転職の悩み

【美容師は向いてないかも!?】20代で転職を考えたらやっておきたい3つのこと

【美容師は向いてないかも!?】20代で転職を考えたらやっておきたい3つのこと
お客様とうまくコミュニケーションがとれない
美容師に向いていないのかも。。。
憧れて美容師になったけど、理想と現実にはギャップがあった
美容師を辞めたい。。。
薬品アレルギー!?体質に合わないから美容師は続けられないかも…

このようにお悩みではありませんか?

美容師は常にお客様と接する仕事だけあって、「向いてない」「辞めたい」と思いながらお店に立つのはキツイですよね。「はやくなんとかしたい!」と思いはずです。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

そこで今回の記事では、美容師から転職を考えたときに考えてほしい4つのポイントをまとめてみました。

  1. 転職はキャリアのマネジメント作業
  2. なぜ美容師になったかを思い返してみる
  3. 美容師を辞めるなら「早め」を意識する
  4. 転職活動は一人で悩まない
ゆうき
ゆうき
1つでも参考になれば嬉しいです!

美容師は向いていないと辞める20代は多い【転職はキャリアマネジメント】

もしかすると、「美容師は向いていない」「辞めたい」と思っていても、

「将来が閉ざされる」

「美容師を辞めるのは「逃げ」だ」

「辞めたら仕事がないかも」

このように考えて、なかなか踏ん切りがつかない人もいるはずです。

 

たしかに転職はリスクがありますが、実は美容師という仕事は、離職率がかなり高い職業です。

【美容師の離職率】

  • 入社5年目以上 88%
  • 入社3年目 72%
  • 入社1年目 45%

参考データ:「美容師を取り巻く労働環境」明治大学経営学部卒業論文より一部抜粋させていただきました。

 

一般的に、「新卒者の30%が3年以内に会社を辞める」と言われていますが、美容師はその倍以上が辞めていることがわかっています。

仮に10人同期がいても、1年後には約半分が辞め、3年後には7割が辞めている計算です。

 

また、美容師の平均年齢は28.8歳、平均継続年数は5.4年というデータもあるので、20代のうちに離職する美容師は多いんですね。

もちろん、だからと言って「転職が正解」というわけではありませんが、

  • 本当に「この仕事は向いていない」と心の底から思っている
  • 体が不調になるくらい辞めたいと思っている

というなら、転職を検討するのは自然な流れです。

転職は「逃げ」ではなく「自分のキャリアをマネジメントする作業」だということを頭に置いて、美容師を辞める事と向き合っていきましょう。

ゆうき
ゆうき
たとえ美容師を辞めたとしても、20代のうちなら転職チャンスはたくさんあります。

本当に美容師は向いていない?【なぜ美容師になったかを思い返してみる】

「美容師が向いていない」「辞めたい」と思っていても、美容師をしているほどんどの人は、「美容業界」「スタイリスト」などに憧れてサロンに就職したはずです。

きっとたくさん努力もしたはずです。

 

辞めてから後悔するのは避けたいので、美容師を辞める前にもう一度だけ冷静になって、「自分は本当に美容師に向いていないのか」は考えてみてください。

 

転職をするにしても、次の職場で同じようなことを繰り返さないために、美容師が向いていないと思う原因は、

「今後自分の努力で解決できるか?」

「解決する価値はあるのか、ないのか?」

も考えてみたほうが良いですね。

美容師と関連性が高い仕事に転職したほうが評価されやすい

「美容師が向いていないから転職をする」と心に決めたのなら、「なぜ美容師になったのか」その理由を思い返してみることも大切です。

 

なぜなら、たとえ美容師を辞めるにしても、美容師になった理由が次の仕事探しに活きるかもしれないからです。

例えば、以下のような理由は、美容師以外の仕事でも実現できる可能性があります。

  • 髪を切って人を喜ばせたかった
  • 自分のお店をやりたかった
  • オシャレや美容に興味があった

  • 人を喜ばせる=接客やサービス系の仕事
  • お店をやりたい=将来的に独立できる仕事
  • オシャレや美容=アパレルやエステサロンなど

美容業界とは全く別の仕事にチャレンジするのもひとつの方法ですが、これまでの業務と関連性の高い仕事のほうが、転職では評価されやすいことは頭に入れておきましょう。

美容師が向いていないと思ったら【20代の早めに動き出すことが大切】

美容師を辞めて他業界や別職種に転職する場合は、20代の早めのうちに動き出すことで有利になりやすいということは知っておきましょう。

例えば、「美容師を辞めて安定して働けそうな事務職に就きたい」と思った場合、未経験職へ転職することになりますよね。

基本的に転職は、

  • これまでの経験やスキルを活かせる
  • 即戦力として企業に貢献できる
  • 採用されたらどんな働きができるか

これらをアピールできないと、採用されにくいのが現実です。

なぜなら、新卒の採用とは異なり、

  • 抜けた穴を埋める人材
  • 社内に足りない人材

を確保しようとする企業が多いからです。

 

ただし、20代の若いうちであれば、ポテンシャル(将来性)や若さが評価されることも多いので、未経験職でもチャンスはあります。

とはいえ、20代でも未経験者の採用を狙っている求人件数自体は、25歳、27歳、30歳を境にどんどん少なくなっていきます。

ゆうき
ゆうき
20代の早いうちに動き出して、チャンスが多いうちに転職を進めることは大切です。

美容師を辞めて転職するなら転職支援サービスを活用して情報を集める

美容師の仕事が忙しくて転職活動に割く時間がない
どうやって転職を進めたらいいの!?

このように悩む美容師さんは多いかもしれません。

美容師は長時間労働が当たり前なので、なかなか転職活動が進みませんよね。

 

そこで最低限やっておきたいのは、事前の情報収集です。

「美容師が向いてないから」と言っていきなり辞めてしまうと、

  • なかなか転職先が決まらない
  • 経済的に苦しくなる
  • ブランクをつくる

などのマイナスがあります。

働いている内に、出来る限り今後のプランを立てておくのがおすすめです。(理想としては、在職中に転職先を決めておきたいところです。)

 

情報収集というのは、

  • どんな求人に転職できそうか?
  • 転職後の給料や待遇はどの程度期待できるか?
  • 希望はどのくらい叶いそうか?
  • 今後のキャリアプランは?

このあたりの情報を事前に集めておくという意味です。

 

具体的には、

  • 求人サイト(リクナビNEXTなど)
  • ハローワーク
  • 企業ホームページ
  • 転職エージェント

などのツールを使って、自分に合う情報を収集します。

どんな可能性があるかを知ることで転職プランは立てやすくなるので、今のうちに情報を集めましょう。

 

ただ、美容師として働いている間は、忙しくてなかなか時間が取れない、求人を探すのも一苦労という人が多いでしょうから、転職支援サービスを活用するのがおすすめです。

 

転職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が直接、

  • 希望に合う求人を探して紹介してくれる
  • 企業の詳しい情報をおしえてくれる
  • 面接や書類対策を練ってくれる
  • 企業とのやり取りを代わりにやってくれる

など、転職サポートをしてくれるサービスのことです。

 

これを使って担当者に相談しておけば、働いている間も自分に合う仕事を探してもらえますし、いざ転職をするときもサポートをしてもらえるので安心です。

キャリアアドバイザーに話を聞けば、「転職で希望が叶いそうか」「給料や待遇はどの程度見込めそうか」なども見えてくるので、相談しておくと良いですよ。

20代に強いおすすめ転職エージェントまとめ【失敗しない活用法も】 この記事を読んでいるということは、 と思っているのではないでしょうか? そんなあなた...
20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>