょう。

  1. 大学中退(未経験者)可の求人が揃っている
  2. 未経験就職のサポートに強い
  3. 中退者を脚切りしない

大学中退(未経験)可の求人が揃っている

まずは、「未経験歓迎」「フリーター可」などの求人がしっかり揃っているサービスを選びましょう。

基本的にエージェントは、

  • 扱っている求人
  • 就活者の希望やスペック

をマッチングしてにサポートを開始します。

求人企業と就活者の架け橋になるイメージですね。

 

つまり、そもそも未経験者を歓迎する求人を扱っていないと、仕事を紹介される可能性は低く、サポートも期待できません。

なので、大学中退可や未経験者歓迎の求人が多いサービスを選ぶことがとても大切です。

未経験就職のサポートに強い

2つ目は、未経験者の就活サポートに強いエージェントです。

例えば同じ会社に転職する場合でも、40代と20代では「面接のコツ」はガラリと変わります。

つまり、サポート方法も異なるわけです。

そのため、大学中退者(未経験者)に特化したサポートができるエージェントのほうが、就活の成功率は高くなります。

 

また、未経験者に強いエージェントのほうが、

  • 中退者向けの就活ノウハウが
    充実している
  • 悩みや不安を相談しやすい

このようなメリットもあります。

大学中退で就活する場合は、未経験者の就職サポート実績をチェックしましょう。

中退者を脚切りしない

最後のポイントは、中退者や未経験者を脚切りしないエージェントです。

先にお話ししたように、「社会人経験がある転職者」を対象としているエージェントを選んでしまうと

  • サポートをしてもらえない
  • 良い求人が回ってこない
  • 放置される

など、いわゆる「脚切り」をされるケースも珍しくありません。

エージェント選びを間違ってしまうと、エージェントにも自分にもメリットはなし。時間も労力も無駄になってしまいます。

 

せっかく勇気を出して登録しても、

  • 仕事を全く紹介されない
  • サポートを断られる

こうなってしまったら悲しいですよね。

なので、大学中退者や未経験者を脚切りしないエージェントを選ぶようにしましょう。

【しっかりサポート】大学中退の就活におすすめできる就職エージェント3選

ゆうき
ゆうき
ではここからは、大学中退の就職におすすめできるエージェント系サービスをお伝えしていきます!

近年は、未経験者に特化したサービスが増えています。

「大学中退者や未経験者」を想定して求人を集めたり、サポートノウハウを蓄積しているので、

  • 大学中退でも内定を取りやすい
  • 未経験でも1から就活を教えてくれる
  • 悩みや不安を相談しやすい

などの特徴があります。

僕自身も未経験専門のエージェントを活用したことで、

  • 書類落ちがガクッと減った
  • 面接に自信がついた
  • 良い条件の求人を紹介してもらえた

などのプラスがありました。

ゆうき
ゆうき
未経験でもしっかりサポートしてくれるエージェントを3社お伝えするので、まずは気になるサービスに登録してみましょう!

未経験者が活用したい就職エージェント

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

 

実は人材業界大手のリクルートにも、大学中退など「未経験者」を対象としたエージェントサービスがあります。

リクルートエージェントほど有名ではありませんが、「就職Shop」というサービスです。

就職shopのイメージ画像

未経験でも応募できる求人を多数紹介してもらえますし、書類選考なしの求人にも応募できます。

カウンセリングも丁寧、大手リクルートならではの質の高いサービスが受けられるのも魅力です。

サポートエリアは以下のようになっています。

東京・神奈川・千葉・埼玉
大阪・京都・神戸

公式サイトでは面談予約ができます。

就職shopの面談予約画像

予約は1分程度で完了するので、まずはキャリアアドバイザーに相談してみると良いですね。

就職shop
公式サイト >>

大学中退から就職を叶えるための【エージェント活用法】

では最後に、大学中退から就職を成功させる3つのエージェント活用法をお伝えします。

就職エージェントは、非常に便利な就活サービスです。

しかし、使い方を間違うとなかなか就職できなかったり、あとで後悔の原因になることも。。。

以下の3つをチェックして、エージェントを120%使いこなしましょう。

  1. まずは良い印象を与える
  2. 相性が合わなければ担当変更してもらう
  3. 任せっきりにせず最後は自分で決める

まずは良い印象を与える

エージェントの担当者と面談などをするときは、良い印象を与える努力をしましょう。

例えば、

  • 身だしなみに気をつける
  • 前向きな発言をする
  • 就職したいという熱意を伝える

このような姿勢でカウンセリングを受けることをおすすめします。

なぜなら、担当者が好印象を持てば、良い求人を紹介される可能性もアップするからです。

 

基本的にエージェントは、求人企業から「こんな人材を探してほしい」と依頼されて求人紹介をしています。

カウンセリングをする段階でエージェントの担当者は、

担当者
担当者
この人にはどんな仕事を
紹介できるかな!?

とチェックしているわけです。

つまり、求職者の印象が良ければ、それだけ良い求人を紹介したくなるわけです。

まずはエージェントの担当者に良い印象を与えて、周りから一歩リードすることを目標にしましょう。

相性が合わなければ担当変更してもらう

言うまでもありませんが、エージェントのキャリアアドバイザーも人間です。

人間である以上、相性が合う・合わないはありますし、単純にやる気がない担当者もいます。

先にお話ししたように、大学中退の就活では時間がかかりすぎるのもNGです。早めの就活が吉です。

 

なので、どうしても話が噛み合わなかったり、違和感を感じて就活が進まないのであれば、

  • 担当者を変更してもらう
  • 別のエージェントに登録する

このような方法も視野に入れることをおすすめします。(担当者変更はエージェントのお客さま窓口などに相談してみましょう)

任せっきりにせず最後は自分で決める

最後のポイントは、エージェントに任せっきりはNGだということです。

きっと、大学中退から就職する方の大半は、就活が不安だからエージェントを活用するはずです。

しかし、だからと言って何も考えずにエージェントの言うがままに就活を進めてしまうと

とりあえず担当者の言う通りに面接を受ける

疑問を感じつつ内定

入社後に自分に合わない職場だと気づいた

このようにあとで後悔するかもしれません。

就活は、「内定=ゴール」ではなく、内定してからがスタートです。

 

ですので、最低限

  • 最後は自分で決める
  • あくまでも自分が就活のハンドルを握る

このような意識をもってサポートを受けてください。

そうすれば、きっと満足できる職場に出会えるはずです。

就活するのは「自分」という気持ちを忘れずに

ゆうき
ゆうき
いかがでしたか?「大学中退の就職を叶えるコツ」を駆け足でお伝えしました!

繰り返しになりますが、エージェントは便利なサービスです。

しかし、「あくまでも就活するのは自分」ということは忘れずに活用してくださいね。

最後に、ご紹介したエージェントサービスのまとめです。

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

【即就職したい・書類選考なしがいい】
【就職Shop】

就職を成功させるエージェント3選を
もう一度チェック