仕事術

【じっくり解決】仕事のやる気がでないときの対処法をまとめてみた

【じっくり解決】仕事のやる気がでないときの対処法をまとめてみた
ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

「仕事をしなくちゃいけないのに、全然やる気がでない」

このように悩んでいる方、実は多いのではないでしょうか?

「やらなきゃマズイ」と頭ではわかっているのに、結局ダラダラと勤務してしまった…

誰でもこんな経験があると思いますが、一向にやる気がでないと、いいかげん自分が嫌になりますよね。

 

そこで今回の記事では、やる気がでないときに試してほしい4つの対処法をまとめてみました。

対処法と言っても、

  1. やる気がでない原因を見極める
  2. その原因に対処する

このようにシンプルな方法なので、身構えなくてOK。誰でもできます。

ゆうき
ゆうき
「やる気がでないから仕事が進まない、どうしよう」と悩んでいるなら、参考にしてください!

仕事のやる気がでない原因1:単純に「やる気」が底をついているケース

ところで、「やる気」の正体って何か知っていますか?

やる気は目に見えないので、「心の持ちよう」「気合でなんとかなる」と思いがちですが、実はその正体は、

  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • セロトニンなど

これらの脳内物質と言われています。

つまり、ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンが不足していたら、「気合でなんとかなる」というわけでもないんです。

 

脳内物質が不足した状態でやる気を出そうとするのは、ガソリン切れの車に「走ってくれ!」と言っているようなもの。

なので、やる気がでないときは、やる気を作る脳内物質の回復を最優先に考えたほうが建設的です。

脳内物質を回復する方法

やる気の源となる脳内物質を回復するには、

  • ゆっくり休む・よく眠る
  • ワクワク・楽しいことをする

これらが有効と言われています。

脳内物質は、きちんと睡眠を取ることで、その働きを徐々に回復します。

そして、ワクワクしたり楽しいことをすると、ドーパミンやノルアドレナリンが増えるので、結果的にやる気も湧いてきます。

 

もしかすると周りからは、「あいつ怠けてる」と思われるかもしれませんが、よく休んで、よく遊び、しっかり睡眠をとると、

「さて、そろそろがんばろうかな」

「休むのにも飽きたな」

「やる気がちょっとでてきた」

こんな感覚になります。

やる気のでないままだらだら仕事するよりは、しっかり「やる気」を回復させたほうが効率も良くなります。

ゆうき
ゆうき
職場によっては難しいかもしれませんが、まずは「しっかり休むこと」を考えてみてください。

(※よく休んでも気分が落ち込んだままなら、精神的な病の可能性もあります。心療内科を受診することも検討してくださいね。)

仕事のやる気がでない原因2:なにを得られるか分かっていないケース

「やる気を出すことで、自分はなにを得られるのか」

これがわからないときも、やる気はでません。

なぜなら、

  • やる気を出す
  • なんらかのリターンを得る

これらはセットになっているからです。

 

「やる気を出したところで何も得られないなら、無駄にエネルギーを消費したくない!」というのが脳の本音なんです。

例えば、

  • がんばっても上司に手柄を横取りされる
  • 仕事を終えても給料が上がるわけじゃない
  • この残業にいったいなんの意味があるんだろう

このように思っていると、人間の脳は「やる気を出す意味がない」と理解するので、モチベーションは下がるばかりです。

やる気が出ないのも当然です。

 

なので、やる気がでないときは、その仕事をすることで、

  • どんな成果を期待できるのか
  • 自分にどんなプラスがあるか
  • ゴールはどこにあるのか

などを明確にするのがおすすめです。

 

成果やプラスのポイントがハッキリしていれば、自然とやる気は湧いてきますし、ゴールまでの距離感がつかめれば、精神的な負担も和らぎます。

ゆうき
ゆうき
「その仕事でなにを得られるか」を考えてみましょう。

仕事のやる気がでない原因3:他のことにエネルギーを使っているケース

例えば、こんなことはありませんか?

上司に頼まれた仕事に取り掛かろうと思ったけど、めんどくさい。

雑用を済ませて、デスクの掃除をしてからでもいいか…。

・・・

雑用も掃除も終わったけど、今日はもう疲れた…明日にしよう。

これは、やる気がでないというより、他のことにエネルギーを使った結果、「やる気がでない」と思い込んでいるケースです。

仕事に使うはずのエネルギーを、代わりに楽な仕事や用事に使ってしまっているんです。もったいないですよね…

 

ここで大切なのは、雑用や仕事以外のことにエネルギーを使ってしまう前に、とりあえず仕事をはじめてみることです。

 

例えば、

  • PCを開いて数行タイピングしてみる
  • 資料をもってきてページをめくる
  • 雑用前に5分だけ仕事をしてみる

こんな感じで、スモールステップを意識してください。

そうすると、数行タイピングするつもりが、気がつくと1ページになっていたり、5分だけのつもりが30分余裕で過ぎている、なんてことになります。

一度仕事をはじめると、脳は目の前の作業に集中する特性があるので、自然とやる気が湧いてくるんですね。

 

また、そもそも何から手を付けていいかわからない仕事は、やる気があってもエネルギーをうまく活用できないので、

  • やることを分かりやすく整理してみる
  • 細かく区切って考える
  • 上司や先輩にやり方を聞いてみる

このように準備しておくことも大切です。

ゆうき
ゆうき
やる気自体が底をついていなければ、とりあえず仕事をはじめてみることをおすすめします。

仕事のやる気がでない原因4:人に認められていない

人間は誰でも、承認要求という「人に認められたい」感情があります。

仕事をがんばったり、良い結果を出すからには、誰かに褒めてもらいたいんですよね。

 

なので、仕事のやる気がでないなら、

  • 自分を認めてくれる人に会う
  • 同じ仕事をする仲間をつくる
  • 社内でそれぞれの進捗を報告し合う

など、他人のちからを借りるのも効果的です。

 

例えば、「ひさしぶりに恩師に会ってみる」でもいいですし、「成績No1になって、彼女に褒められたいからがんばる」でもOK。

ゆうき
ゆうき
自分ひとりでモチベーションを高めるのは難しいので、人に認められるような環境づくりをしてみてください。

 

また、

  • いい成績を出しても一向に評価があがらない
  • 残業をしてがんばったけど誰も認めてくれない
  • 手柄は上司に全て横取りされる

こんな環境を悩んでいる人もいるかもしれませんが、頑張りが報われない職場を変えるのは、個人のちからでは難しいです。

精神的にも疲労するばかりですよね。

 

仕事が好きならまだしも、やる気が出ずに悩んでいるなら、「自分にはどんな転職チャンスがあるのか」を調べてみるのもおすすめです。

どんな転職チャンスがあるかを把握しておけば、いつでも動き出せるからです。

 

転職エージェントに相談すれば、どんな求人に転職できそうかなどの目星はつくので、試す価値はあります。

20代に強いおすすめ転職エージェントまとめ【失敗しない活用法も】 この記事を読んでいるということは、 と思っているのではないでしょうか? そんなあなた...

「自分はいったいなにをやってるんだろう」と思ってしまうと、本格的に心が病んでしまうので、自分の可能性は探っておくことをおすすめします!

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>