ニート・無職の就職

29歳の無職・ニートから就職するためにできること【今こそがんばりどころ】

29歳の無職・ニートから就職するためにできること【今こそがんばりどころ】
こんな悩みを解決する記事です
29歳で無職は
さすがにやばい?
そろそろ就職したい
もう20代も終わり。
30歳になるまえに
ニート生活をやめたい…

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

29歳で無職、ニート生活をしていると、「さすがにやばいのでは?」と将来が不安になりますよね。

僕もフリーターから就職した経験があるので、焦る気持ちはよくわかります。

 

しかし、悩んでばかりいても時間だけが過ぎるだけです。

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに29歳のニートや無職から就職するコツをまとめました。

  1. 期限を決める
  2. マイナスをプラスにかえる
  3. ギャップを利用する
  4. 何を求められるかを知る
  5. 1人でがんばらない

結論から言うと、29歳は「正社員就職を大きく左右する頑張りどころ」です。

この時期を逃すと、一気に就職は難しくなる可能性が高いと言えます。

後悔しないためにも、「今」動き出すことが大切です。

ゆうき
ゆうき
就職を悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです!

関連記事:【このままじゃヤバイ!?】ニートだった僕が危機感を感じて取り組んだ3つの事

【このままじゃヤバイ!?】ニートだった僕が危機感を感じて取り組んだ3つの事
【このままじゃヤバイ!?】ニートだった僕が危機感を感じて取り組んだ3つの事 この記事を読んでいるということは、ニート生活に危機感を感じているはずです。 とは言え、具体的にどうしたらいいか分か...

就職が難しくなる!?【29歳の無職・ニートのがんばりどころは今】

就職のコツをお伝えする前に、どうして29歳は「正社員就職を大きく左右する頑張りどころなのか」をお話させてください。

それはズバリ、以下の2つの理由があるからです。

  1. 30歳を境に
    応募できる求人が減る
  2. 使える就活サービスが減る

29歳で無職やニートの方は、必然的に「未経験OK」「フリーター歓迎」といった求人を探して就活することになります。

しかし、30歳を超えてしまうと、こうした「未経験者が応募できる求人」は、ガクッと減る傾向にあります。

実際は、25歳前後から応募できる求人の数は減少し、27歳、30歳、35歳を境にどんどん減っていくと言われています。

基本的に未経験者を採用する企業は、求職者に対して

  • 将来性
  • 指導のしやすさ
  • やる気や熱意
  • 最初は賃金を抑えたい

などを期待するため、なるべく年齢の若い人材を採用しようとします。

つまり、30歳を過ぎてしまうと、将来性や賃金面などで折り合いがつかなくなり、敬遠されやすいわけです。

 

また、転職サイトなどの就活サービスも、30歳を超えてしまうと

  • 仕事を紹介してもらえない
  • サポートを放置される

など、どんどん使えるサービスは少なくなってしまいます。

 

なので、29歳のニートや無職の方は、20代の最後の「今」が頑張りどころです。

ゆうき
ゆうき
この時期を逃さないように就活を進めていきましょう!

無職やニートの29歳を雇ってくれる会社はあるの?

そうは言うけど、
29歳の無職を
雇う会社なんてあるの?

と悩む人もいるかもしれません。

 

たしかに、29歳で無職やニートは就活のマイナスです。

簡単に就職できるとは言えません。

しかし現在は、

  • 人手不足
  • 雇用傾向の変化
  • 少子高齢化

などの影響で、未経験者にも就職チャンスがある時代です。

例えば、日本商工会議所が調べた「人手不足」に関するデータでは、実に50%以上の中小企業は人手不足を抱えていることが分かっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手が足りないということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用のハードルが下がる
  3. 未経験者にもチャンスが広がる

このような流れを生むので、29歳で無職やニートだったとしても就職チャンスがあるわけです。

 

また現在は、大卒の新卒者よりも「第二新卒者」「高卒の新卒者」を求める企業が多いことをご存知でしょうか?

