ニート・無職の就職

【ニートや無職でもdodaは使えるの!?】就活で悩んだときの対処法

【ニートや無職でもdodaは使えるの!?】就活で悩んだときの対処法
こんな悩みを解決する記事です
ニートの自分でも
dodaを使って
就活できる?
無職だけど
dodaで仕事を
紹介してもらえるの?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

この記事を読んでいるということは、「ニートや無職でもdodaは使える?」と悩んでいるのではないでしょうか?

本当に仕事を紹介してもらえるか不安ですよね。

実は僕もフリーターから就職したので、同じように悩んだ経験があります。

 

はじめに結論を言うと、ニートや無職でもdodaに登録することは可能です。

しかし、dodaをはじめとする大手総合型の転職エージェントで就活をするなら、注意すべきポイントがあります。

ここを押さえないと、就活がうまく進まないかもしれません。

 

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに「ニートや無職者がdodaを使うときの注意点」をまとめました。

  1. doda活用時の注意点
  2. ニートや無職のための
    賢いエージェント選び
  3. エージェント活用術

をわかりやすくお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

ゆうき
ゆうき
早速、dodaを活用する上での注意点をお話していきます!

ニートや無職でdodaを使うときの注意点【主に正社員向けのサービス】

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

  • 電車広告やCMなどで
    知名度が高い
  • 転職フェアを開催
  • 利用者数が多い

など、転職者にとって非常に魅力的なサービスです。

dodaのイメージ画像

実際に「転職者満足度No.1」という結果も出ており、転職をするなら積極的に活用したいところです。

 

しかし、ニートや無職の方がdodaを使う場合は、必ず押さえておかなくてはいけないことがあるんです。

それは、基本的にdodaは正社員経験を有する人材を対象とした転職エージェントだということです。

 

実はdodaの公式サイトには、以下のようなQ&Aが掲載されています。

【正社員としての就業経験がないと、サービスは利用できませんか?】

サービスのご利用は可能です。

なお、正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験をお持ちではない場合や学生・アルバイトご経験のみの場合、サポートが難しい場合があります。

引用元:doda より一部抜粋

要約すると、

  • ニートや無職でも
    サービスの利用は可能
  • しかし就業経験なしは
    サポートが難しい

という内容です。

つまり、ニートや無職から就職する場合、サポート対象外の可能性が高いわけです。

こうした例はdodaだけでなく、他の大手総合型転職エージェントも似たような状況になっています。

例えば、マイナビが運営する「マイナビエージェント」では、以下のような注意書きが掲載されています。

【マイナビエージェントの場合】

「マイナビエージェント」が保有するのは社会人経験を有する方を対象とした求人が中心です。

引用元:マイナビエージェント「マイナビ転職」とは何が違うのですか?

 

大手リクルートが運営している「リクルートエージェント」にもこんなQ&Aがあります。

【リクルートエージェントの場合】

正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?

はい、ご利用いただけます。

ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。

そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

引用元:リクルートエージェント

正社員経験が無いニートや無職の方は、dodaをはじめとする大手転職エージェントのサポートは期待できないかもしれません。

関連記事:ニートやフリーターはマイナビエージェントを使える?【失敗しない活用術を徹底解説】

ニートやフリーターはマイナビエージェントを使える?【既卒者の活用術を徹底解説】
ニートやフリーターはマイナビエージェントを使える?【失敗しない活用術を徹底解説】 マイナビは、知名度が高く非常の人気のある就活サービスです。 そのため、「マイナビを使って就活を進めたい!」と考える...

dodaオンリーで就活を進めるのはおすすめできない

とは言え、お伝えしたようにdodaは、満足度が高く、日本でもトップクラスの求人数をほこるエージェントです。

サポートの可能性が0%ではないので、登録してみるのもひとつの方法です。

しかし、dodaオンリーで就活を進めてしまうと、

  1. なかなか仕事を
    紹介してもらえない
  2. サポートを断られる
  3. 就活のモチベーションが
    下がってしまう

このようなスパイラルに陥る可能性があります。

就職チャンスが広がらないリスクがあることは心に留めておいてください。

ゆうき
ゆうき
dodaはニートや無職の就活には厳しいサービスです。dodaだけを使うのはおすすめできません!

【dodaが使えないならどうする!?】ニートや無職のための賢いエージェント選び

じゃあ、
実質dodaが使えないなら
ニートや無職の自分は
どうしたらいいの!?

