ニート・無職の就職

【33歳のニートは就職できない!?】最短で無職を抜け出す方法

【33歳のニートは就職できない!?】最短で無職を抜け出す方法
こんな悩みを解決する記事です
もう33歳だけど
ニートから就職できる?
無職を抜け出したいけど
33歳は遅いかも。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

ニートをやめたい」「就職したい」と思っても、33歳という年齢が気になり、一歩を踏み出せない方は多いかもしれません。

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

「もう手遅れでは?」と不安になりますよね。

 

たしかに、33歳のニートや無職から就職するのは簡単とは言えません。

ですが、しっかりコツを押さえて就活をすれば、まだまだ正社員になるチャンスは残されています。

諦めずにトライすることが大切です。

 

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに33歳のニートが最短で無職を抜け出す方法をまとめました。

  1. 就活は「今すぐ」スタート
  2. 「ニートや無職が就職できない理由」
    を知る
  3. 面接が通りやすい仕事に
    フォーカスする
  4. 就活をひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
少しでも「ニートを抜け出したい」と考えているなら、参考にしてくださいね!

関連記事:ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】

ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】
ニートをやめたいと思ったら今日からやるべき3つのこと【これしかない】 ニートを辞めたいと思っても、なかなか踏ん切りがつかず一歩を踏み出せない人は多いのではないでしょうか? 実は僕もニー...

【チャンスは今】33歳のニートや無職から就職を目指すなら今すぐ就活をスタート

1つ目の方法は、就活は今すぐスタートさせることです。

最初にお話したように、33歳のニートや無職には就職チャンスが残されています。

ですが、そのチャンスは年齢を重ねるごとにどんどん減っていきます。

いわゆる「就職の限界年齢(デッドライン)」は間近に迫っているわけです。

 

とくに未経験で応募できる求人の数は、年齢が上がるにつれ減少し、35歳を境に激減すると言われています。

もちろん、30代後半からでも就職する人はいますし、業界や職種によって就職チャンスは異なります。

しかし今後は、

  • 仕事を選べなくなる
  • 書類が通らない
  • エージェントのサポートも
    期待できない

このような状況になっていくのは避けられないということは頭に入れておくべきです。

 

僕は就活を一度挫折した経験があり、1年後に再チャレンジをしています。

その経験から言っても、就活は先延ばしにするほどハードルが上がります。

過去に戻れない以上、一番若いのは「今」です。

ニートや無職を抜け出したいなら、「今」動き出すことが非常に大切です。

アルバイトよりも正社員を目指したほうが良い理由

もしかすると、

33歳までニートの自分は
まずはアルバイトから
始めるべき?

このように考える人もいるかもしれません。

 

たしかにアルバイトや派遣は正社員就職より採用ハードルが低い傾向があります。

そのため、ニートや無職からでも雇ってもらいやすいと言えます。

しかし、おすすめできる働き方ではありません。

と言うのも、仮に33歳でアルバイトをはじめると、あっという間に30代中盤、そして後半になってしまいます。

先にお話したように、30代後半以降はさらに正社員になるのが難しくなります。

すると、高齢フリーターを抜け出せないリスクが高くなってしまいます。

 

ずっとアルバイトでやっていけるなら良いですが、40代、50代をフリーターとして生きていくのは金銭的にも肉体的にも厳しいものがあります。

とくに金銭面は、正社員と非正規では非常に大きな差が生まれてしまいます。

正社員と非正規雇用の賃金カーブ

ピーク時には平均で月収20万円近い差が生まれるというデータもあります。

 

もちろん、腕鳴らし程度に日雇いバイトなどをするは良いと思いますし、フリーターがダメと言いたいわけではありません。

ですが、少しでも正社員として就職することを考えているなら、33歳の今のうちに就活にトライしたほうが後悔しないのは確かです。

ゆうき
ゆうき
まずは「今すぐに動き出すこと」が1つ目のポイントです!

関連記事:フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】

フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】
フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】 フリーターは将来が不安ですよね。きっと、「そろそろ就職するべきかも」と考えているのではないでしょうか。 僕もフリー...

就職が難しい理由を知った上で就活をする【33歳のニートや無職のイメージとは】

2つ目のポイントは、33歳のニートや無職から就職するのが難しい理由を知ることです。

きっと大半の方は、

33歳のニートや無職が
就職するのは難しいよね…

こんなふうに思っているはずです。

実はここから一歩踏み込んで、「就職が難しい理由を理解すること」が非常に大切です。

 

なぜなら、就職が難しい理由を理解すれば、面接対策(書類対策)がしやすくなるからです。

 

では、どうして33歳のニートや無職の就職は難しいのでしょうか?

様々な理由はありますが、就活が難しくなる大きな要因は、面接官や採用担当者に不安を与えるからです。

信用度が低いため就活が難しくなるわけです。

信用度アップが就活のカギ

もしもあなたが、企業の面接官や採用担当者だったら、

  • 「ニート」
  • 「無職」
  • 「ブランクがある」
  • 「33歳」

このようなキーワードからなにを想像するでしょう?

