20代の転職

社会人4年目の転職を失敗させないコツを解説【真っ先にやるべきは情報収集】

社会人4年目の転職を失敗させないコツを解説【真っ先にやるべきは情報収集】
こんな悩みを解決する記事です
社会人4年目で
転職するか悩む。。。
転職したいけど
失敗しないか不安。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

社会人として4年頑張ったものの、

  • 今の仕事は将来が不安
  • 仕事が自分に合っていない
  • 人間関係が悪い
  • もっと年収を上げたい
  • 職場環境が劣悪

このような不安・不満を抱えて、転職を考えている人もいるはずです。

社会人4年目は、大卒の場合は20代の折り返し地点。「今後のキャリア」に悩む年代ですよね。

 

そこで今回の記事では、僕の転職経験や人事目線を軸に「社会人4年目の転職を失敗しないコツ」についてまとめました。

 

実は社会人4年目の転職には、この時期にしか無いメリットがあります。

そして、転職を失敗しないためには、きちんと情報収集ができる環境を整えることが大切です。

ゆうき
ゆうき
分かりやすくお話していくので参考にしてもらえたら嬉しいです!
社会人4年目5年目の転職を失敗しないコツ【情報収集とニーズの把握を徹底せよ】
社会人4年目5年目の転職を失敗しないコツ【情報収集とニーズの把握を徹底せよ】 このような悩みを解決する記事です。 社会人4年目・5年目は、大卒なら26〜27歳前後。...

【知っておきたい】社会人4年目で転職をする3つのメリット

「社会人4年目の転職を失敗しないコツ」をお伝えする前に、知っておいてほしいことがあります。

それは、社会人4年目の転職には3つのメリットがあるということです。

きっと、転職に不安を感じている社会人4年目の人は多いと思います。

しかし、企業側にとって「社会人4年目の応募者」は、かなり魅力的な存在です。

つまり、転職する側にとってはメリットが多い時期なんです。

 

次の3つのポイントを押さえて、転職と向き合ってみてください。

  1. 社会人経験3年以上は評価される
  2. キャリアアップを目指せる
  3. 未経験分野にもチャレンジできる

社会人経験3年以上は転職先に評価される可能性が高い

職務経験としてきちんと評価されるのは、勤務歴3年以上からというのが一般的です。

そのため社会人4年目の人材は、これまでの経験や培ったスキルをアピールしやすくなります。

 

また、3年職務経験がありつつ年齢が若い(25歳前後)のは、採用する企業にとっても嬉しいポイント。

採用担当者や面接官に、

面接官
面接官
即戦力になりそうだし
これからも成長しそうだ

このように思ってもらえる可能性が高く、評価が上がりやすい年代と言えます。

キャリアアップを目指した転職が可能な社会人4年目

社会人経験が4年以上になると、キャリアアップを目指す転職が有利になりやすいのもメリットです。

なぜかというと、転職理由に真実味が出やすいという理由があるからです。

例えば、

  • 「社会人4年目」
  • 「社会人1年目」

の応募者2人が転職面接を受けたとします。

共に転職理由を「キャリアアップのため」と話した場合、社会人1年目の応募者に対しては、

面接官
面接官
まだ1年しか経験がないのに、
キャリアアップ!?
経験不足では。。。

このように面接官や採用担当者は不安を感じる可能性が高くなります。

「キャリアアップの準備ができていない」と判断されるからです。

 

一方、社会人4年目の応募者に対しては、

面接官
面接官
しっかり4年の経験があるし、
チャレンジ精神がある

このように好印象を持つ可能性が高いと言えます。

先にお話したように、3年以上の職務経験が評価されやすいからです。

 

もちろん、これらは採用担当者や面接官の考え方や業界によって変わってきますが、社会人4年目は「キャリアアップもしやすい」ということは頭に入れておきましょう。

「未経験職への転職」にも挑戦しやすい

社会人4年目は、キャリアアップと同時に「未経験職へも挑戦しやすい年代」でもあります。

一般的に未経験者を歓迎する企業は、

  • ポテンシャル
  • 熱意・バイタリティ
  • 人間性

などを評価軸に採用を決める傾向にあります。

社会人4年目の25歳前後は、「職務経験+若さ」をアピールしやすく、ポテンシャルや熱意が伝わりやすい年代です。

つまり、未経験職への転職に関しても、面接官や採用担当者が好印象を持ちやすいアドバンテージがあります。

 

逆に言えば、社会人のやり直しや未経験職への転職(キャリアチェンジ)を考えているなら、この時期がベストかもしれません。

25歳前後は社会人のやり直しが可能【仕事がうまくいかないときの対処法】
25歳前後は社会人のやり直しが可能【仕事がうまくいかないときの対処法】 「仕事が上手くいかない」 「ブラックに入社してしまった」 「人間関係でヘトヘト」 このように悩んで...

社会人4年目の転職は「第二新卒枠」に応募できるの!?

ところで、社会人4年目で転職を考えている方のなかには、

第二新卒の求人には
応募できるのかな?

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

ちなみに「第二新卒」は、以下のような人材を指します。

一般的に学校を卒業し就職をした後、数年内に離職し転職活動を行なう若手求職者を指します。また多くの場合、卒業後1~3年程度の求職者に対して、第二新卒と呼ぶようです。

引用元:エン転職

一般的には、社会人3年以内で転職する場合「第二新卒」として応募できる可能性が高いと言えます。

 

ただし、第二新卒の定義は求人企業によってバラバラで、

  • 25歳前後まで
  • 3年以内に転職をする人材
  • 20代は受け入れ可

など、様々なケースがあります。

なので、年齢や社会人経験だけで「第二新卒」かどうかを判断しないのが無難です。

記事の最後で詳しくお伝えしますが、エージェント系のサービスを活用して第二新卒枠への転職を相談してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク



【たったこれだけ】社会人4年目の転職を失敗しないコツ

ではここからは、社会人4年目の転職を失敗しないコツについてお話ししていきます。

と言っても難しいことは一切ありません。

失敗しないコツというのは、「まずは転職活動を始めてみること」です。

 

「え、いきなり!?」と思うかもしれませんが、ここからが重要です。

転職活動と言っても、「すぐに会社を辞めろ」と言いたいわけではありません。

在職中に情報収集を徹底しておくことがポイントです。

 

そもそもなぜ、社会人4年目の転職が不安になるのでしょうか?

それは、「転職後(退職後)の自分をハッキリとイメージできないから」ではないでしょうか。

先が見えないと、

  • 転職先が見つからないのでは?
  • 年収が下がってしまうかも
  • ブラック企業にあたらない?

など、転職の成功がイメージできません。

すると、不安が膨らむばかりでなかなか一歩が踏み出せないわけです。

 

実はこうした不安は、在職中にきちんと情報収集することでグッと軽減できます。

つまり、社会人4年目の転職を成功させるには、今のうちに精度の高い情報収集ができる環境を整えることが大切なんです。

社会人4年目の転職が不安なら情報収集を徹底する

では、具体的にどんな方法で情報収集をしたら良いのでしょうか。

ぼくがおすすめしたいのは、求人情報サイトと転職エージェントを同時活用する方法です。

 

転職を考えている方の大半は、リクナビNEXTなどの求人情報サイトで転職先を探しているかもしれませんが、それだけでは情報収集が不十分です。

キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できるエージェントも活用して、

  • 応募できる求人はどんなものがあるか
  • 年収や待遇はどの程度が期待できそうか
  • 将来的にどんなキャリアプランを描けそうか

以上3つは最低限チェックしておきましょう。

そうすれば、転職後の自分をイメージしやすくなり、転職に対する不安が軽減されます。

ゆうき
ゆうき
まずは転職エージェントを活用して、在職中に情報収集を徹底しておきましょう!

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

また、転職エージェントを活用する場合は、20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 第二新卒や経験不足でも
    内定を得やすい

などのメリットがあるからです。

とくにおすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳限定)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>