未経験(フリーター・既卒)の就職

フリーターや既卒は人生終了だと思ったら読む記事【諦める必要はない理由も解説】

フリーターや既卒は人生終了だと思ったら読む記事【諦める必要はない理由も解説】
こんな悩みを解決する記事です
フリーターの自分は
人生終了かも。。。
わたしは一生アルバイト!?
お先真っ暗。。。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

フリーターや既卒の方のなかには、「もう巻き返しなんて出来ない、人生終わった」と不安になる人は多いと思います。

僕もフリーターから就職した経験があるので、悩む気持ちはよくわかります。

 

ですが、「フリーターや既卒は人生終了」というのは大きな間違いです。

なぜなら、諦めなければフリーターや既卒からでも就職するチャンスはたくさんあるからです。

この記事では、僕の就活経験と人事目線をもとにして、

  • 人生終了は間違いな理由
  • 「フリーター=人生終了」と考えてしまう
    原因と対処法
  • フリーターから正社員になるコツ

をまとめました。

ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです!

「フリーターや既卒=人生終了」が間違いの理由とは!?

ではどうして、「フリーターは人生終了というのは間違い」と言えるのでしょうか?

それは、

  1. 世の中は正社員以外は人生終わり
    というほど厳しくない
  2. フリーターが巻き返すチャンスは
    いくらでもある

以上2つの理由があるからです。

正社員以外は人生終わりというほど厳しくはない

ところで、日本には現在約5,460万人の雇用労働者がいます。

そのうち、何人が正規雇用(正社員)かご存知でしょうか?

実は、正規雇用は3,423万人で、残りの2,036万人が非正規雇用なんです(※厚生労働省「非正規雇用の現状と課題」より)。

つまり、働いている人全体の約4割はアルバイトや派遣といった非正規雇用の人たちです。

 

もしも、「フリーターや既卒=人生終了」というのが正しければ、約40%の人たちは生きていけないことになりますよね。

そんな世の中、厳しすぎると思いませんか?

たしかに、非正規雇用は正規雇用に比べ、職が不安定だったり給料が少ない、待遇が悪いなど、マイナスはあります。

とは言え、正社員じゃなければ人生が終わりというわけではありません。

現に約4割の非正規雇用の人たちは立派に生きています。

実際に僕も、フリーター時代は最低限の暮らしをしていました。

フリーターや既卒から巻き返すチャンスはいくらでもある

また、フリーターや既卒になったら一生這い上がれないわけでもありません。

もちろん、新卒の就職を逃したりブランクが空くと、バリバリのエリートコースを目指すのは厳しくなります。

しかし、フリーターや既卒からやりたい仕事に就いたり、就職して幸せな暮らしをしている人はたくさんいます。

頑張り次第で巻き返しは可能です。

 

スラムダンクの安西先生が「諦めたらそこで試合終了だよ」と言っていたように、「フリーターや既卒は終わり」と諦めてしまったときこそ、本当に人生終了です。

裏を返せば、諦めなければチャンスはあるということです。

ゆうき
ゆうき
なのでまずは、「フリーターや既卒から巻き返すチャンスはいくらでもある」と考えて、前向きにいきましょう!

関連記事:【フリーターをやめたい】その気持ちは絶好の就職チャンスになる

【フリーターをやめたい】その気持ちは絶好の就職チャンスになる
【フリーターをやめたい】その気持ちは絶好の就職チャンスになる 実は僕もフリーターから就職した経験があるので、フリーターをやめたいけど不安な気持ちはよくわかります。 でも...

【前向きになる】フリーターは人生終了と考えてしまう原因と対処法

もしかしたら、

前向きにいきたいけど、
やっぱりフリーターは
人生終わりでは?と
思ってしまう。。。

このように感じた人もいるはずです。

ここからは、フリーターは人生終了と考えてしまう原因と対処法を見ていきましょう。

他人と自分を比べる傾向が強いとフリーターに劣等感を感じやすい

フリーター=人生終了と考えてしまう原因のひとつが「他人との比較」です。

例えば、友人と自分を比較して、友人は

  • 正社員でバリバリ働いている
  • 給料を多くもらっている
  • 恋人がいる
  • 良いマンションに住んでいる

こんなふうに思ってしまったら、当然劣等感を感じますよね。

僕も同じように考えた時期があり、フリーターをしている自分の人生が惨めに思えました。

その結果、「フリーターの自分は終わりだ」と考えてしまうわけです。

 

比較がダメというわけではありませんが、世の中には必ず自分よりすごい人はいますし、隣の芝生は青く見えるものです(他人は良く見える)。

とくに、自分よりも優れた状況にいる人との比較は、人生がうまくいっていないときは、精神的に消耗するだけです。

それよりは、

  • 過去の自分よりも成長しよう
  • 明日はもっとがんばろう

というように、「自分自身に勝とう」というマインドを持つと気が楽になるはずです。

「失敗を次に生かす」という思考を持たないと人生終了と思いやすい

きっと、人生終了と思ってしまう人のほとんどは、フリーターや既卒になったことを「失敗」と考えているはずです。

そして、その失敗が人生を狂わせたと感じるのではないでしょうか?

たしかに、誰でも失敗するのは嫌ですし、出来ることなら成功オンリーの人生が良いですよね。

 

しかし、成功を手にした著名人の多くは、数々の失敗を経て次に生かすことで成功を勝ち取っていることをご存知でしょうか?

例えば、以下のエジソンの言葉はあまりにも有名です。

失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ

失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう

失敗をたくさんしたから、成功できたわけです。

なにもエジソンのように偉大になる必要はありませんが、「失敗を次に生かす」という考え方こそ人生を豊かにする鍵と言えます。

  • 失敗を今後どう活かせそうか?
  • フリーターや既卒になって
    本当に失敗だったのか?

こんなふうに考えてみるのもおすすめです。

フリーターからの就活方法を知らないから人生終了と思ってしまう

わたしは一生アルバイト!?
お先真っ暗。。。

こんなふうに思ってしまう人の大半は、そもそもフリーターからの就活方法がわからないために「フリーター=這い上がれない」と思い込んでしまう可能性が高いです。

例えば、テレビでマジシャンがマジックを披露しています。

種が全くわからないマジックは、「こんなの自分にはできない」「どうやるの!?」と思うはずです。

しかし、いざ種明かしをされると「なんだ、自分にもできそう」「練習すればやれるかも!?」と思ったりしませんか?

 

それと一緒で、フリーターや既卒からの就活方法やコツが分かってしまえば、

  • フリーターや既卒でも
    就職チャンスはある
  • がんばればアルバイトを
    すぐに脱出できる

こんなふうに思うことができるわけです。

実際僕も「3年もフリーターをしていたら正社員は厳しい」と思っていましたが、就活を進めるうちに「自分にもチャンスはある」という考え方に変わりました。

なので、「フリーターや既卒は人生終了」と悩んでいるなら、フリーターの就活方法やコツを知ることからはじめましょう。

関連記事:早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】

早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】
早く就職したいフリーターがやるべき5つのこと【すぐ正社員になりたいなら必見】 「早く就職したい!」と思っていても、不安な気持ちが邪魔をして、なかなか1歩を踏み出せない人は多いかもしれません。 ...

【人生終了と諦める必要なし】フリーターや既卒から正社員になるコツ

ではここからは、フリーターや既卒から正社員になるコツをお伝えしていきます。

  1. 今日から就活を開始する
  2. フリーターや既卒が
    就職しやすい仕事に目を向ける
  3. 弱みをしっかり
    フォローできるように準備
  4. ひとりで就活をがんばろうと思わない
ゆうき
ゆうき
人生終了と諦めずにトライすることが大切です!

今日から就活を開始する

まずは、1日でも早く就活を開始することが大切です。

なぜなら、フリーターや既卒の就職率は、ブランクが長くなるほどに下がってしまうからです。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

厚生労働省が調べた上記のデータを見ても、フリーター歴6ヶ月以内では64%が就職をしているのに対し、3年を超えると50%に満たない数字になっています。

フリーター歴が長くなってしまうと、就職のモチベーションはどんどん下がりますし、ブランクに対して採用担当者も不安を感じます。

なので、早めの就活が就職チャンスを逃さないカギになるんです。

また、フリーターや既卒者などの「未経験者」を採用する企業は、基本的に年齢の若い人材を優先的に採用する場合が多いです。

未経験者の採用では、

  • やる気や熱意
  • ポテンシャル(将来性)
  • 指導のしやすさ

などを重視するため、若い人材のほうが好印象に繋がりやすいためです。

 

実際、未経験で応募できる求人の数は、年齢が上がるにつれて減少することもわかっています。

フリーターや既卒から正社員を目指すなら、1日でも早い就活スタートを心がけましょう。

フリーターや既卒から就職しやすい仕事に目を向ける

  • フリーターを雇ってくれる会社はない
  • 既卒が応募できそうな求人が見つからない

このように思っているフリーターの方は多いかもしれません。

 

たしかにフリーターは、新卒や転職者に比べれば不利です。

しかし、多くの場合は、

  • 仕事の選びすぎ
  • 選び方が適切ではない

このような理由でなかなか良い求人を見つけられないケースが多いです。

仕事を探すときは、フリーターや既卒から就職しやすい仕事に目を向けてみてください。

具体的に「就職しやすい仕事」というのは、以下のような仕事です。

  • 人手が足りない業界
  • 未経験歓迎が多い職種

 

言うまでもありませんが、人手が足りない業界は求人が多くなります。

採用の難易度も低く、その反面人手不足を補うために給料は高い場合もあるので、フリーターから就職しやすいわけですね。

とくに以下の業界は、人手不足の割合が高く狙い目です。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、IT情報通信、サービスといった業界は、慢性的に人が足りないと言われているので、チェックしてみてください。

また、そもそも未経験歓迎の求人が多い職種に目を向けるのもひとつの方法です。

以下は、マイナビが調査した「未経験歓迎の割合が多い職種」をまとめたデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験歓迎が多い職種は就職しやすいだけではなく、

  • 研修制度の充実
  • 同期入社も未経験
  • キャリアアップ制度

このようなメリットも期待できるので、フリーターにとっては働きやすいと言えます。

 

まずは就職しやすい仕事に目を向けて、そのなかから自分がチャレンジできそうな求人にアプローチしてみてください。

それだけでも就職チャンスがグンとアップするはずです。

弱みをしっかりフォローできるように準備

正社員になりたいけど、
面接を乗り切れる気がしない。。。
フリーターになった理由を
質問されたらどうしよう。。。

こんなふうに悩む方も多いはずです。

就活では「フリーター歴=弱み」になりやすいので、不安ですよね。

そこでおすすめしたいのは、弱みに対するフォローをしっかり準備しておくことです。

基本的には、以下の3ステップを意識してフォローします。

  1. 質問の答えを正直に伝える
  2. 反省点・気づきなどを話す
  3. 今後はどうしていきたいかを伝える

例えば面接官に

面接官
面接官
なぜ就職をせずに
アルバイトをしているのですか?

と質問されたとします。

その場合は、以下のようなイメージで回答をします。

やりたいことが分からずに就職を諦めてしまった。

安易な考えだったと反省している。
しかし、自分と向き合う時間を持てたことで本当に挑戦したい分野が見つかった。

就職できたら1日でも早く職場に無くてはならない存在に成長したい。

このように、質問の答えだけでなく、反省点や気付き、今後の展望も併せて伝えることがポイントになります。

 

面接官や採用担当者が「弱み」に関する質問をする背景には、

  • やる気や熱意があるか
  • 過去から学べる人材か
  • どんな人間性をもっているか

などを判断したいという考えがあります。

 

なので、ウソをついたり答えを濁すよりは、

  1. 質問の答えを正直に伝える
  2. 反省点・気づきなどを話す
  3. 今後はどうしていきたいかを伝える

この3ステップを意識して回答をしていきましょう。

ここを乗り越えることができれば、企業側に良い印象を与えることができますよ。

ひとりで就活をがんばろうと思わない

最後のコツは、就活をひとりでがんばろうと思わないことです。

きっと多くの方は、「就活=ひとりでがんばらなくてはいけない」と思っていますよね。

でもぼくの経験から言って、就活はひとりでがんばる必要はありません。

なぜなら、フリーターから正社員になるのは簡単ではないですし、挫折しやすいからです。

実際、

  • どんな仕事を選ぶべきか
  • 面接で何をアピールすべきか
  • 企業と上手にやりとりできるか

など不安だらけですし、そもそも何から始めるべきかわからない人も多いと思います。

そんな状態でたったひとりがんばっても、途中で挫折してしまう可能性大です。

 

幸い今は、フリーターの就活を無料でサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • ハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などでは、キャリアアドバイザーやカウンセラーに就活の相談をしたり、仕事を紹介してもらうこともできます。

 

もしかすると「他人にサポートしてもらうのはちょっと…」と思うかもしれませんが、やはり専門家の力を借りたほうが、就活はグッと楽になります。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

どうしてフリーターは
人生終了って思ってたんだろう…
自分の思い込みだった

と感じるはずです。

ゆうき
ゆうき
まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 埼玉 大阪 福岡
静岡 新潟 栃木 愛知 広島
茨城 宮城 岡山 札幌 福島
石川 群馬 長野 山梨
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる