未経験(フリーター・既卒)の就職

フリーターや既卒者の価値・就活で有利になるポイントを解説【知らないと損】

フリーターや既卒者の価値・就活で有利になるポイントを解説【知らないと損】
こんな悩みを解決する記事です

フリーターの自分には
価値がある?
雇ってくれる会社なんて
あるのかな。。。

既卒の就活を
有利に進めるには
どうしたらいい!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

フリーターや既卒で就活する場合、ライバルには、

  • 中途採用を狙う転職者
  • 社会人経験がある第二新卒者(新卒で就職後、約3年未満で転職をする人たちのこと)

もいます。

そんな人たちと自分を比べると、自信がもてなくなる人もいるのではないでしょうか?

僕もフリーターから就職した経験があるので、不安な気持ちはよくわかります。

 

実際、「既卒者やフリーターはお断り」という企業もありますし、「社会人経験必須」という求人もあります。

「就活は厳しい…」と思うのもおかしなことではありません。

 

しかし、考え方次第で、フリーターや既卒者ならではの

  • 有利なポイント
  • 人材価値

を見出せることをご存知でしょうか?

ゆうき
ゆうき
詳しくお話していくので、就活の参考にしていただけると嬉しいです!

関連記事:早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】

早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】
早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】 「早く就職したい!」と思っていても、不安な気持ちが邪魔をして、なかなか1歩を踏み出せない人は多いかもしれません。 ...

【既卒・フリーターが就活で有利な点】すぐに働ける・力を100%注げる

フリーターや既卒者が
就活で有利になる点って
そんなのある!?

と思った方は多いかもしれません。

しかし、視野を広げればしっかり有利なポイントがあるんです。

それはズバリ、「すぐに働けること」です。

 

基本的に新卒は、入社時期を前倒しにはできません。転職者も現職(前職)の退職時期を見計らって転職をしなくてはいけません。

その点フリーターや既卒者は、かなり柔軟なスケジュールを組むことができます。

これが、就活において大きな価値・有利ポイントになります。

 

わかりやすいように、僕が就活したときのエピソードをご紹介します。

同時期に、学生時代の友人(新卒で就職済)が2年ほど勤めた会社を辞めることを決め、転職活動をしていました。

そしてこんな話をしました。

僕:どう?転職活動は進んでる?

友人
友人
何社か書類は通過して面接までいったんだけど、面接日が上手く合わせられなくてさ。。。

僕:そっか、仕事忙しいの?

友人
友人
面接のたびに休めないし。その点は、おまえはいいよね、、、スケジュール自由そうだし(笑)

僕:そんなことないんだけど…

このように友人のAくんは、

「面接のスケジュール調整が難しい」

「転職エージェントのやりとりもめんどくさい」

「仕事が忙しいからとにかく大変だ」

と愚痴をこぼしていました。

 

それに比べて当時フリーターだったぼくは、就活していることをアルバイト先にも伝えていたので、スケジュールは組み放題でした。

  • バイトより就活の面接が優先
  • 採用されたら即勤務してOK

という感じで、余裕をもって就活をすることができました。

 

つまり、フリーターや既卒者のほうがスケジュールを柔軟に組めるので、

  • はやく面接をしたい
  • すぐ働いてほしい

という求人企業にとっては、価値があるわけです。

有利な点は積極的に生かす

求人企業によっては、

  • すぐに人がほしい
  • 未経験でもいいから採用したい
  • 新卒の入社時期までは待てない
  • 既卒で良い人材を探している

など、すぐに働ける人材に対する需要が一定数あります。

ここにフリーターや既卒者はぴったりフィットします。

なので、「すぐに働ける」という価値は積極的に生かすことが大切です。

  • 即勤務OKを応募書類でPRする
  • 企業とのやり取りは素早く行う
  • 就職エージェントを使うならスピーディーに対応する

などを心がけましょう。

レスポンスが良く、求人企業のニーズに応えられる求職者は、フリーターや既卒者でも必ず重宝されます。

スポンサーリンク



【フリーターや既卒者の価値】求人企業はなにを期待しているかを考える

フリーターや既卒者には
価値なんて無いでしょ!?

と思う方は、求人企業は求職者に何を期待しているかを知ることが大切です。

現在は、人手不足や学歴に依存しない採用が増えている影響で、フリーターや既卒者を採用する企業は増えています。

「そんな企業は求職者に何を期待しているのか」を知れば、フリーターや既卒者の価値も見えてきます。

 

ズバリ、フリーターや既卒者を採用する企業が求めているのは以下のような人材です。

  • ポテンシャルのある人材
  • 考え方が柔軟な人材
  • やる気や熱意がある人材
  • 周りとうまくやれる人材

一言で言えば、「育てやすく人間的に好感のもてる人材」を求めています。

 

実際、僕が働いた会社に社員してくる新人は、ほぼ100%「素直に話を聞く人」「素直に行動できる人」でした。

もちろん、経験やスキル、資格といった「自分だけの価値」を磨くことも必要ですが、まずは「既卒・フリーターを受け入れる企業が求める価値」をきちんと押さえて就活を進めましょう。

関連記事:【フリーターやニートの就職に資格取得はあり!?】知っておきたい資格の見極め方

【フリーターやニートの就職に資格取得はあり!?】知っておきたい資格の見極め方
【フリーターやニートの就職に資格取得はあり!?】知っておきたい資格の見極め方 就職を考えているフリーターやニートの方のなかには、「資格を取れば就活が有利になるの?」と悩む方は多いかもしれません。 ...

「すぐに働ける」「フリーターや既卒の価値」を最大限に活かすために

いかがでしたか?

フリーターや既卒者の有利なポイント・価値をお話ししてきました。

まとめると以下の通りです。

  • 「すぐに働けること」が有利になる
  • 「育てやすく人間的に好感の持てる人材」に価値がある

フリーターや既卒の価値や有利になるポイントを最大限に活かすには、ひとりで就活を進めないことも大切です。

客観的なアドバイスを受けることで、就活でアピールすべきポイントが見つかる場合も少なくありません。

エージェント系のサービスを活用して、キャリアアドバイザーやコンサルタントのサポートを受けるのも一つの方法です。

以下の記事では、信頼度が高くサポートが手厚い「未経験者の就活に特化した就職エージェント」をまとめています。

ゆうき
ゆうき
併せて読んでもらえると嬉しいです!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...
未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる