仕事を辞めたい

【クレームがきつい】カスタマーサポートを辞めたい人のための転職術

【クレームがきつい】カスタマーサポートを辞めたい人のための転職術
こんな悩みを解決する記事です
クレームがひどいし
プレッシャーもキツイ…
カスタマーサポートの仕事を辞めたい

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

カスタマーサポートは、顧客と企業をつなぐ窓口。ひとつのミスが大きな問題に発展しかねない責任の重い業務と言えます。

また、クレーム処理などでストレスのかかる仕事です。

そのため、カスタマーサポートを辞めたい、転職したいと考える人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、管理人の転職経験と人事目線を軸にカスタマーサポートを辞めたい人のための転職術をまとめました。

まずは次の3つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 早めに転職の準備をする
  2. カスタマーサポートの経験を活かす
  3. どんな転職の形があるか
    事前に情報収集する
ゆうき
ゆうき
1つでも参考にしてもらえると嬉しいです!

【まずはチェック】カスタマーサポートを辞めたい人に多い転職理由

本題に入る前に、独自のアンケート調査で見えてきた「カスタマーサポートを辞めたい人に多い転職理由」をお伝えします。

自分と同じ理由があるかチェックしてみてください。

  • 顧客のクレームがつらい
  • 上手くサポートできない
  • アウトバウンドコールが苦手
  • 給料がなかなか上がらない

顧客のクレームがつらい

カスタマーサポートの仕事で最も多い悩みは、「顧客のクレームがつらい」というものです。

顧客の苦情や不満を聞くのは、誰だって精神的にきついものがあります。

たとえそれが自分に対するものではなく、会社に対するクレームだと分かっていても、うまく受け流せない人は多いようです。

会社側に落ち度があればまだ楽なほう。
いわゆる「モンスターカスタマー」の相手は本当に骨が折れます。

こんな意見もありました。

また、「クレーム処理がうまくできず、それがクレームになってしまった」というケースもあり、クレームが原因で転職を考える人は多いようです。

うまくサポートできない

カスタマーサポートは、その名のとおり「顧客をサポートする仕事」です。

ですが、

  • サポートがうまくできない
  • そもそも顧客と会話するのが苦手
  • デスクに張り付いているのが耐えられない

など適正を理由に転職を考えるケースも多いようです。

カスタマーサポートの勤続年数が浅い人に多い転職理由と言えます。

アウトバウンドコールが苦手

カスタマーサポートの多くは、基本的にはインバウンド業務が主です。

しかし、営業目的のアウトバウンドコールを課せられる職場もあります。

この場合、

  • ノルマを達成できない
  • 電話をかけるのが
    精神的につらい
  • そもそもアウトバウンドを
    説明されていなかった

などの理由でカスタマーサポートを辞める人もいるようです。

給料がなかなか上がらない

業務内容や企業によって給料はまちまちですが、基本的にカスタマーサポートは給料の大幅アップを見込める仕事ではありません。

もちろん、スーパーバイザーなどのマネジメントポジションを目指せば年収アップは可能ですが、狭き門と言わざる得ません。

そのため、収入に不満を感じて転職を考えるケースも多いようです。

 

まとめると、転職理由に多い「人間関係」や「やりたい仕事ができない」と言った理由よりも

  • 顧客のクレームがつらい
  • 上手くサポートできない
  • アウトバウンドコールが苦手
  • 給料がなかなか上がらない

など、業務内容や待遇面に不満を抱えて転職する人が多い傾向にあるようです。

スポンサーリンク



【カスタマーサポートの仕事を辞めたいなら】早めの転職を考えたほうがプラス

1つ目のポイントは、カスタマーサポートを辞めて転職をしたい場合は早めの転職を考えたほうが良いということです。

なぜかと言うと、例えば、

通販会社のカスタマーサポートから
一般企業の営業事務

IT系企業のカスタマーサポートから
アパレル販売職

このように業界や職種を変えたり、未経験分野に転職する場合は若ければ若いほうが有利になりやすいからです。

 

では、どうして年齢的に若いほうが有利になるかというと、企業の採用担当者や面接官は以下のようなポイントを期待するからです。

  • ポテンシャル(将来性)
  • やる気や熱意
  • 人間系(指導のしやすさ)

採用担当者としては、若いほうが将来性を期待できますし、適応力やバイタリティを感じるわけです。

 

また、未経験で応募できる求人の数も年齢が上がるにつれて減少傾向にあることもわかっています。

もちろん、若さや年齢がすべてではないですし、転職する業界や職種によっても転職のしやすさは変わってきます。

 

ですが、未経験の転職は、25歳、30歳、35歳といった年齢の区切りで与える印象が変わってくるので、早めに動き出すのがベターです。

とくに女性は、27歳前後が転職適齢期という風潮もあるので意識しておくと良いですね。

ゆうき
ゆうき
転職を考えているなら、早めの行動がチャンスを逃さないコツです!
スポンサーリンク



【カスタマーサポートを辞めて全く一からやり直したい】という姿勢はマイナス?

もしかすると、カスタマーサポートを辞めたい人は、

カスタマーサポートとは
全く別の仕事がしたい…
一からやり直したい

このように考える人が多いかもしれません。

新しいスタートを切るのは、なにも悪いことではありませんが、

  • 一からやりなおす
  • まったく新しい仕事をする
  • 勉強するつもりでがんばる

こうした気持ちで転職活動に臨むのは、マイナスになるかもしれないので注意が必要です。

どうしてかというと、転職活動は基本的にこれまでの経験や培ったスキルを活かす場だからです。

新卒の就活なら、

「経験ゼロからがんばる!」

という姿勢でも構いませんが、ある程度社会人経験がある転職者はそうもいきません。

 

なので、これまでに積み上げた経験やスキルを活かせないかをきちんと考えて転職活動に臨むことが大切です。

異業種や未経験分野でもカスタマーサポート経験は活きる

でも、カスタマーサポートの経験を
どうアピールしたらいいの!?

と悩む人もいるはずです。

実は、カスタマーサポートで培った経験やスキルは、異業種や未経験分野でも十分に活かすことができます。

例えば、カスタマーサポートの仕事で得られる経験やスキルは以下の通りですが、幅広い業界や職種で応用できるものばかりです。

  • コミュニケーションスキル
  • 対応力・適応力
  • 商品・サービスの
    豊富な知識
  • ビジネスマナー
  • PCスキル など

例)事務職に転職する
⇒コミュニケーションスキルやビジネスマナー、PCスキルが活きる

例)アパレル店員に転職する
⇒コミュニケーションスキルや対応力、商品知識などが活きる

 

転職成功の鍵は、

これまでの経験やスキルと
転職先の業務をいかにマッチングさせるか

に懸かっている部分があります。

ゆうき
ゆうき
「カスタマーサポートの経験を活かして心機一転する」という意識で転職活動を進めていきましょう!
スポンサーリンク



【不安を解消】カスタマーサポートを辞めたいならきちんと情報収集できる環境を整える

最後のポイントは、カスタマーサポートを辞める前にきちんと情報収集できる環境を整えておくことです。

正直なところ、転職は決して簡単とは言えません。

  • 転職先はあるのか
  • 給料はダウンしないか
  • 面接はどう乗り切ったら良いか

など、不安も尽きないはずです。

僕自身、転職活動が思い通りに進まず、半年以上足踏み状態になった経験もあります。

転職には必ずリスクがありますし、仮にカスタマーサポートのクレームや不満から開放されても、転職活動がうまくいかなかったら元も子もないですよね。

 

なので、まずはきちんと情報収集できる環境を整えて、

  • どんな仕事に転職できるか
  • 給料アップは見込めるか
    または維持が可能か
  • その他の希望は叶うか

などをきちんと予測することが大切です。

 

具体的には、ひとりで転職活動を進めずにエージェント系の転職サービスを活用してください。

エージェントというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に沿った求人探し
  • 書類や面接など
    受かるためのアドバイス
  • 企業とのやり取り

などを全て無料でサポートしてくれる転職サービスを指します。

一般的に馴染みのある「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といったサービスは、いわゆる「求人サイト」と呼ばれ、求人検索から応募、面接まですべてひとりで対応します。

一方「エージェント系サービス」は、転職に詳しい担当者が求人紹介から面接対策まで直接サポートしてくれるのが特徴です。

エージェント系サービスであれば、前もって希望がどの程度叶いそうかを転職の専門家(キャリアアドバイザー)に相談できます。

例えば、

カスタマーサポートを辞めて
別の職種に転職したいのですが。。。

と相談をすると、

アドバイザー
アドバイザー
経験やスキルを活かせるのは
この求人ですね。
職場環境はこんな感じです!
年収もキープできると思います。

このような提案をしてくれます。

転職後をイメージしやすくなるので、転職活動を前向きに進めることができます。

ゆうき
ゆうき
キャリアアドバイザーに相談することで、転職の不安は解消できます。賢く活用しましょう!
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説 このようにお悩みではありませんか? 世の中には様々な転職サービスがあるので違いがよくわかりませんよね。...

今すぐ登録しておきたいエージェントサービス3選

では最後に、サポート力と求人の質が高いエージェント系サービスを3社お伝えします。

まずは2〜3社登録して、それぞれを比較しながら自分に合うサービスを重点的に利用していきましょう。

 

まず「20代の方」におすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方、そして30代以上の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント

20代の転職を成功させるには、20代に強い転職エージェントを使うのがセオリーです。

なぜなら、

  • 20代を対象にした求人が多いので転職しやすい
  • 転職のコツ・ノウハウをアドバイスしてもらえる
  • 未経験職への転職・初めての転職に対応してくれる

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、20代の転職に強いエージェントをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

20代の転職に強い
転職エージェント
まとめ>>