 

きっと、

「すぐに辞めてしまうのでは?」

「職場に馴染めないかも?」

「本気で正社員になりたいのか?」

このような不安を感じるのではないでしょうか?

不安が多いと、採用を躊躇(ちゅうちょ)することに繋がります。

つまり、33歳のニートや無職は就職が難しくなるわけです。

 

なので、就職を叶えるには面接官や採用担当者の不安を取り除くことが大切です

ゆうき
ゆうき
信用を得ることがニートや無職の就活を成功させるカギと言えます!

「将来性」「熱意」「人柄」を求められている

では、どのように面接官や採用担当者の不安を取り除いたら良いのでしょうか?

それは、未経験者が求められる資質をきちんとアピールすることです。

 

実は、33歳でニートや無職の「未経験者」を採用する企業は、経験やスキルを期待してはいません。

その代わり、

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 熱意
  • 職場に馴染む人柄

などを求めています。

経験やスキルが期待できない分、成長を期待できたり、熱意やバイタリティのある人材を採用するケースが多いわけです。

なので、面接官や採用担当者の信頼を獲得するには、上記で挙げた

  • 将来性
  • バイタリティ
  • 熱意
  • 職場に馴染む人柄

をきちんとアピールできるように準備する必要があります。

  • 就職後にどう成長したいか
  • なぜその会社を選んだのか
  • 自分はどんな人間か

を考えて、信頼を獲得できるアピールを練りましょう。

ゆうき
ゆうき
33歳のニートや無職から就職を成功させるには、面接官の気持ちを理解して信頼を勝ち取ることが大切です!

【就職チャンスをアップ】33歳のニートや無職でも面接が通りやすい仕事にフォーカス

3つ目のポイントは、面接が通りやすい仕事にフォーカスすることです。

仕事を探す場合、「この業界が良い」「あの仕事は嫌」など、様々な希望があると思います。

もちろん、どうしても働きたい業界や職種があるなら、まずはチャレンジしてみるべきです。

しかし、33歳のニートや無職から就職する場合、仕事を選びすぎると就職チャンスが広がりません。

逆に、応募できる求人がガクッと減る可能性が高いと言えます。

また、仕事を選びすぎてしまうと、

なかなか仕事が決まらない

焦る

モチベーションが下がる

こうしたループに陥り、就活を挫折するリスクもあります。

 

なので、まずは33歳のニートや無職からでも面接が通りやすい仕事にフォーカスして、そのなかで

  • 自分に向いていそうな仕事
  • チャレンジする価値が
    ありそうな求人
  • 興味が湧いた業界

に応募してみることをおすすめします。

人手不足の業界と未経験者の採用率が高い職種に目を向ける

では、具体的に面接をパスしやすいのはどんな仕事なのでしょうか?

それは、以下の条件を満たした仕事です。

  1. 「人手が足りない業界」
  2. 「未経験の採用が多い職種」

 

当然ですが、人手が足りない業界は

  • たくさん求人を出す
  • 採用のハードルを下げる
  • 高待遇を用意する

このような傾向にあるため、33歳のニートや無職からでも就職がしやすくなります。

日本商工会議所が調べたデータによれば、人手不足の割合が高い業界は以下のとおりです。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、サービス、IT系企業は、慢性的に人手不足と言われている業界です。

こうした業界にフォーカスすることで、就職チャンスはグッとアップします。

また、未経験者を歓迎する割合が高い職種に目を向けるのもおすすめです。

未経験者の採用が多いということは、

  • 研修制度の充実
  • 職場に馴染みやすい
    (未経験の同期が多い)
  • キャリアアップしやすい

などが期待できるため、33歳のニートや無職から就職する方にとってメリットの多い就職先です。

 

以下は、転職サイトのマイナビが調査した「未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

ニートや無職からの就活を成功させる秘訣は、「就職チャンスの多いところにアプローチする」ということにあります。

ゆうき
ゆうき
面接が通りやすい仕事にフォーカスするだけでも、就職チャンスがグンとあげるはずです!

関連記事:【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点

【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点
【知らなきゃ損】フリーターやニートが就活で受かりやすい仕事と応募時の注意点 フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。 がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても...

【頼れるものは積極的に頼る】ニート・無職の33歳はひとりで悩まないことが大切

最後のポイントは、就活をひとりで悩まないことです。

この記事を読んでいる方の多くは、

  • 33歳で本当にニートを抜け出せるか不安
  • どんな仕事を選んでいいかわからない
  • ずっと無職だから面接や書類に自信がない

このように様々な不安を抱えているはずです。

不安を1人で抱え込むと、なにひとつ良いことはありません。

ますます悪い方向に考えやすいですし、いずれは身動きが取れなくなってしまいます。

 

実際に僕はなかなか就活がうまくいかず、1度フリーターに舞い戻った時期があります。

 

なので、就活はひとりで悩まずに

  • 「頼れるものは積極的に頼る」
  • 「客観的な視点を取り入れる」

という姿勢を持つことが大切です。

幸い今は、ニートや無職などの「未経験者」をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などを利用すれば、就職に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーが無料でサポートをしてくれます。

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、ニートや無職などの「未経験者」をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる