仕事を辞めたい

【アイリストを辞めたい】自信がないし向いていないと思ったときの転職成功術

【アイリストを辞めたい】自信がないし向いていないと思ったときの転職成功術
こんな悩みを解決する記事です
アイリストの仕事を
辞めたい…
でも、今から転職できる!?
自信がないし向いてない…
アイリストから
転職する方法は?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

傍から見ると「アイリスト」という仕事は、

  • 好きなことを
    仕事にできて羨ましい
  • おしゃれなサロンで
    勤務できる
  • マイペースに働ける

など、おしゃれでポジティブなイメージが一般的です。

サロンの仕事に憧れ、働き始めた方も多いのではないでしょうか?

しかし実際に働いてみると、

  • 想像とは違う
  • 体がきつい
  • 将来性に疑問がある

など、「アイリストを辞めたい」「転職したい」と考える方もいるはずです。

 

そこでこの記事では、独自のリサーチと人事目線をもとに「アイリストを辞めたい方に向けた転職成功術」をまとめました。

  • はやめに行動する
  • アイリストの経験は活かす
  • ひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
どれも難しいことはないので、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ
【サポート力が高くて安心】おすすめ転職エージェント3選まとめ 20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】 マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代...

【あなたの転職理由は?】アイリストを辞めたい人に多い悩み

転職成功術をお伝えする前に、ひとつだけ明確にしておきたいことがあります。

それは、アイリストを辞める理由(転職理由)です。

転職理由があやふやだと、

  • 漠然と転職活動を進めてしまう
  • 自己PRがまとまらない
  • 転職の目的がわからなくなる

など、転職活動がうまく進みません。

例えば、

給料がいいから
この求人がいいかな…

でも、オフィスが
きれいだから
やっぱりこの企業かな…

など、本来の「転職する目的」を忘れて、転職活動をしてしまいます。

そうなると、本当に満足できる転職は実現しません。

 

逆に転職理由がハッキリしていると、

  • 次の仕事が探しがしやすい
  • 面接対策がしやすい
  • 目的が明確なため
    モチベーションが保ちやすい

など、転職活動がスムーズに進みやすくなります。

そして、自分が本当に満足できる職場に転職できる可能性も高くなります。

なのでまずは、アイリストを辞めたい理由としっかり向き合い、転職理由を明確にすることが大切です。

ここからは、アイリストを辞めたい人に多い悩みを一緒に見ていきましょう。

  • 体にかかる負担が大きい
  • クレームがつらい
  • 顧客獲得がうまくできない
  • 将来が不安
  • 薬剤が理由で続けられない

※アイリスト・美容業界の経験がある方に独自のオンラインアンケートを実施

体にかかる負担が大きい

アイリストは、同じ姿勢で長時間施術をすることが多い仕事です。

しかも、お客様の目元で作業をするため、かなりの集中力を要求されます。

そのため、

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 目の疲れ

などを抱え、体の不調がきっかけでアイリストを辞めるケースは多いようです。

こうした理由でアイリストから転職する場合は、当然ですが、

  • 体の不調につながる業務が
    少ない職場
  • 適度に体を動かせる仕事

を選ぶことが大切です。

クレームがつらい

例えば、

  • エクステがすぐに取れた
  • アレルギー症状が出た
  • マツエクが想像と違う

など、度重なるお客様のクレームが発端となりアイリストの仕事を辞めるケースもあります。

クレームは、お店の評判に関わり顧客獲得にも影響を与えます。

なかには、あまりにクレームを受けるため、「アイリストには向いていない」と適正を悩んで離職する方もいるようです。

 

