就職の方法

【大学卒業後は就職できないと思う必要なし】就活を成功させる3つの方法をわかりやすく解説

【大学卒業後は就職できないと思う必要なし】就活を成功させる3つの方法をわかりやすく解説
こんな悩みを解決する記事です
大学卒業後の就活を
成功させるにはどうしたらいい?
新卒じゃないと、
良い会社には就職できない!?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

就職しないまま大学を卒業してしまうと、将来が不安になりますよね。

「新卒で就職できない=道を外れた」というイメージがあるので、進路やキャリアに悩むはずです。

実は僕もフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

 

しかし、たとえ大学を卒業した後でも、きちんとコツをを押さえて就活を進めれば、就職チャンスはあります。

大切なのは、諦めずにトライすることです。

 

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに「大学卒業後の就活を成功させるコツ」をまとめました。

  1. 就活は「早め」を意識する
  2. 既卒の強みを活かす
  3. ひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
難しいことはないので、参考にしてもらえると嬉しいです!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

【大学卒業後は就職が不利!?】既卒就活の実態とは

本題に入る前に、少しだけ「大学卒業後の就職」についてお話します。

きっと、大学卒業後は、

  • 就活が不利になる
  • フリーターになるしかない
  • 正社員は厳しい

このように思っている方は多いかもしれません。

 

たしかに大学卒業後(既卒)の就職率は、新卒と比べてグッと下がります。

転職サイトのマイナビが調査したデータによれば、2020年度現役学生(新卒)の内定保有率は77.6%。

対して既卒者は、34.4%と半数以下です。(引用データ:マイナビより一部抜粋)

大学を卒業したあとは、内定が取る人が減るのは事実です。

 

しかし、「大学卒業後は就職できない」「フリーターになるしか道はない」というのは言い過ぎです。

冒頭でもお話したように、きちんと就活をすれば、まだまだいくらでもチャンスはあります。

大学卒業後でも諦めずに就活を進めればチャンスはある

例えば、現在は人手不足を抱える企業が多いことをご存知でしょうか?

日本商工会議所が調査したデータによれば、実に50%以上の中小企業は、人手不足を抱えていることが分かっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手が足りないということは、当然「求人」が増えます。

そして、企業は採用のハードル(難易度)を下げる傾向にあります。

つまり、経験やスキルに不安がある既卒者にもチャンスが巡ってきやすいわけです。

 

また、近年は少子高齢化や新卒人気が高いことから、新卒を採用したくても出来ない企業が増えていると言われています。

こうした企業は、

  • 既卒者
  • フリーター
  • 第二新卒者

といった人材を積極的に採用する傾向にあります。

 

なので、大学卒業後でも、諦めずに就活を進めればチャンスはたくさんあります。

ゆうき
ゆうき
まずは「前向きな気持ち」で就活にトライしていきましょう!

関連記事:【この先どうする?】将来が不安な既卒やフリーターが今すぐ考えたい6つのこと

【この先どうする?】将来が不安な既卒やフリーターが今すぐ考えたい6つのこと
【この先どうする?】将来が不安な既卒やフリーターが今すぐ考えたい6つのこと 既卒やフリーターをしていると、将来に不安を感じますよね。 「真面目に就活すればよかった」「フリーターになって後悔」...

【スピーディーが命】大学卒業後の就活は早めを意識する

ゆうき
ゆうき
それでは本題です。大学卒業後の就活を成功させるコツをお話していきます!

まずは、大学卒業後の就活は「早め」を意識することが大切です。

なぜ「早め」を意識したほうが良いかというと、

  • ブランクを空けずに済む
  • 良い求人を見つけやすい
  • 新卒と大差なく経験を積める

このようなプラスがあるからです。

 

大学を卒業して時間が経過すると、当然「ブランク期間」が長くなりますよね。

ブランクは、就活で不利に捉えられるケースが多く、基本的に未経験者の就活は、年齢の若いほうが有利になりやすい傾向があります。

なぜなら、未経験者を採用する企業は、

  • 将来性
  • やる気・熱意
  • バイタリティ

などを重視するため、「若い人材」を優遇するためです。

実際、未経験で応募できる求人は、年齢が高くなるにつれて減少することもわかっています。

また、早めに就職をしたほうが、新卒の同年代と

  • キャリア的な差
  • 収入の差

などを最小限に食い止めることができます。

仮に非正規雇用で働いた場合、正社員で働く人と比較し、平均月収の差が最大で20万円程度まで広がることも分かっています。

年収にすると、200万円以上違いが出る計算です。

正社員と非正規雇用の賃金カーブ

なので、大学卒業後に将来が不安なら、「早め」に就活を進めることが非常に大切です。

ゆうき
ゆうき
先延ばしにすればするほど就職チャンスは減りダメージも大きくなります。「今」がんばって、あとで後悔のないようにしましょう!

関連記事:フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】

フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】
フリーターは何歳まで続けられる?【限界を感じたときの対処法】 フリーターは将来が不安ですよね。きっと、「そろそろ就職するべきかも」と考えているのではないでしょうか。 僕もフリー...

【企業のニーズを知ろう】大学卒業後は既卒の強みを理解して就活を進める

2つ目のコツは、既卒の強みを理解して就活を進めることです。

もしかすると、

卒業後は「新卒カード」も無いし
自分にはアピールできることが
何もない。。。
スキルや経験がないから
就職は難しいのでは!?

このように悩んでいる方は多いかもしれません。

僕も就活をしたとき、面接で何をアピールしたら良いか相当悩みました。

 

そこでおすすめしたいのは、企業が大学卒業後の既卒者に何を求めているかを理解することが大切です。

既卒者を採用する企業は人間力を求めている

実は「既卒者」を採用する企業は、スキルや経験を強く求めてはいません。

それよりも、

  • やる気・熱意
  • 将来性
  • 職場に合う人柄か

など、一言でいうと「人間力」を見ている場合が多いと言えます。

実際、転職サイトのマイナビが調査した「第二新卒の採用で重視した基準」というデータでも、以下のような結果が出ています。

【「第二新卒の採用で重視した基準】

  1. 入社意欲の高さ
  2. 一緒に働ける人材か
  3. 社内と合いそうな人材か

参考データ:マイナビジョブ20’sより一部抜粋

つまり、大学卒業後の就活では、こうした「企業のニーズ」を理解して、そこに沿うアピールを準備することが大切なんです。

 

なので例えば、

  • アルバイト歴を盛って
    アピールする
  • 嘘でもいいから
    スキルの高さを伝える

といったアピールをするよりも、

  • 就職に懸ける
    熱意を伝える
  • 自身の人間性が伝わる
    エピソードを用意する
  • 就職後の展望を語る

など、企業のニーズに合うアピールを練っておくのがおすすめです。

企業の面接官や採用担当者は、面接で

  • 信頼できる人材か
  • 将来性があるか
  • 真剣に就職したいと考えているか

などをチェックしています。

とくに大学卒業後の既卒者に対しては、「真剣に就職を考えているか」を厳しく見る傾向にあります。

ゆうき
ゆうき
信頼してもらえるように、企業のニーズを意識したアピールを練っておきましょう!

【挫折しない】大学卒業後の就活はひとりで悩まないことが大切

最後のコツは、ひとりで悩まないことです。

正直に言って、大学卒業後の就活は大変です。

不安なこともたくさんあるはずです。

  • 仕事選びに自信がない
  • 書類の書き方がわからない
  • 面接が不安でしかたない

など、悩みのタネは尽きませんよね。

実際に僕も何から手をつけていいかわからず、就活を諦めフリーターに舞い戻った時期があります。

 

そんな経験から言えるのは、就活をひとりでがんばる必要はないということです。

幸い今は、

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

など、キャリアアドバイザーやカウンセラーなどに相談できる就活サービスがたくさんあります。

こうしたサービスを使ったほうが、断然就活は楽になりますし、モチベーションも上がります。

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、既卒者や未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる