仕事を辞めたい

【向いてない!?大工の仕事を辞めたい】転職を成功させるための3つのコツ

【向いてない!?大工の仕事を辞めたい】転職を成功させるための3つのコツ
こんな悩みを解決する記事です
大工の仕事を辞めたい…
でも転職できるか不安…
体力も精神も限界…
大工を辞めるべきか悩む

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

自分の仕事が「形」となって何十年も残る大工という仕事は、非常にやりがいのある仕事です。

しかし、

  • 危険がつきまとう
  • 仕事がきつい
  • 人間関係が厳しい

などの理由で、「辞めたい」と考える人もいるのではないでしょうか?

 

とは言え、

  • 転職先は見つかるのか
  • なにから手を付けるべきか
  • 本当に辞めていいのか

と悩む方は多いはずです。

そこでこの記事では、僕の転職経験と人事目線をもとに「大工から転職を成功させるコツ」をまとめました。

  1. 大工を辞めたい理由を明確にする
  2. 早めの転職活動を心がける
  3. 大工経験を活かす
ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

【転職活動の軸は何!?】大工を辞めたい理由を明確にしよう

1つ目のコツは、大工を辞めたい理由を明確にすることです。

ひとことで「大工を辞めたい」と言っても、理由は人それぞれですよね。

  • 体力的にきつい
  • 給料が不満
  • 人間関係が悪い

など、自分なりの辞めたい理由があるはずです。

転職を成功させるには、こうした「辞めたい理由=改善したいポイント」をハッキリさせておくことがとても大切です。

なぜなら、転職理由は「転職活動の軸」になるからです。

分かりやすく言うと、例えば、

「体力的にきつい」
転職活動の軸は
⇒内勤の転職先を探す

「給料が不満」
転職活動の軸は
⇒月給○○円以上を目指す

「人間関係が悪い」
転職活動の軸は
⇒職場の雰囲気や上司を
きちんとチェックする

このように「軸」がハッキリすれば、転職活動で目指すゴールが明確になります。

その結果、転職が成功する可能性も高くなります。

 

逆に

とにかく大工を辞めたい…
別の仕事に転職できれば
それでいい…

このように転職理由が曖昧なままだと、

  • どんな仕事を選ぶべきか迷う
  • 給料や待遇に釣られて
    本来の目的を見失う
  • 転職すること自体を迷う

など、転職活動が迷走してしまいます。

せっかく転職できても、あとで後悔する可能性も高いと言えます。

 

なので、まずは最初に「大工を辞めたい理由」をハッキリさせましょう。

ノートやスマホのメモアプリなどに転職理由を書き出して、複数ある場合は優先順位をつけてみてください。

  1. 体力的にきつい
    ⇒内勤の仕事を優先する
  2. 給料が不満
    ⇒次に給料額を優先する
  3. 人間関係が悪い
    ⇒次に職場環境を優先する
ゆうき
ゆうき
転職ですべての不満を改善するのは困難です。なにを優先するかを明確にしましょう!

大工を辞めたい人に多い転職理由とは!?

では、大工を辞めたい人に多い転職理由は、どんなものが多いのでしょうか?

独自のオンライン調査で多かった理由は以下の3つです。

  • 体・精神的につらい
  • 給料が見合っていない
  • 人間関係が悪い

大工の仕事は、いわゆる「ガテン系」です。

朝早く現場に出かけ、一日中体を動かす必要があります。

そのため、

  • 体力に限界を感じる
  • 足腰を悪くする
  • 怪我をしてしまう

など、体の不調を理由に転職を考える人は多いようです。

また、「休日出勤が多い」「忙しいと休みがない」など、労働環境の不満を抱えるケースもあります。

 

他には、親方や先輩との関係がうまく行かず、大工を辞める人も多い印象です。

職人気質の人間が集まるため、上下関係は厳しい傾向にあると言えます。

そして、「仕事内容と給料が合っていない」「現場に出ないと全く稼げない」など、収入面や将来性に不安を感じ転職をしている方もいました。

ゆうき
ゆうき
あなたのどんな理由で転職を考えていますか?一度じっくり考えてみてくださいね!

【転職チャンスを逃さない】大工を辞めたいなら早めの転職活動を心がける

2つ目のコツは、早めの転職活動を心がけることです。

きっと、大工の仕事を辞めたい方の多くは、異業種や異職種といった今とは別の仕事(未経験職など)に転職をしたいはずです。

実は、異業種や異職種、未経験職へ転職をする場合は、年齢の若い人材が有利になります。

なぜなら、企業は経験の無い人材を採用する場合、

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 指導のしやすさ

などを重視するため、若い応募者を優遇するからです。

実際、応募できる未経験職の求人の数は、年齢が上がるにつれて減少することが分かっています。

もちろん、業界や職種によっては年齢を問わない場合もありますし、若ければそれでいいというわけではありません。

ですが、大工を辞めて別の仕事を目指す場合は、早めの行動が転職チャンスを逃さないコツを言えます。

早めに情報収集できる環境を整える

また、基本的に中途採用は、いつどんなタイミングであなたに合う求人が現れるか予測できません。

新卒の場合は採用時期が決まっていますが、中途採用は

  • 社員が辞めた
  • 新規事業を立ち上げた
  • 事業拡大が決まった

など、様々なタイミングで発生します。

なので、例えば「半年後に転職をしたい」という場合でも、早めに情報収集できる環境を整えて、常に求人の動向をチェックしておくことが大切です。

一般的に転職は、早くて2週間、平均的には2〜3ヶ月はかかると言われています。

転職しようと思ってもすぐに転職先が見つからない場合もあるので、早めの転職活動(情報収集)を心がけましょう!

ゆうき
ゆうき
早めに動き出すことで転職チャンスを逃さずに済みます!

【転職を成功させるコツ】辞めたいなら大工経験を活かす

3つ目のコツは、大工経験を活かした転職活動をすることです。

きっと、大工を辞めたい方の多くは、

心機一転して
やり直したい…
別の業界で
1からがんばりたい…

このように思っているはずです。

もちろん、心機一転したり別の業界を目指すのは悪いことではありません。

「1からがんばる!」という意気込みも大切です。

 

しかし、転職活動では「これまでの経験やスキル」が評価対象になります。

なので、大工として培った経験やスキルを活かす姿勢が転職を成功させるカギと言えます。

大工の汎用スキルを活かす

でも、他の業界で
大工のスキルって
役に立つの?

と不安に思った方もいるかもしれません。

そこで考えたいのは、大工の汎用スキルです(ここで言う「汎用スキル」というのは、他の業界や職種に応用可能なスキル・経験を指します)。

スキルや経験を分解すると、他の業界や職種に応用できるものが見つかります。

大工の汎用スキルは以下のようなものがあります。

  • 体力や筋力
  • 発想力
  • 空間認識力
  • チームワーク(協調性)
  • 忍耐力
  • リーダーシップ
  • コミュニケーションスキル

こうしたスキルや経験は、幅広い業界や職種で応用が可能です。

例えば、大工の仕事は肉体労働が中心とは言え、効率的に仕事を進めたり図面を正しく読み取るには、発想力や空間認識力が必要です。

また、建築現場では大勢が協力し合って仕事を進めるため、コミュニケーションスキルや協調性も問われます。

さらに立場が上がるとリーダーシップ能力も磨かれます。

これらは、内勤系の仕事でも必要ですし、どんな仕事でも重宝されるスキルです。

 

なので、「大工を辞めるから、1からやり直すしかない」ではなく、これまでのスキルや経験で何を活かせそうかをよく考えてみてください。

ゆうき
ゆうき
大工経験はあなたの貴重な財産です。その財産を活かして転職活動を進めていきましょう!

【転職リスクを減らそう】大工の仕事を辞めたいならきちんと情報収集する

最後にお伝えしたいのは、転職をひとりで悩まないことです。

先ほど、「早めの転職活動が大切」とお話しました。

しかし、転職活動をすると言っても、

  • 仕事選びがわからない
  • 転職活動をする時間がない
  • そもそも転職に自信がない

など、なかなか一歩を踏み出せない方は多いはずです。

転職は人生は大きく左右するため、悩みますよね。。。

 

また、大工の仕事を辞めてしまうと、

  • 収入が途絶える
  • ブランクが生じる
  • 転職を焦ってしまう

など、非常にリスキーです。

僕もはじめて転職をしたときは、相当悩みました。

 

そんな経験から言えるのは、まずは最低限の見通しを立てたほうがいいということです。

情報収集をして転職活動の見通しを立てる

実は、きちんと情報収集をすれば、

  • どんな職場が自分に合っているか
  • 給料は上がるか
  • 今転職すべきタイミングか

など、ある程度の見通しが立ちます。

そうすれば、転職に失敗するリスクは大幅に減ります。

 

転職の不安は、「この先どうなるかわからない」という不透明な将来にあります。

なので、在職中にきちんと情報収集をして、転職活動の見通しを立てることが大切です。

具体的には、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

例えば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などをエージェントの担当者がプロの目線でアドバイスをくれます。

 

基本的にエージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせ等をして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを知っている存在です。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

転職(中途採用)は、一斉採用の新卒と異なり、いつどんなタイミングで良い求人が出るか予測できません。

また、転職には2〜3ヶ月かかるケースが多いため、常に情報収集できる環境を作っておくことで転職の成功率は上がります。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担が軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して、どんな可能性があるかを探ってみましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>