クレームなどお客様対応が理由で転職をする場合は、「BtoC(企業対消費者取引)」の仕事を転職先に選ばないことがひとつのポイントです。

例えば、

  • 飲食業
  • 小売業
  • コールセンター

といった、お客様と直接やりとりをする仕事です。

企業同士で取引をする「BtoB(企業間取引)」の仕事を選ぶとストレスが少ないかもしれません。

顧客獲得がうまくいかない

いくら施術がうまくても、接客や顧客獲得は異なるスキルです。

そのため、顧客獲得がうまくいかずアイリストの仕事を辞める人も一定数いるようです。

顧客獲得ができないアイリストは、評価やお給料が上がりにくくなります。

その結果、苦しい状況に追い込まれ転職を考えるケースです。

顧客獲得や営業活動が苦手な場合は、先程お話したBtoB(企業間取引)」の仕事や営業を補佐する役目の仕事を選ぶのはひとつの方法と言えます。

将来が不安

アイリスト業界(美容業界)は、

  • 有名人の影響で
    マツエクが流行る
  • 新しい商品が出て
    流行のメイクが変わる

など、トレンドで流行り廃りがあります。

そのため、

  • 流行に敏感なこと
  • 常に新しい技術を得ること
  • 商品を試す姿勢

などが求められる仕事です。

そのため、トレンドを追うことに疲れたりスキルアップが苦手な場合は、自身の将来に不安を感じ転職を考える人もいるようです。

 

また、独立を考えない場合は、「アイリストの仕事をずっとは続けられない」と考え、キャリアチェンジをする方もいます。

将来性が不安で転職をする場合は、今後伸びる業界やスキルや経験がすぐに陳腐化しない仕事を選ぶことをおすすめします。

薬剤が理由で続けられない

アイリストの仕事に欠かせないグルー(接着剤)は、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

  • 目のかゆみ
  • 腫れ
  • 目の充血

などが主な症状ですが、アイリストのなかにはアレルギーの症状がひどくなり、泣く泣く仕事を続けられなくなるケースもあるようです。

こうした場合は、アイリストを辞める理由としても理解されやすいため、併せて転職先を選ぶ理由もしっかり練っておきましょう。

アイリストを辞めたい理由とはきちんと向き合っておこう

アイリストを辞める理由は人それぞれだと思います。

しかし、いずれにしても転職理由はきちんと整理しておくことが非常に大切です。

お伝えしたように、アイリストを辞めたい理由は転職活動の軸になるからです。

たとえネガティブな理由でも、きちんと軸が定まっていれば、自分が臨む方向へ進みやすくなります。

ゆうき
ゆうき
転職活動をはじめる前に、アイリストを辞めたい理由としっかり向き合っておきましょう!

【転職成功術その1】アイリストを辞めたいなら早めに行動する

ゆうき
ゆうき
ではここからは、アイリストの転職成功術をお話ししていきます!

まず1つ目のポイントは、早めに行動することです。

とくにアイリストを辞めて異業種や未経験職へ転職する場合は、若ければ若いほうが有利になりやすいということを頭に入れておきましょう。

これはどうしてかというと、

アイリストから

  • 事務員になる
  • アパレル業界に移る
  • 営業に転職する

など、未経験分野へ転職する場合は、

  • 将来性
  • やる気・熱意
  • バイタリティ

など、若い人が有利になる資質が重視されやすいからです。

 

例えば、

35歳
アイリスト経験13年
25歳
アイリスト経験3年

2人のアイリストが、未経験の事務職に転職するとします。

アイリスト経験を見ればAさんが頼もしいですが、事務職にマツエクの技術はそのまま活かせません。

事務員を募集する企業は、将来性を考えたり、熱意やバイタリティを見て、採用を決めます。

すると、若いBさんのほうが有利になる可能性が高いわけです。

 

また、そもそも未経験者が応募できる求人の数は、年齢があがるにつれて減少することもわかっています。

なので、アイリストから転職をする場合は、早めに行動を起こすことが転職チャンスを逃さない鍵と言えます。

いきなり仕事を辞めるのはリスキー

ただし、何の計画も立てずいきなり仕事を辞めてしまうのは非常にリスキーです。

まずは、アイリストとして在職しながら、情報収集を進めてみることをおすすめします。

転職活動が不安になる原因は、先が見えないことにあります。

例えば、

  • 仕事が決まるかわからない
  • 給料が下がるかもしれない
  • 希望が叶わないかもしれない

など、不透明な未来に不安を感じるのではないでしょうか?

 

しかし、きちんと情報収集をすることで、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料アップするか
    維持できそうか
  • どの程度なら希望が叶いそうか

など、ある程度は見通しが立ちます。

なのでまずは、早めに情報収集を始めて、転職に向けた準備をすることをおすすめします(具体的な情報収集のしかたは最後の章でお伝えしています)。

ゆうき
ゆうき
人は過去に戻れない以上、「今」が一番若いです。まずは早めに行動することが大切です!

【転職成功術2】アイリストを辞めたいならアイリストの強みを活かす

2つ目のポイントは、アイリストの強みを活かすことです。

きっと、アイリストを辞めたい方の多くは、

心機一転して
1からやり直したい…
私にはアイリスト以外に
何のスキルもない…

このように考えているかもしれません。

気持ちを新たにがんばることは大切ですが、「1からすべてやりなおす」「何もスキルがない」と思うのはNGです。

なぜなら転職活動は、「これまでの経験やスキルを評価されるイベント」と言えるからです。

 

例えば、転職活動の面接や書類で、

  • 1からやりなおしたい
  • これから一生懸命がんばる
  • 勉強させてください

といったアピールをしても良い印象は持たれません。

面接官や採用担当者は、これまでに積み上げた経験やスキルからどんな働きをしてくれるかに興味があるからです。

 

なので、アイリストを辞めて別の業界や仕事に転職するにしても、アイリストの強みや経験、スキルを活かそうとする姿勢は非常に大切です。

アイリストの強みは別の形でアピールできる

では、アイリストはどんな強みをアピールできるのでしょうか?

先ほどお話したように、異業種や未経験職では、マツエクの技術等をそのまま活かすことは難しいと言えます。

しかし、視点を変えることで、アイリストとして得た強みやスキルは、別の形で十分にアピール可能です。

例えば、以下のようなアイリスト特有の強みは、業種や仕事内容が変わっても、幅広い範囲でプラスに働きます。

  • 集中力がある
  • 手先が器用
  • 接客能力
  • 営業力
    (物販や顧客獲得など)
  • 対応力
    (クレームなど)

自分の強みを考えるときは、スキルを細分化することがおすすめです。

【例】マツエク経験

  • 集中力
  • 起用
  • 接客能力

などから成り立っている

アイリストから転職を成功させるには、こうした自分の強みと転職先での仕事をうまくマッチングさせることが大切です。

ゆうき
ゆうき
スキルを細分化して、アイリスト経験が活かせる転職先を探してみてください!

【転職成功術3】アイリストを辞めたいならひとりで悩まない

最後のポイントは、転職をひとりで悩まないことです。

ここまで、アイリストの転職成功術をお伝えしましたが、正直に言って、転職活動は決して簡単ではありません。

とくに初めての転職や仕事をしながら転職活動をするのは大きな負担です。

また、一口に「アイリストの転職」と言っても、それぞれ経験やスキル、バックグラウンドが異なるため、最適な方法は十人十色です。

 

なので、少しでも転職活動の負担を軽くするためにも、エージェント系の転職サービスを上手に活用しましょう。

エージェントを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラー(担当者)が、要望に沿った求人を紹介してくれたり、転職のあらゆる不安をサポートしてくれます。

例えば、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はアップできるか
  • 転職のタイミングはベストか

などをエージェントの担当者がプロの目線でアドバイスをくれます。

 

基本的にエージェントのキャリアアドバイザーや担当者は、紹介する企業の採用担当者と打ち合わせ等をして情報を集めています。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接で好印象を与える回答
  • 詳しい仕事内容

などを知っている存在です。

転職に対する不安は、「今後の見通しが立たない」「転職活動の進め方に自信がない」というケースがほとんどです。

エージェント系のサービスを活用すれば、これらをクリアにすることが可能です。

効率的に情報収集ができます。

 

もちろん、「転職はひとりでなんとかしたい」という人にはおすすめできませんが、、、

エージェントを活用することで、転職の不安や負担が軽くなるのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずはエージェントを活用して、どんな可能性があるかを探ってみましょう!

失敗しないエージェントサービスの選び方

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

24歳から29歳の20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には外せないエージェントなので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

 

30代やマイナビジョブ20’sの対象エリア外で転職をする人におすすめしたいのは、dodaです。

dodaのイメージ画像

dodaは、国内最大規模の人材サービスを展開するパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

おすすめの理由は以下のとおりです。

  • 求人数は約10万件
    国内トップクラス
  • 関東や関西だけでなく
    全国の求人に対応している
  • 限定求人も多く
    仕事探しの幅が広がる

また、最大規模のエージェントだけあって、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、サポート力が高いのも魅力です。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方は、dodaを徹底活用しましょう。

dodaの
公式ページ>>

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>