仕事を辞めたい

【つらい外仕事を辞めたい】転職をするなら今日からやるべき5つのこと

【つらい外仕事を辞めたい】転職をするなら今日からやるべき5つのこと
外仕事がつらい。。。
辞めて転職したいけど
不安だな。。。
もう外仕事は懲り懲り
内勤の仕事に転職できる?

こんな悩みを解決する記事です。

  • 夏は暑くて冬は寒い
  • 激務で体がきつい
  • 労働環境が悪すぎる

これらは、外仕事をする人に多い悩みです。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

外仕事に多い「ガテン系」の業界は、

「体力勝負」

「上下関係が厳しい」

「残業が多く休みが少ない」

など、体力的にも精神的にも堪える仕事です。

このまま続けるのは難しいと考え、内勤へと転職を考える人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、管理人の転職経験と人事目線を軸に「外仕事を辞めて転職をするなら今日からやってほしい5つのこと」をまとめました。

  1. 内勤の辛さも知っておく
  2. 内勤の資質を押さえる
  3. はやめに動き出す
  4. 転職理由をきちんと練る
  5. 転職をひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
外仕事が辛くて悩んでいるあなたにしてもらえると嬉しいです!

【まずはチェック】外仕事を辞めて転職したいなら逆に知っておきたい内勤のつらさ

最初のポイントは、内勤のつらさも知っておくことです。

きっと「外仕事を辞めたい」と考えている人の多くは、内勤やデスクワークを希望するはずです。

そして、

  • 内勤なら体も心も楽
  • デスクワークは快適
  • 外仕事よりはマシ

このように考えているのではないでしょうか?

 

たしかに内勤は、外仕事に比べれば快適な環境で仕事ができるケースが多いですし、体力的には楽な場合もあります。

ですが、内勤やデスクワークにも同じような苦労はあります。

 

まずは、内勤の辛い面を知った上で転職を進めていきましょう。

外仕事を辞めたいならチェックしたい内勤のつらさ①人間関係

内勤の悩みで圧倒的に多いのは、人間関係です。

もしかすると、外仕事を辞めたい人のなかにも「人間関係」で悩んでいる人はいると思います。

ですが、内勤は外仕事以上にも上司や同僚との関係に頭を悩ませる人が多いと言えます。

 

というのも、基本的に内勤はオフィス内で働くことが多いため、嫌な上司や先輩とも必ず顔を合わせなくてはいけません。

悪く言えば、毎日逃げ場がない状態です。

 

なので、内勤の仕事に転職をする場合は、人間関係の良い職場を選んだり、上司や先輩と良好な関係を築く努力が大切です。

内勤は、外仕事以上に人間関係に気を遣うかもしれないということを頭に入れておきましょう。

【辛いし疲れた】人間関係が原因で転職したい20代が意識すべきたった1つのこと
【辛いし疲れた】人間関係が原因で転職したい20代が意識すべきたった1つのこと こんな悩みを解決していきます。 職場の人間関係がうまくいかないと、毎日相当なストレスで...

外仕事を辞めたいならチェックしたい内勤のつらさ②体の不調

次に多い内勤の悩みは、体の不調です。

外仕事をしている人からすれば、内勤は「夏や冬も快適なオフィスで働けて幸せ」と思うかもしれません。

でも、実際に内勤をすると

  • 運動不足で体調が悪い
  • 座りっぱなしで腰や首が痛い
  • PC作業で眼精疲労が悪化

など、体の不調を訴える人が多いことは知っておきましょう。

PCの前で座りっぱなしの業務は、以外にも体やメンタルに大きな負担がかかります。

 

とくに、今まで外仕事をしていた人が、いきなり一日中座りっぱなしで業務をするのは想像以上に辛いことかもしれません。

内勤に転職をする場合は、仕事内容が自分に合っているかをきちんと考えてみることをおすすめします。

外仕事を辞めたいならチェックしたい内勤のつらさ③仕事が単調

もうひとつ内勤で働く人に多い悩みは仕事が単調だということです。

仕事内容にもよりますが、基本的に内勤はルーティーン化されているものが多いです。

「決まった内容を決まったメンバーで繰り返す」という業務が多いため、単調な毎日に耐えきれず仕事を辞める人もいます。

 

また、外仕事とは異なりオフィスに缶詰になることにストレスを感じる場合もあります。

スポンサーリンク



【向き不向きは?】外仕事を辞めたいなら押さえておきたい内勤に必要な資質

次にやるべきことは、内勤に必要な資質を理解しておくことです。

繰り返しになりますが、内勤の仕事は「外仕事よりマシ」「デスクワークは快適」と思うかもしれませんが、当然適正はあります。

転職してから後悔しないように、内勤に向いている人・向かない人の特徴も知っておきましょう。

内勤やデスクワークが向いている人の特徴

  • 業務を着実にこなせる
  • 注意力が高い
  • 正確で丁寧な仕事ができる
  • ある程度のPCスキルがある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 人のサポートが好き
  • 指図されても反抗せず
    業務を遂行できる

内勤やデスクワークと言っても様々な仕事があるので一概には言えませんが、主に上記に挙げたポイントが内勤に向いている人の特徴です。

業務をコツコツ正確にこなしたり、PCスキルやサポート力がある人材は内勤になくてはならない存在です。

また、内勤やデスクワークはコミュニケーション能力も非常に大切です。

チームで仕事をしたり、部署間でやりとりをするケースも多いため、円滑に物事をやりとりできる人材は重宝されます。

内勤やデスクワークが不向きな人の特徴

  • 室内でコツコツ仕事をするのが苦手
  • ひとりでいるとサボってしまう
    (自律心がない)
  • 適当に仕事を終えてしまう
  • 内容を理解しないまま仕事をする
  • 独自のやりかたを貫いてしまう
  • 自己主張が強い

こちらも一概には言えませんが、室内でコツコツ作業をしたり、業務内容を理解しないまま適当に仕事を終わらせてしまう人は、内勤やデスクワークには不向きと言えます。

また、自己主張が強く、自分のやりかたで仕事を進めたいと考える人も問題になりがちです。

いずれにしても、内勤やデスクワークの仕事内容は多種多様です。

ゆうき
ゆうき
自分に適性があるかどうかをよく考えて転職活動を進めていきましょう!
スポンサーリンク



【転職の可能性を上げる】外仕事を辞めて転職をしたいなら早めに動き出すことが大切

3つ目のポイントは、転職をするなら早めに動き出すことです。

先程もお話したように、「外仕事を辞めたい」と考えている人の多くは内勤やデスクワークを希望するはずです。

ということは、これまでの働き方をガラリと変えるわけですよね。

 

転職活動では、積み上げたスキルや経験が物を言います。

逆に言うと、未経験分野への転職はハードルが高くなるケースが多いんです。

未経験者を採用する企業の多くは、

  • 将来性
  • 教育のしやすさ
  • バイタリティ

などを重要視するため、年齢の若い人材を欲しがります。

つまり、外仕事を辞めて内勤やデスクワークへ転職をするなら、出来る限り早めに転職活動を開始することがチャンスを逃さないコツなんです。

 

もちろん、業界や職種によっては30代、40代になっても未経験で転職ができる場合もあります。

ですが、大きなキャリアチェンジは若ければ若いほうが有利になるのも確かです。

 

いずれにしても、外仕事が辛いと感じているなら、転職活動を先延ばしにするのはNG。

ゆうき
ゆうき
情報収集などで構わないので今日から1歩踏み出すことをおすすめします!
スポンサーリンク



外仕事辞めて転職する理由をきちんと練る【つらいだけじゃ説得力がない】

次にやるべきことは、外仕事をやめて転職する理由をきちんと練っておくことです。

転職活動で最も大切なのは、やはり「面接」です。

そして、面接の問いで合否を大きく左右するのは「転職理由」です。

なぜなら、面接官や採用担当者は転職理由を質問することで、

応募者が

  • 活躍してくれそうか?
  • すぐに辞めないか?
  • 職場にフィットするか?

などを判断しているからです。

 

きっと、外仕事を辞めたい人は、

  • 外仕事が辛いから
  • 人間関係が悪いから
  • 将来が不安だから

こうした理由で転職をするケースが多いかもしれません。

でも、これらをそのまま転職理由として回答すると、ほぼ100%マイナスの印象を与えてしまいます。

面接官からすると、

外仕事が辛いから
⇒活躍してくれるか不安

人間関係が悪いから
⇒職場に馴染めなそう

将来が不安だから
⇒またすぐ転職しそう

このような印象をもってしまうからです。

 

なので、転職理由はきちんと練って、面接官や採用担当者に不安を与えないようなポジティブな内容を用意しておきましょう。

おすすめしたい転職理由の考えかた

では、どんな転職理由を準備したら良いのでしょうか?

前提として「転職活動は不満解決のためだけにあるのではない」ということは知っておいてください。

面接官としても、不満や愚痴を聞きたいわけではなく、「応募者を採用したら会社にどんなプラスがあるか」を知りたがっています。

なので、外仕事の嫌な部分や不満を転職理由にするのではなく、

  • 自分が叶えたいキャリアプラン
  • そのキャリアを叶えるために
    今の仕事では適さないポイント

を中心に転職理由を練ってみてください。

例えば、

子供が生まれ収入をアップさせたい。しかし今の仕事はこれ以上の給料アップは見込めないため転職を考えている

ITエンジニアを目指し勉強中。しかし今の職場では活躍の場がない。キャリアチェンジをしたい。

このような転職理由であれば、転職に必要性がありポジティブなメッセージを伝えられます。

ゆうき
ゆうき
転職理由が固まれば、面接のあらゆる質問を乗り切る「軸」になります!
スポンサーリンク



【転職の見通しを立てる】外仕事を辞めたいならひとりで悩まない

最後にやるべきことは、ひとりで悩まず転職の見通しを立てることです。

誰にとっても「転職」は、不安でしょうがないものです。

とくに外仕事から内勤やデスクワークを目指す場合は、経験やスキルを活かせませんし、環境が大きく変わるため悩みも尽きないですよね。

なので、

  1. 転職の見通しを立てる
    (在職中が理想)
  2. 悩まない環境をつくる

まずはこの2つを今日から取り組んでみてください。

 

具体的には、ひとりで転職活動を進めるのではなく、エージェント系の転職サービスを活用するのがベストです。

有名所では、

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • doda

といったサービスですね。

エージェントサービスのほとんどは、一切無料で転職サポートを受けることができます。

 

いくら外仕事を辞めたくても、次の仕事が決まっていない状態で退職をするのは大きなリスク。

ブランクを作る可能性がありますし、金銭的な不安にも繋がってしまいます。

その点エージェント系のサービスを活用すれば、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料アップは可能か
  • いつが転職のベストタイミングか

などを担当のキャリアアドバイザーやカウンセラーが情報収集してくれます。

つまり、エージェントを活用することで転職の見通しが立ちやすくなり、ひとりで悩まずに済むわけです。

 

転職をひとりで進めるのは、思っている以上に大変です。

情報収集を満足にできなかったり、現職が忙しくて転職を挫折に追い込まれるケースもあります。

ゆうき
ゆうき
エージェントを賢く活用して転職活動を進めていきましょう!

おすすめできるエージェントサービスの特徴

でも、どんなエージェントに
登録したらいいの?

このように思った人もいるかもしれません。

 

それはズバリ、

  • 大手のエージェントサービス
  • 自分の状況に合ったサービス

を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、大手エージェントサービスのほうが

  • 求人数が多い
  • 対応地域が広い
  • 転職ノウハウが豊富
    (企業とつながりが強い)

といった傾向があるからです。

また、例えば「20代専門」「未経験者専門」といった自分の状況に合ったサービスを選んだほうが、求人やサポート内容がマッチしやすいです。

ゆうき
ゆうき
最後におすすめできるエージェントを3社お伝えするので、まずはこの中から1〜2社登録してみましょう。

20代の転職はここに相談【マイナビジョブ20’s】

マイナビジョブ20’sの画像

マイナビジョブ20’sは、あの「マイナビ」が運営している20代専門の転職エージェントです。

24歳から29歳の転職者に特化したサポートを展開しています。

  • 紹介される求人はすべて20代対象
  • 20代専任のアドバイザーがサポート
  • マイナビならではのノウハウが心強い

20代に特化したマイナビのサービスだけあって、使い勝手の良さ・サポートの質の高さはトップクラス。

転職経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、転職の悩みや不安を相談しやすいエージェントです。

対応エリアは以下のとおり。

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、
京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

20代の転職には欠かせないエージェントと言えるので、対象エリアの方は今すぐ登録しておきましょう。

マイナビジョブ20sの
公式ページ>>

全国の転職に対応【パソナキャリア】

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

 

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛けています。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならでは。

マイナビジョブ20’sの対応エリア外の方や30代以降の方はパソナキャリアを活用しましょう。

パソナキャリアの
公式ページ>>

正社員経験3年未満の転職には【ジェイック】

ジェイックは、未経験者や第二新卒者を専門にサポートしている転職エージェントです。

公式サイトでは「フリーターや大学中退の就職」を売りにしていますが、正社員経験3年未満の転職(第二新卒)にも非常に力を入れているサービスです。

 

社会人経験が少ない20代は転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックの場合、

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

また、ジェイックは全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」なので、安心して転職活動を進められるのもポイントです。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

正社員経験が3年未満で転職をする場合はジェイックに登録しておきましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>