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

学歴などの肩書きに固執しない企業が増えている証拠と言えます。

 

なので、きちんとコツをおさえて就活を進めれば、29歳の無職やニートからでも就職チャンスはあります。

最初は不安だと思いますが、まずは一歩を踏み出してみることが大切です。

ゆうき
ゆうき
諦めずに就活を進めれば必ずチャンスは巡ってきます!

関連記事:【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点

【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点
【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点 フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。 がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても...

期限を決めて就活に臨む【29歳の就職は時間との戦い】

ゆうき
ゆうき
ではここからは、29歳の無職・ニートから就職するためのコツをお話していきます!

最初のコツは、期限を決めて就活に臨むことです。

先ほどもお伝えしたように、29歳は正社員就職を大きく左右する頑張りどころです。

30代になってしまうと、応募できる求人が減ったり使える就活サービスが限られてしまうので、期限を決めて就活を進めていきましょう。

「30歳になる前に就職をする」という期限は漠然としているので、

  • 来週中に就活道具を揃える
  • 今月中に20社応募する
  • 2ヶ月以内に面接を10社受ける

など、日付を決めたり、数字を出して目標を設定するのがポイントです。

一般的に就活は、

  • 早くて2週間
  • 平均的には2〜3ヶ月
  • 長くても半年程度

で内定を得ると言われています。

期限を決め、ある程度のスケジュールが決まれば、

  • モチベーションが上がる
  • 緊張感が生まれる
  • 逆算して動ける

など一歩を踏み出しやすくなります。

ゆうき
ゆうき
今すぐできることなので、ぜひトライしてみてください!

【29歳で無職・ニートという経歴はマイナス?】プラスに変える

2つ目のコツは、「29歳、無職・ニート」という経歴のマイナスをプラスに変える準備です。

きっと、

就職はしたいけど、
ニート生活を
どう説明したらいい?
無職期間を
質問されたらアウトでは?

このようにニートや無職歴の説明に頭を抱える方は多いはずです。

面接や書類でどうフォローすれば良いか悩みますよね。

 

そこでおすすめしたいのは、以下の3つの流れで回答を準備しておくことです。

  1. マイナスを簡潔に説明
    受け止める
  2. マイナスから何を学んだか
    反省点を述べる
  3. 就職後にどうしたいか
    展望を伝える

例えば、

面接官
面接官
なぜ無職期間が
あるのですか?

と面接官に質問された場合は、以下のように回答を組み立てます。

なかなか就職が決まらず無職期間が長くなった。(説明)

もっと積極的に就活すべきだった。無職期間を通じて、働けることのありがたみを知った。(学び・反省点)

就職が叶ったら一日でも早く遅れを取り戻したい。成績ナンバー1を目指したい。(展望)

質問に対する答えだけ回答するのではく、

  • 学びや反省点
  • 展望

を併せて伝えることで、マイナスに関する質問をプラスの印象で終えることができます。

面接官や採用担当者は、29歳で無職・ニートをしている理由を知りたいのはもちろんですが、それ以上に、

  • 信頼できる人物か
  • 過去から学べる人材か
  • 将来性はあるのか

などを面接でチェックしています。

なので、お伝えした

  1. マイナスを簡潔に説明
    受け止める
  2. マイナスから何を学んだか
    反省点を述べる
  3. 就職後にどうしたいか
    展望を伝える

以上3つの流れを意識して、マイナスをプラスに変える準備をしておきましょう。

ゆうき
ゆうき
工夫次第でマイナスに関する質問も自己PRになります!

【ギャップの力を利用する】29歳の無職ニートからの就活を乗り切る

3つ目のコツは、ギャップの力を利用することです。

どういうことかというと、29歳でニート・無職というのは、決して良いイメージではありません。

言い方は悪いかもしれませんが、

  • やる気がない
  • 怠け者
  • だらしない

こんなイメージではないでしょうか。

実際に僕もフリーターをしていたときは、友人や親に「いい年してみっともない」と白い目で見られていました。

 

しかし、そんな悪いイメージは、考えようによっては就活のプラスになります。

人間は「ギャップ」を感じると、通常よりも高い評価(または低い評価)を与える傾向があることをご存知でしょうか?

例えば、やる気がなくだらしないイメージをもつニートの応募者が、以下のような姿勢を見せたらどうでしょう。

  • 言葉遣いがきれい
  • 熱意が伝わってくる
  • 仕事に対して真剣

イメージと実際の印象に大きなギャップがあるため、通常よりも好印象を持ちやすくなります。

つまり、ギャップがあればあるほど、高い評価を得られる可能性があるわけです。

 

29歳のニートだから
どうせ面接に落とされる。。。

こんなふうに思って投げやりに面接を受けていたら、悪いイメージのままです。

なので、

いかにプラスのギャップを与えられるか

を考えて、就活を進めていきましょう。

ゆうき
ゆうき
やる気や熱意を伝える、就活マナーを徹底するだけでも大きなギャップになるはずです!

【企業は無職・ニートの29歳に何を求めている?】ニーズを考える

4つ目のコツは、企業は29歳の無職・ニートに何を求めているかを知ることです。

就活をしていると、

アピールできることは?
自分の強みは?
好印象を与えるには?

など、自分のことにばかり意識が集中します。

もちろん、自己分析や「就職したい」という気持ちは大切です。

しかし、企業側の考えやニーズを理解しないまま就活を進めてもなかなかうまくはいきません。

なぜなら就活は、

  • 企業のニーズ
  • 就活者の考えや能力
    人柄など

がうまく合致したときに内定が出るからです。

企業側にも、「こんな人材がほしい」「○○の理由で採用活動をしている」などの考えやニーズがあります。

ここを理解して就活できるかどうかで、就職できる可能性が大きく変わってきます。

やる気や人柄など「人間的な部分」を求められる

では、企業は29歳のニートや無職の就活者に何を求めているのでしょうか?

それはズバリ、以下の要素です。

  • やる気・熱意
  • 将来性
  • 人間性
    (職場に馴染める人柄か)

スキルや経験というよりは、やる気や人柄など「人間的な部分」を求めるケースが多いと言えます。

転職サイトのリクナビが調査した「経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5」を見ても、やる気や将来性、バイタリティなどを重視する企業が多いという結果になっています。

経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5

  1. やる気 82pt
  2. ポテンシャル・将来性 79pt
  3. バイタリティ 74pt
  4. 社会人スキル 73pt
  5. 考え方が柔軟 60pt

引用データ:リクナビネクストより一部抜粋

もちろん、応募する会社や業界、職種によって「求められる資質」に差はありますが、29歳の無職・ニートの方は、

  • 経験よりも熱意
  • スキルよりバイタリティ
  • 将来性や人間性

を期待されることに変わりはありません。

ゆうき
ゆうき
「応募企業は何を求めているのか」という視点をもつことで、アピールの幅が広がるはずです!

たった1人でがんばる必要はない【29歳の無職・ニートは就活の味方を探そう】

最後のコツは、就活をたったひとりでがんばらないことです。

正直に言って、29歳のニートや無職から就職するのは、決して簡単なことではありません。

実際に僕は、一度就活を挫折してフリーターに舞い戻った時期があります。

その理由は、

  • 就活の進め方や
    マナーを知らなかった
  • 面接がうまくいかなかった
  • そもそもどんな仕事が
    向いているかわからなかった

など、わからないこと・うまくいかないことが多すぎたせいです。

たったひとりでは、就活のモチベーションを保てませんでした。

 

せっかく就活に取り組んでも、挫折してしまったら無職やニートに逆戻りです。

とくに29歳は30代も目前。挫折だけは避けたいはずです。

 

そこでおすすめしたいのは、就活はたったひとりでがんばろうとせず、頼れるものは頼るという姿勢です。

幸い今は、フリーターやニートの就活をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などを利用すれば、就職に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーが無料でサポートをしてくれます。

 

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる