転職の悩み

【興味がない仕事は辞めていい!?】転職するならやっておきたい5つのこと

【興味がない仕事は辞めていい!?】転職するならやっておきたい5つのこと
こんな悩みを解決する記事です
仕事に興味をもてない。。。
そんな理由で
辞めてもいい!?
やりたい仕事ができない
興味がない仕事を辞めて
転職したい。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

いくら仕事とは言え、興味がない業務を毎日続けるのは辛いですよね。

モチベーションは上がらず、「続けても先が見えない」と将来が不安になるのではないでしょうか?

 

とは言え、なかなか転職に踏み出せない人は多いはずです。

そこで今回の記事では、管理人の転職経験と人事目線をもとに「興味がない仕事を辞めて転職するならやっておきたいこと」をまとめました。

  1. 転職しか解決策がないか考える
  2. 興味がない仕事を続ける
    マイナスに目を向ける
  3. 仕事に興味がない理由を明確にする
  4. 早めに転職活動を進めておく
  5. ひとりで転職を悩まない
ゆうき
ゆうき
わかりやすくお伝えしていくので参考にしてもらえると嬉しいです!

【最初の1歩】興味がない仕事を辞めたいなら転職しか解決策がないのかを考える

まずはじめにやっておきたいのは、転職しか解決策が無いかを考えてみることです。

興味がない仕事を続けるのは苦痛ですが、実際のところ、転職には必ずリスクがあります。

例えば、

  • 希望の仕事に就けない
  • 給料が下がる
  • 職場環境が悪くなる

このような可能性があり、今よりも良い職場に転職できるかどうかは未知数です。

また、きちんと情報収集をして転職をしないと、同じことを繰り返してしまったり、職を転々とするとジョブホッパーのレッテルを貼られる場合もあります。

20代でジョブホッパーになるのはリスキー?【知っておきたい転職回数の考え方】
20代でジョブホッパーになるのはリスキー?【知っておきたい転職回数の考え方】 こんな悩みを解決する記事です。 ジョブホッパーは、 「転職を繰り返して(ジョブホッピング...

なので、早まって仕事を辞めるのではなく、必ず転職以外の解決策がないかを考えることは大切です。

  • 仕事を好きになる可能性はないか
  • どうしたら興味が湧くか
  • 転職以外のアイデアはないか

など、現職で解決策を探ってみましょう。

そのうえで、

やっぱり転職するしか
問題は解決できない

と思えたら、きっぱり転職をしたほうが後悔はないはずです。

 

当たり前の話ですが、基本的に転職は、転職するしか問題が解決できない場合に実行すべきです。

「興味がない仕事を辞めていいのだろうか?」と悩むのではなく、

転職しか問題は解決できないだろうか?

という視点で転職と向き合うのがおすすめです。

スポンサーリンク



【転職に踏み出せないなら】興味がない仕事を続けるマイナスを知る

転職を心に決めても、

  • 一歩踏み出す勇気がもてない
  • なかなか転職活動をする気にならない
  • 退職する決意がもてない

このように悩む人もいるはずです。

そんなときは、興味がない仕事を続けるマイナスに目を向けてみましょう。

迷いを断ち切るきっかけになるかもしれません。

  • 成長が鈍ってしまう
  • ストレスが溜まりやすい
  • 将来が見えない

仕事に興味がないと成長が鈍ってしまう

興味がない仕事を続ける大きなマイナスは、成長が鈍ってしまうことです。

 

例えば、こんな2人の社員がいたとします。

好きな仕事を
前向きにがんばるAさん

仕事に興味をもてず
適当に働くBさん

3年後、もしくは5年後、2人はどうなっているでしょうか?

言うまでなく、Aさんのほうがグッと成長している可能性が高いです。

給与や待遇にも大きな差があるかもしれません。

 

つまり、同じ時間を仕事に費やすにしても、仕事に興味があるか無いかでその後のキャリアは大きく変わってしまいます。

興味がない仕事を続けることで「成長の機会を失うリスクがある」ということは頭に入れておきましょう。

仕事に興味がないとストレスが溜まりやすい

仕事にストレスはつきものですが、興味のない仕事は特別ストレスが溜まりやすいと言われています。

なぜなら、興味をもてない仕事は「やらされている感覚」が強いからです。

会社から給料をもらうための作業、いわゆる「我慢料」のためだけに働くことになってしまうわけです。

 

もちろん、どんな仕事も大なり小なりプレッシャーはありますし、人間関係や納期などでストレスは生じます。

ですが、興味がない仕事と興味がある仕事では、ストレスの感じ方に雲泥の差が出ることも知っておきましょう。

仕事に興味がないと将来が見えなくなる

興味がない仕事をしていると、将来が見えなくなるのも大きなマイナスです。

例えば、

  • 仕事を続ける意味がわからない
  • 出世しても責任が増えて後悔しそう
  • いつまでこの会社にいたらいい?

など、将来が憂鬱になります。

仕事に対するモチベーションは下がり目標を見失うので、足踏み状態を続けることになってしまいます。

 

もしも今、20代や30代なら、これから30年以上は仕事をする可能性が高いですよね。

それなのに、将来が見えず足踏み状態を続けるのは、非常に苦しい働き方です。

50代や60代になってから、「あの時に転職をしていたら」と後悔しても時すでに遅しです。

ゆうき
ゆうき
この機会に「3年後に自分はどうなりたいか」をじっくり考えて、転職と向き合ってみることをおすすめします!
スポンサーリンク



【転職理由が軸になる】仕事に興味がない理由を明確にする

3つ目にやるべきことは、仕事に興味がない理由を明確にすることです。

「仕事に興味がない理由」、つまり転職理由をハッキリさせることが大切です。

 

どうして転職理由を明確にすべきかというと、転職理由は「転職活動の軸」になるからです。

転職理由がハッキリすることで、

  • 転職先選び
  • 書類や面接対策

がグッとしやすくなります。

 

例えば、転職の面接で「前職を辞めた理由」を聞かれたときに、「前職には興味をもてなかった」と不満を打ち明けるわけにはいきませんよね。

最低限、転職先のどんな部分に興味をもち、どんな貢献ができるかをアピールする必要があります。

  1. 仕事に興味がない
  2. 毎日つらい・将来が不安
  3. だから転職する

と考えるのは当たり前ですが、

  • どうして仕事に興味が湧かないのか
  • 逆にどんな仕事に興味があるのか
  • 転職でどんな問題を解決できるか

これらをハッキリさせることで、転職活動の軸ができます。

 

「仕事に興味がないから転職する」ではなく、興味がない理由の深堀りや興味が持てる仕事についてきちんと考えておきましょう。

ゆうき
ゆうき
転職理由の明確化は、転職成功と失敗の分かれ道になります!
スポンサーリンク



【情報収集がカギ】興味がない仕事を辞めるなら早めに転職活動を進める

次にやるべきは、早めに転職活動をはじめることです。

転職活動と言っても、後先考えずにすぐに会社を辞めるのはNG。

在職中に情報収集を進めていきましょう。

 

どうして早めに転職活動をはじめたほうが良いかというと、

  • いつ良い求人が出るかわからない
  • 未経験職への転職は
    年齢が若いほうが有利になりやすい

という理由があるからです。

 

基本的に転職は、求職者や企業の足並みが揃った就活とは異なり、どんなタイミングで良質な求人が出るかはわかりません。

ポジションが空いたり、新規事業がスタートするタイミングで求人を出す企業が多いため、常に情報収集をしてアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

 

また、現職に興味がない人は、未経験の業界・職種に転職するケースも多いですよね。

実は未経験職への転職は、年齢が若いほうが有利になる傾向があります。

なぜなら、未経験者を採用する企業は、

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 指導のしやすさ

などを重視するため、なるべく若い人材を欲しがるからです。

 

なので、興味がない仕事を辞めるのであれば、早めに転職活動はスタートさせましょう。

ゆうき
ゆうき
今日から情報収集できる環境を作って、転職チャンスを逃さないように準備をしましょう!
スポンサーリンク



【興味がない仕事を辞めて転職するか悩んだら】転職はひとりで悩まないのが鉄則

最後にお伝えしたいのは、ひとりで悩まないことです。

ここまで「転職に向けてやるべきこと」をお話しましたが、やはりまだ不安を感じる人は多いはずです。

  • 本当に転職できるのか
  • どのように面接対策をしたらいいか
  • そもそも辞めていいか

など、悩みは尽きないと思います。

僕もはじめての転職は相当悩んだので気持ちはよくわかります。

 

そんなときに大切なのは、転職を決してひとりで乗り切ろうとしないことです。

ひとりで悩んでしまうと、悪い方向へと考えがちですし、悩むほどに一歩踏み出すのが怖くなります。

なので、頼れるものは頼って、転職活動を有利な状態にもっていくのがおすすめです。

エージェント系の転職サービスを活用する

幸い今は、無料で使える転職サービスが充実しています。

具体的には、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などを知ることができるため、転職の不安を軽減することができます。

 

また、エージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせをするなどして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを教えてくれたりもします。

 

転職に対する不安は、「今後の見通しが立たない」「転職活動の進め方に自信がない」というケースがほとんどです。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担はグッと軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
使えるものは上手に活用して転職活動を有利に進めていきましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

でも、どんなエージェントに
登録したらいいの?

このように思った人もいるかもしれません。

 

それはズバリ、

  • 大手のエージェントサービス
  • 自分の状況に合ったサービス

を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、大手エージェントサービスのほうが

  • 求人数が多い
  • 対応地域が広い
  • 転職ノウハウが豊富
    (企業とつながりが強い)

といった傾向があるからです。

また、例えば「20代専門」「未経験者専門」といった自分の状況に合ったサービスを選んだほうが、求人やサポート内容がマッチしやすいという利点もあります。

ゆうき
ゆうき
最後におすすめできるエージェントを3社お伝えするので、まずはこの中から1〜2社登録しておくと良いですよ!

20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】

マイナビジョブ20’sの画像

マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代専門の転職エージェントです。

24歳から29歳の転職者に特化したサポートを展開しています。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には欠かせないエージェントと言えるので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

全国の転職に対応【パソナキャリア】

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

 

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛けています。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならでは。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方はパソナキャリアを活用しましょう。

パソナキャリアの
公式ページ>>

正社員経験3年未満の転職には【ジェイック】

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

 

いかがでしたか?

興味がない仕事を辞めて転職をするなら、

  • 転職しか解決策がないか考える
  • 興味がない仕事を続ける
    マイナスに目を向ける
  • 仕事に興味がない理由を明確にする
  • 早めに転職活動を進めておく
  • ひとりで転職を悩まない

これらをおさえて、転職と向き合ってみてください。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して情報収集ができる環境をつくることをおすすめします!
紹介したエージェント一覧

20代で転職をするなら
⇒マイナビジョブ20’s

30代以降の転職は
⇒パソナキャリア

スキルや経験に不安がある・第二新卒
⇒ジェイック(JAIC)

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>