と不安に思った方もいるはずです。

たしかに、dodaなどの「大手総合型転職エージェント」は、正社員経験がないとサポートを受けるのは厳しいと言えます。

しかし、自分の状況に合致したエージェント系のサービスを活用すれば、問題は解決します。

実は現在、ニートや無職などの「未経験を対象としたエージェント」が増えています。

dodaほどの知名度はありませんが、未経験に特化しているため、正社員歴やスキルがなくても、きちんと仕事紹介やサポートを受けることができます。

さらに近年は、人手が足りない中小企業が多く、新卒獲得が難しい状況から、

  • 既卒者
  • 第二新卒
  • フリーターなどの
    未経験

を積極的に採用する企業も見受けられます。

つまり、自分に合うサービスを使って賢く就活をすれば、ニートや無職にも就職チャンスはあるわけです。

また、ニートや無職の就活に特化したエージェントを活用したほうが、

  • 自分に合う求人を
    紹介してもらいやすい
  • 就活のコツやマナーを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みや不安を
    相談しやすい

など、様々なプラスがあります。

なので、ニートや無職の方は、dodaなどの大手転職エージェントを頼るよりは、未経験者に特化したエージェントを活用しましょう。

ゆうき
ゆうき
dodaが悪いわけではありませんが、未経験者に特化したエージェントをメインに活用することをおすすめします!

ニートや無職の就活におすすめできるエージェント系サービス3選

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

 

実はリクルートにも、フリーターやニートなどの「正社員経験がない人」を対象としたエージェントサービスがあります。

リクルートエージェントほど有名ではありませんが、「就職Shop」というサービスです。

就職shopのイメージ画像

未経験でも応募できる求人を多数紹介してもらえますし、書類選考なしの求人にも応募できます。

カウンセリングも丁寧、大手リクルートならではの質の高いサービスが受けられるのも魅力です。

サポートエリアは以下のようになっています。

東京・神奈川・千葉・埼玉
大阪・京都・神戸

公式サイトでは面談予約ができます。

就職shopの面談予約画像

予約は1分程度で完了するので、まずはキャリアアドバイザーに相談してみると良いですね。

就職shop
公式サイト >>

【doda以外でも使える】就職エージェントの賢い活用術

それでは最後に、就職エージェントの賢い活用術をお伝えして終わりにします。

就職エージェントは非常に便利で役立つサービスですが、使い方を間違えると思ったような結果が得られない場合があります。

最低限、以下の2つを心がけると就活がうまく進みやすくなります。

  1. 就職への熱意を見せる
  2. 最後は自分で決断する

就職への熱意を見せる

エージェント系サービスを利用する方のなかには、

登録すれば
あとはエージェントが
適当にやってくれるよね
お客さんなんだから
サポートしてもらうのは
当たり前でしょ

と思っている人もいますが、これはNGです。

 

もちろん、エージェントの担当者は就活サポートが仕事です。

しかし、担当者も生身の人間なので、就職に対して熱意のある人を応援したくなります。

なので、

  • 就職へのやる気を見せる
  • 約束は守る
  • レスポンスは必ずする

など、熱意やマナーをもってエージェントと接することが大切です。

そうすることで、良い求人が回ってきたり、サポートの質が上がるかもしれません。

最後は自分で決める

繰り返しになりますが、エージェントのサポートは非常に便利です。

しかし、自分の意見を持たず、すべてエージェントの言いなりで就活を進めてしまうと、

就職はできたけど
もう辞めたい。。。
面接は受けてるけど
なかなか受からない

など、残念な結果にならないとも言い切れません。

あくまでもエージェントの担当者は、「就活のサポート役」です。

就活のハンドルを握るのは、あなた自身です。

なので、「最後は自分の責任で決断する」という意識をもって就活を進めていきましょう。

就活を成功させるには、

  • 疑問点はきちんと聞く
  • 嫌なことは否定する
  • きちんと意見を伝える

という姿勢も大切です。

ニートや無職の就活が専門のエージェントサービスをフル活用しよう

いかがでしたか?

  1. dodaだけはおすすめできない理由
  2. ニートや無職者におすすめの
    エージェント系サービス
  3. 就職エージェントの賢い活用術

以上3つのポイントを解説してきました。

dodaだけを使うのでなく、ニートや無職(未経験者)の就活をきちんとサポートしてくれるエージェントサービスを活用するのがポイントです。

ゆうき
ゆうき
就職のチャンスが広がるのでぜひ試してみてください!

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

【即就職したい・書類選考なしがいい】
【就職Shop】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる