仕事を辞めたい

【仕事の悩みを誰にも相談できない】会社を辞めたいときに読んでほしい対処法

【仕事の悩みを誰にも相談できない】会社を辞めたいときに読んでほしい対処法
こんな悩みを解決する記事です
仕事の悩みを
職場の誰にも相談できない
どうしたらいい?
悩みを上司に打ち明けても
どうせ相手にされない
もう会社を辞めたい。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

たったひとりで仕事の悩みを抱えるのは辛いですよね。

本来であれば上司や先輩に相談するのがセオリーですが、

  • 相手にされない
  • 頼りにならない
  • 怒られるのが目に見えている

このような理由で、誰にも相談できない人もいるはずです。

 

そこで今回の記事では、僕の転職経験と人事目線を軸に「誰にも悩みを相談できず会社を辞めたいときの対処法」をまとめました。

  • ひとりで悩むのはマイナス
  • 相談できない人の特徴を知る
  • 相談できる人になるコツ

大切なのは、辞めてしまう前に少しだけ考え方を変える努力をしてみることです。

ゆうき
ゆうき
難しいことはないのでぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

【仕事の悩みを誰にも相談できないと悪い方向へ】ひとりで悩むのはマイナス

きっと、仕事の悩みを誰にも相談できない理由は、

  • 上司や先輩が相手にしてくれない
  • 気を許せる社員・
    同年代の社員がいない
  • 他人に相談できないデリケートな悩み

など、様々だと思います。

しかし、いずれにしてもたったひとりで仕事の悩みを抱え込むのは大きなマイナスです。

なぜなら、悩みを放置すると、

  • 思わぬミスやトラブルに発展する
  • ストレスで心身に影響する
  • 力を発揮できず
    キャリアアップできない

など、様々なマイナスにつながる可能性があるからです。

ひとりで悩みを抱えると、悪い方向へ悪い方向へと考えやすくなり、視野もせまくなります。

 

そこで押さえておいてほしいのは、

仕事の悩みは、適切な相手にきちんと相談することで、突破口になったり解決が可能なことも多々ある

ということです。

ゆうき
ゆうき
まずは「誰にも相談できない」と決めつけずに対処法を考えていきましょう!
スポンサーリンク



【どんな人に多い!?】仕事の悩みを誰にも相談できない人の特徴

ではここからは、「仕事の悩みを相談できない人の特徴」をチェックしていきましょう。

あなたはこんな傾向がありませんか?

  • 常にパーフェクトにこだわる
  • 他人にレッテルを貼っている
ゆうき
ゆうき
当てはまるケースがないかチェックしてみてください!

常にパーフェクトにこだわってしまう

「完璧じゃないと気が済まない」

「完成しないと助けを求められない」

「100%じゃないとダメ」

こんな考え方は、自分にも他人にも厳しい考え方です。

 

完璧を求める人にとって、弱みをさらけ出すのは非常に苦痛なことです。

なぜなら、誰かに悩みを相談するということは、自分の弱さをさらけ出すことに繋がるからです。

つまり、完璧にこだわる人は仕事の悩みを誰にも相談できない状況に追い込まれやすいと言えます。

ゆうき
ゆうき
仕事を完璧にこなそうと努力する姿勢は素晴らしいですが、自分の弱さを素直に認める姿勢も大切です!

他人にレッテルを貼っている

他人にレッテルを貼って、「この人はこうだ」と決めつけてはいませんか?

例えば、過去に何らかの理由で上司から叱責されたとします。

これが原因で、その上司に「すぐ怒る人」というレッテルを貼ったとします。

 

すると、相談する前に「どうせ怒られる」と相手の反応を決めつけるようになります。

つまり、他人にレッテルを貼ってしまう人も悩みを相談しにくくなるわけです。

ゆうき
ゆうき
たとえ怒られたり批判されたとしても、それが一歩前に進む判断材料になるケースもありますよ!

【仕事の悩みや辛い思いを相談できない人へ】相談できる人になる方法

では、仕事の悩みや辛い思いを相談できるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、当然かもしれませんが、誰にも相談できないと決めつけないことが大切です。

  • あの先輩に相談しても
    どうせ無駄だ
  • 怒られるから
    上司に相談するのはよそう

など、最初から相手の反応を決めつけてしまうのはNGです。

 

もちろん、予想どおりの反応が返ってくる場合もありますが、

相談しない=解決の可能性を遮断している

ということでもあります。

 

「仕事の悩みを誰にも相談できない」と悩む人のなかには、身近に「解決策を知っていそうな人」や「解決できそうな人」がいても、最初から相談することを諦めている場合が多々あります。

もったいないことだと思いませんか?

 

怖そうな先輩や上司でも、相談内容が適切であれば、聞く耳をもってくれるかもしれません。

基本的に人間は、頼られると「喜び」を感じる生き物です。

もしもあなたの後輩が仕事上の悩みを相談してきたら、どう思いますか?

きっと、よっぽど嫌いな相手ではない限り、「迷惑だ」「失礼な奴だ」とは思わないはずです。

相談されたことに喜びを感じたり、自分の存在意義に気づくはずです。

ゆうき
ゆうき
まずは「相談できないと決めつけないこと」が第一歩です!

視野を広げる努力をする【仕事が辛いけど相談できない囚われから自分を開放する】

もうひとつおすすめしたいのは、視野を広げることです。

先程、悩みを相談できない人の特徴を挙げましたよね。

  • 完璧をこだわる
  • 批判を恐れる
  • レッテルを貼る

これらはすべて、視野がせまいことが原因のひとつです。

視野がせまく、他の可能性が見えないため、完璧にこだわったり、批判を恐れてしまうわけです。

 

なので、

そもそも完璧なことが
世の中にあるのかな?
批判から得るものも
あるのでは?
自分の考えは
単なる固定観念かも

このように考えて、視野を広げる努力をしてみてください。

 

視野が広がると、意外と簡単に行動を変えることができます。

すると、「誰にも仕事の悩みは相談できない」という囚われから開放され、上司や先輩に相談できるようになるかもしれません。

ゆうき
ゆうき
視野を広げる努力をすれば、ひとりで悩まずに済むかもしれません!
スポンサーリンク



【仕事を誰にも相談できないから辞めたい】まずは転職の見通しを立てる

さてここまで、誰にも相談できないときの対処法をお話してきましたが、

やっぱりどうしても
仕事の悩みは相談できない

いいかげん会社を辞めたい…

と悩む人もいるはずです。

 

そんな場合は、まずはきちんと情報収集をして転職の見通しを立てることが大切です。

いくら仕事の悩みを相談できないからと言って、後先考えずに現職を辞めるのは大きなリスクです。

  • 転職先が決まらず
    ブランクができる
  • 転職を焦ってしまう
  • 経済的に困ってしまう

このような状況になってしまったら、元も子もありませんよね。

 

なので、会社を辞める前にきちんと情報収集をして転職の見通しを立てておくのがおすすめです。

情報収集はエージェント系のサービスを賢く活用する

具体的には、ひとりで転職活動を進めるのではなく、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

有名所では、

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア

といったサービスですね。

これらのサービスは、一切無料で転職サポートを受けることができます。

 

エージェント系のサービスを活用すれば、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料アップは可能か
  • いつが転職のベストタイミングか

などを担当のキャリアアドバイザーやカウンセラーが情報収集してくれます。

つまり、エージェントを活用することで転職の見通しが立ちやすくなり、ひとりで悩まずに済むわけです。

 

転職をひとりで進めるのは、思っている以上に大変です。

情報収集が満足にできなかったり、現職が忙しくて転職を挫折に追い込まれるケースもあります。

ゆうき
ゆうき
エージェントを賢く活用して転職活動を進めていきましょう!

おすすめできるエージェントサービスの特徴

でも、どんなエージェントに
登録したらいいの?

このように思った人もいるかもしれません。

 

それはズバリ、

  • 大手のエージェントサービス
  • 自分の状況に合ったサービス

を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、大手エージェントサービスのほうが

  • 求人数が多い
  • 対応地域が広い
  • 転職ノウハウが豊富
    (企業とつながりが強い)

といった傾向があるからです。

また、例えば「20代専門」「未経験者専門」といった自分の状況に合ったサービスを選んだほうが、求人やサポート内容がマッチしやすいという利点もあります。

ゆうき
ゆうき
最後におすすめできるエージェントを3社お伝えするので、まずはこの中から1〜2社登録しておくと良いですよ!

20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】

マイナビジョブ20’sの画像

マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代専門の転職エージェントです。

24歳から29歳の転職者に特化したサポートを展開しています。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には欠かせないエージェントと言えるので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

全国の転職に対応【パソナキャリア】

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

 

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛けています。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならでは。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方はパソナキャリアを活用しましょう。

パソナキャリアの
公式ページ>>

正社員経験3年未満の転職には【ジェイック】

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>