ニート・無職の就職

ニートや無職の24歳が就職するコツをまとめてみた【諦めなければ大丈夫】

ニートや無職の24歳が就職するコツをまとめてみた【諦めなければ大丈夫】

9

こんな悩みを解決する記事です
24歳でニートは
やばいかも。。。
就職してこの状況を変えたい…
無職のまま
24歳を迎えた。。。
そろそろしっかりしたい

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

就職したい気持ちはあっても、「24歳で無職・ニートの自分には無理かも」と不安に思う人は多いはずです。

実は僕もフリーターから就職しましたが、同じように悩んだ経験があります。

 

しかし、今になって思うのは、きちんとコツをおさえて就活をすれば、24歳の無職・ニートには就職チャンスがあるということです。

まずは、諦めずにトライすることが大切です。

この記事では僕の就活経験と人事目線をもとに24歳の無職やニートから就職するコツをまとめました。

  1. 就職できないという思考を変える
  2. 「今すぐ」動き出す
  3. 最低限の自己分析をする
  4. マイナスをフォローする
  5. 不安や悩みをひとりで抱えない
ゆうき
ゆうき
難しく考えずにこれら5つのコツをおさえて一歩踏み出してみてください!

【チャンスはある】24歳の無職やニートは就職できないという思考を変える

1つ目のコツは、メンタルに関することです。

きっと、24歳で無職やニート状態の方の多くは、

  • 就職なんてできない
  • どこも雇ってくれない
  • 就職先はブラックばかり

このように、就職をネガティブに考えているのではないでしょうか?

たしかに無職やニートから就職をするのは、決して簡単なことではありません。

トントン拍子に進まない場合がほとんどです。

 

ですが、最初から

24歳の無職を
雇う会社なんて
あるわけないよね…

と弱気になっていたら、受かるはずの企業も受からなくなってしまいます。

気持ちの部分が後ろ向きになっていると、採用担当者や面接官にやる気や熱意も伝わりません。

さらに、せっかく就活をはじめても、挫折する可能性が高くなってしまいます。

 

なのでまずは、24歳の無職やニートからでも就職チャンスはあるというメンタルに変えることが大切です。

知っておきたいニートや無職者の就職率と就活の現状

でも、どうしたら
前向きになれるわけ!?

と思いますよね。

そこで知ってほしいのが、「ニートや無職者の就職率」「就活の現状」です。

以下は、労働政策研究・研修機構が1年前に無業者(ニートや無職)だった人の現在の職業を調べたデータです。

【大学卒者(男性)】

  • 正規の職員・従業員 30.4%
  • パート・アルバイト 12.0%
  • 派遣社員 2.4%
  • 契約社員などその他 5.8%
  • 自営業・自営手伝いなど 1.3%
  • 家事等 0.8%
  • 求職者 27.4%
  • 非求職無業者(ニート) 18.4%

【大学卒者(女性)】

  • 正規の職員・従業員 29.4%
  • パート・アルバイト 13.1%
  • 派遣社員 7.2%
  • 契約社員などその他 12.5%
  • 自営業・自営手伝いなど 0.3%
  • 家事等 0.4%
  • 求職者 14.7%
  • 非求職無業者(ニート) 20.8%

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(データの一部抜粋)

データを見ると、1年前に無職やニートだった人の約30%は正社員として働いていることがわかります。

契約社員やパートなどを合わせると、約半数の人はなんらかの職を得ている結果です。

つまり、現在はニートや無職の方も1年後には2人に1人は働いているわけです。

こうした事実を知ると、「24歳の無職やニートは就職できない」というのは間違いだと理解できるはずです。

むしろ、就職チャンスがあると思いませんか?

無職やニートなどの未経験者が就職しやすい状況も生まれている

また近年は、

  • 人手不足
  • 雇用の変化

などの要因で、無職やニートなどの未経験者が就職しやすい状況になっています。

日本商工会議所が調査した「人手不足に関するデータ」によると、なんと50%を超える中小企業が人手不足に陥っていることが分かっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手不足の企業が多いということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用ハードルが下がる
  3. 未経験者を積極採用

このような循環が生まれるため、無職やニートから就職目指す人にとっては追い風です。

 

さらに近年は、大卒新卒者よりも「第二新卒」や「高卒新卒者」を求める企業が多いというデータもあります。

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

これは、「新卒カード」や「学歴」にこだわらない企業が増えた裏返しです。

つまり、24歳で無職やニートから就活する人にもチャンスがある証拠と言えます。

 

なので、まずは就職に関するネガティブな考えは捨てて、メンタルを前向きに整えて就活を進めていきましょう。

ゆうき
ゆうき
「頑張れば巻き返しはできる」と就活をポジティブに考えることが大切です!

関連記事:ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】

ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】
ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】 正社員で就職したくても、 そもそも働いた経験がない スキルや資格がない 人付き合いにも自信がな...

【後回しはNG】24歳の無職やニートの就活は今すぐ動き出すことが大切

2つ目のコツは、今すぐに動き出すことです。

お伝えしたように、24歳の無職やニートからでも就職チャンスはあります。

ですが、そのチャンスは時間が経てば経つほど減っていきます。

 

例えば、無職やニートの方が応募することになる「未経験者歓迎」の求人は、年齢が高くなるにつれてどんどん減少すると言われています。

職種や業界にもよりますが、早ければ25歳を境に応募可能な求人は減り始めるわけです。

応募できる求人が減るということは、

  • 仕事が選べなくなる
  • 就職チャンスが減る
  • 競争率が上がる

など、なにひとつ良いことはありません。

 

また、基本的に未経験者を採用する企業は、年齢の若い人材を欲しがる傾向にあります。

なぜなら、未経験者の採用では、

  • 将来性
  • やる気・熱意
  • バイタリティ
  • 指導のしやすさ

などを重視するため、年齢が若い人材のほうが魅力的に映るからです。

逆に言えば、24歳で年齢が若いうちはそれだけでアドバンテージ(優位性)になるということです。

 

なので、少しでも就職を考えているなら、後回しにはせず「今」就活をスタートさせましょう。

非常にシンプルなことですが、早く動けば動くだけ有利な状態で就活を進めることができます。

ゆうき
ゆうき
あとで後悔しないためにも、今日から就活をスタートさせましょう!

【必ずやっておきたい】24歳の無職やニートの就職は自己分析が大切

3つ目のコツは、最低限の自己分析をして就活に臨むことです。

ここで言う「自己分析」は、以下の3つのポイントを整理しておくことです。

  1. 自分はどんな人間なのか
  2. 就職で優先するポイント
  3. 就職後は何をしたいか

どうして上記の自己分析が大切かというと、たとえ24歳のニートや無職から就活をする場合でも、企業側に自分の考えや希望をきちんと伝えることが大切だからです。

例えば、

  • わたしは◯◯が得意
  • 興味がある分野は◯◯
  • アルバイト経験から
    ◯◯を学んだ
  • 就職したら◯◯を
    がんばりたい

など、自分の魅力や考えはハッキリ説明できるように準備しておきましょう。

そうすることで、採用担当者や面接官は好印象をもちやすくなります。

「なんでもいい」「とにかく就職できればいい」という姿勢はNG

逆に、NGと言えるアピールのひとつが、

仕事は問いません。
とにかくがんばります。
就職さえできれば
なんでもやります。

このように、「なんでもいい」「とにかくがんばる(中身がない)」という姿勢です。

もちろん、がんばること自体は悪くありませんし、「なんでもやる=やる気を見せる」と考えることもできます。

しかし、採用する側としては、

  • 何がしたいかわからない
  • なぜ自社を志望したか不透明
  • 主体性が無い

など、マイナスに映るケースが多いです。

 

なので最低限、先程もお伝えした

  1. 自分はどんな人間なのか
  2. 就職で優先するポイント
  3. 就職をしたら何をしたいか

以上3つの自己分析だけは、手を抜かないことをおすすめします。

また、就職できるならなんでもいいという気持ちで就活をすると、

  • 合わない企業に就職
  • ブラック企業に捕まる
  • あとで後悔する

などのリスクが高まります。

せっかく就職が決まっても、すぐに辞めてしまったら努力は水の泡です。

ゆうき
ゆうき
就職を後悔しないためにも、お伝えした3つの自己分析をきちんとしておきましょう!

関連記事:【とりあえずどこでもいいから就職はアリ!?】フリーターのための失敗しない考え方

【とりあえずどこでもいいから就職はアリ!?】フリーターのための失敗しない考え方
【とりあえずどこでもいいから就職はアリ!?】フリーターのための失敗しない考え方 実は僕もフリーターから就職しましたが、 とりあえずでも就職するべき!? それとも「とりあえず」はNG...

【面接を乗り越えるコツ】24歳で無職やニートのマイナスをきちんとフォローする

4つ目のコツは、24歳で無職やニートをしている理由をきちんとフォローすることです。

きっとこの記事を読んでいる大半の方は、無職やニート歴があることに対して引け目を感じているはずです。

僕もフリーターから就職をしたときは、アルバイト経験しか無く、何のスキルも無いことに劣等感を抱いていました。

 

例えば、就活の面接で

面接官
面接官
どうしてブランクが
あるのですか?

無職期間は
何をしていましたか?

このような質問をされたら、不安でたまりませんよね。

 

なので、事前に無職やニートのマイナスをきちんとフォローできるように準備をしておきましょう。

準備をしっかりすれば、不安はグッと軽くなり、マイナスをプラスに変える回答ができるようになります。

マイナスをプラスに変える3ステップの回答法

では、24歳で無職やニート歴があるマイナスはどのようにフォローしたら良いのでしょうか?

それはズバリ、以下の3ステップの流れで回答を準備するのがおすすめです。

  1. 理由や事実を
    簡潔に説明する
  2. マイナスから何を学んだか
    反省点を伝える
  3. 就職後の展望を語る

例えば、

面接官
面接官
どうしてブランクが
あるのですか?

という質問に対しては、

  1. ブランクがある理由を
    簡潔に説明
  2. ブランク期間に感じたこと
    反省点を伝える
  3. 就職後に何をがんばるかを
    伝える

このように、1で「信頼」を築き、2で「学べる姿勢」「反省点」を伝えます。

そして、3で「ポテンシャル(将来性)」をアピールします。

本来はマイナスに関する質問も、前向きな流れで回答を終えることができます。

 

面接官や採用担当者は、無職期間やニート歴に関する質問をすることで、

  • 信頼できる人材か
  • 過去から学べる人材か
  • 将来性が期待できるか

などをチェックしています。

とくに24歳の無職やニートの応募者に対しては、人間性を重要視する傾向にあります。

なので、お伝えした3ステップの回答法を活用して、

  • 信頼性
  • 学べる姿勢
  • ポテンシャル(将来性)

をきちんとアピールできるように準備しておきましょう。

ゆうき
ゆうき
無職期間やニート歴に対する質問を適切にフォローできれば、面接を乗り越えるのが楽になります!

関連記事:【惨めで情けない】フリーターやニートの肩書が恥ずかしいならやり直すチャンス

【惨めで情けない】フリーターやニートの肩書が恥ずかしいならやり直すチャンス
【惨めで情けない】フリーターやニートの肩書が恥ずかしいならやり直すチャンス フリーターやニートをしていると、自分が情けなくなったり恥ずかしい思いをすることがありますよね。 実は僕もフリーター...

【悩みは相談】24歳の無職やニートから就職する不安はひとりで抱えない

最後のコツは、就活の不安や悩みをひとりで抱えないことです。

無職やニートから就職を目指す24歳の方にとって、就活は不安だらけですよね。

実際に僕も就活をはじめた当初は、

  • 自分に合う仕事は?
  • 書類は何を記載したらいい?
  • どうやって企業と
    やりとりしたらいい?

など、わからないことだらけでした。

とは言え、24歳で無職・ニートをしていると、誰かに不安や悩みを相談しづらいと思います。

 

ですが、就活の悩みをひとりで抱える必要はありません。

ひとりでがんばってもモチベーションを保つのは大変ですし、最悪挫折する可能性も高いと言えます。

なので、就活を成功させるためにも、まずはひとりで悩まない環境をつくることをおすすめします。

幸い今は、 ニートや無職などの未経験者をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などを利用すれば、就職に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーが無料でサポートをしてくれます。

エージェント系サービスが就活を楽にする

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

ひとことで「24歳の無職・ニート」と言っても、

  • 大卒で就職せず無職になった
  • 高卒で就職したが離職し
    ニート生活をしている
  • アルバイトをしていたが
    最近は無職

など、様々な状況があるはずなので、ひとりひとりに合った就活が必要です。

そういう意味でも、エージェント(就活のプロ)のアドバイスは非常に有効です。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に転職できるわけではないですし、「転職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、ニートや無職などの「未経験者」をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる