転職の悩み

【20代後半なのに仕事ができない】辞めたいときの対処法を解説

【20代後半なのに仕事ができない】辞めたいときの対処法を解説
ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

今回は、20代後半男性Mさんからいただいた、

20代後半なのに仕事ができない
いったいどうしたらいい?

このような悩みを解決します。

【20代後半M 営業職・男性】

都内で営業職をしている20代後半男です。悩んでいることがありメールいたしました。

自分は今の会社で5年営業をしています。しかし、いつまでたっても営業成績が上がらず、ミスも多く、仕事ができないダメ社員です。

周りにも相当迷惑がかかっているせいで同僚との関係も最悪です。とくに営業事務の女性社員には愛想をつかされている状態です。

上司にも怒られてばかりで会社に行くのも憂鬱です。

仕事ができないのは自分のせいだということは重々承知です。しかし、これ以上仕事を続ける気力がありません。

そこでご相談ですが、今の仕事を辞めるべきでしょうか。

もう20代後半なので、このままうだつが上がらない自分の将来が不安で仕方ありません。

営業の仕事は、はっきり言えば好きな仕事ではありません。真面目にやってきましたが、向いていないと思います。

転職を考えていますが、すでに1度転職をしているため、転職回数が増えることへも不安を感じています。

なにかアドバイスがありましたらよろしくお願い致します。乱文申し訳ありません。

※プライバシー保護のため、内容を一部修正して掲載しております。

 

Mさんは、主に以下の3つの悩みを抱えているようです。

  1. 仕事を辞めていいのか
  2. 仕事ができない・成績があがらない
  3. 転職回数が気になる

といったところでしょうか。

ここからは、Mさんの悩みに答える形で話を進めていきます。

ゆうき
ゆうき
同じような悩みを持っている方は是非参考にしてみてくださいね。

20代後半で仕事ができないから辞めるはアリ!?ボーダーラインについて

Mさんは「20代後半で仕事ができないことを理由に辞めるのはアリか」と悩んでいるようです。

 

一概に、「仕事を辞めたほうがいい」「仕事は続けたほうがいい」とは言えませんが、もしも今の仕事を続けることで将来のマイナスになると感じているなら、転職を検討する価値はあります。

なぜなら、転職はある種の「キャリア・マネジメント」だからです。

職場や仕事が自身のキャリアにマイナスだと感じるなら、現状を変える努力をするのはアリではないでしょうか。

 

20代後半なら、キャリアチェンジや未経験分野に挑戦ができる年代です。

これが30歳を超えてしまうと、未経験職への転職はどんどん難しくなるので、「仕事ができない」という理由で職を変えるのはリスキーです。

ゆうき
ゆうき
20代後半の今のうちに転職チャンスを探ってみるのもひとつの方法です

転職さえすれば仕事ができない悩みから解放されるわけではない

ただし、ひとつだけ気をつけてほしいのは、転職さえすれば仕事ができない悩みから解放されるわけではないということです。

転職をすれば新たな気持ちでリスタートできますが、以下のような降り出しに戻る面やリスクもあります。

  • 仕事を覚え直すことになる
  • 1から人間関係を構築することになる
  • 転職先の仕事が合うとは限らない

 

現在仕事ができずに悩んでいるということは、転職先では一層努力する必要がありますし、新天地の環境に慣れる必要もあります。

このあたりをしっかり加味して、20代後半の転職と向き合ってみてください。

 

仕事を辞めるべきかどうかは非常に難しい決断です。

世間一般的には、「仕事は長く続けることが正しい」という風潮はありますが、辞めるにしても続けるにしても、自分自身が出した決断を信じることが大切です。

スポンサーリンク



仕事ができないことを悩んでいるなら「できること」にフォーカスして20代後半の転職に臨もう

Mさんは、「仕事ができないこと」に対して大きな悩みを持っているようです。

20代後半になり、5年続けた営業の成績が上がらないとなれば、不安を感じるのもうなずけます。

 

ですが、転職を考えているのなら、できないことよりも「できること」にフォーカスする姿勢が大切です。

なぜなら、転職活動のアピールで必要となるのは、これまでに培った職務経験やスキル、つまり「自分にできること」だからです。

 

「仕事ができないのに、アピール材料なんてない」と思うかもしれませんが、正社員として20代後半まで働いてきたなら、必ず「自分にできること」はあります。

自分では気づかないだけで、誰もが「転職先で役立つ経験」をしていますし、「評価に値するスキル」を身に着けています。

逆に言うと、「自分にできること」が全く無ければ、20代後半で転職するのは厳しいと言えます。

20代後半で転職をする場合に、

「得意な仕事はない」

「1から仕事を教えてほしい」

「とにかくがんばるだけ」

このような姿勢だと面接官や採用担当者に不安を与えるだけです。

ゆうき
ゆうき
できないことを悩むよりも、自分にできることにフォーカスして整理しておくことをおすすめします。
スポンサーリンク



【転職回数は何回まで?】20代後半で転職するときは2回が目安

Mさんは、20代後半で2度目の転職を考えているMさんは「転職回数」についても不安を感じているようです。

たしかに、転職回数が増えすぎると面接官や採用担当者は、

「すぐに仕事を辞める人ではないか?」

「ジョブホッパーの傾向があるのでは?」

「なにか問題を起こす人なのでは?」

このような不安を感じます。

 

しかし、20代で2回目という転職回数は、さほど気にする必要がない数字です。

以下は、転職サイトのリクナビが調査した「転職歴の印象」についてのデータです。

転職歴は何回目くらいから気になりますか?

  1. 3回目 40%
  2. 4回目 16%
  3. 気にならない 15%
  4. 5回目 12%
  5. 2回目 8%

以下省略
引用元:リクナビNEXTより抜粋 

 

見て分かる通り、転職歴が気になるのは圧倒的に3回目以降という結果が出ています。

つまり、転職回数2回目まではマイナスになる可能性は少ないと言えます。

 

ただし、面接官や採用担当者は、転職理由に筋が通っているか、前向きに転職を考えているかをチェックします。

なので、

  • 「どうして転職を決意したのか」
  • 「転職することでどんなプラスがあるか」
  • 「転職して今後はどう活躍したいのか」

これらを回答できるように準備しておくと良いですよ。

20代後半の転職活動はきちんと準備をして進めることが大切

さてここまで、20代後半男性・Mさんの悩みについて対処法をお伝えしてきました。参考になりましたでしょうか?

本格的に転職を進める場合は、以下のような流れが理想的です。

  1. 現職のまま転職活動を開始する
  2. 求人に応募する
  3. 面接で採用を勝ち取る
  4. 現職を退社
  5. 転職先に入社

Mさんのように20代後半で転職を考える場合、「はやく会社を辞めて次に行きたい」という気持ちが強いかもしれませんが、焦りは禁物です。

現職で働いているうちに転職活動をある程度は進めて、今後の道筋を固めておくのがベターです。

 

もしも、

  • 仕事が忙しくてなかなか転職活動が進みそうにない
  • 転職できるか不安・年収ダウンしないか心配
  • そもそも何から手を付けていいかわからない

このような状況なら、ひとりで悩まない環境を作っておくことも大切です。

 

転職エージェントを活用すれば、キャリアアドバイザーに転職サポートをしてもらうことができるので賢く活用しましょう。

エージェントに相談すれば、アピールすべき経験・スキルが見つかりやすいですし、希望に沿った求人に出会える可能性も高まります。

転職に自信がない人こそエージェントのちからを借りて、転職の準備を進めてみてください。

 

また、エージェントを活用するなら「第二新卒の転職」に強いサービスを使うことも大切です。

いろいろなエージェントに登録してみるのも良いですが、まずは「第二新卒者」「20代の転職」などに力を入れているエージェントに相談してみてくださいね。

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>