ニート・無職の就職

無職・ニートの20歳が就職するためのコツを解説【弱みはプラスに変える】

無職・ニートの20歳が就職するためのコツを解説【弱みはプラスに変える】
こんな悩みを解決する記事です
20歳で無職。。。
これ以上、
ニートを続けたくない
就職したいけど、
ニートの20歳に
正社員は無理?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

無職のまま20歳になると、仕事やお金、生活のことなど、いろいろと悩みますよね。

僕もフリーターから就職した経験があるので気持ちはよくわかります…

「そろそろ就職したい」と思っても、不安で一歩を踏み出せないのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、僕の就活経験と人事目線をもとに「無職やニートの20歳から就職をするコツ」をまとめました。

  1. マインドを切り替える
  2. 早めに就活をする
  3. 弱みをプラスに変える
  4. 効率的な仕事探しをする
  5. ひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
わかりやすくお話していくので、参考にしてもらえると嬉しいです!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

就職したい20歳の無職やニートはマインドを切り替えることが大切

1つ目のコツは、ネガティブなマインドを切り替えることです。

冒頭でもお話したように、「就職したい」と思っても、

  • ニートの自分には無理ゲー
  • どうせブラックしかない
  • 無職は正社員になれない

このように、ネガティブに考えてしまう方は多いはずです。

もちろん、新卒の就活に比べると難易度は上がりますし、経験のある社会人には勝てない部分が多いのは事実です。

 

しかし、それ以前にネガティブな考えは、ネガティブな結果や流れを引き寄せてしまいます。

20歳のニートには
正社員なんて絶対無理。
諦めよう…

と思ってしまったら、チャンスが通り過ぎても気づきません。

「仕事はどうせブラックばかりだ」と思っていると、すべての仕事が色あせて見えます。

 

なので、

  • 無職やニートの20歳にも
    就職チャンスはある
  • 今がんばれば
    将来は明るい

というように、前向きなマインドに切り替えることが大切です。

無職期間が短く若い20歳には就職チャンスがある

そんなこと言っても、
本当に20歳のニートが
就職できるわけ?

と思った方もいるかもしれません。

世間的に無職やニートは、「将来真っ暗」「人生詰んだ」というイメージが強いかもしれません。

しかし実際は、無職やニートから人生をやり直している人はたくさんいます。

とくに20歳前後なら、無職期間が短く若いため、就職チャンスはあります。

 

実際、「労働政策研究・研修機構」という組織が発表している「ニートから就職する割合」を調べたデータでも、約20%が正社員なっていることが分かっています。

【1年前「無業・非家事非通学・無配偶で卒業者」であった者の現状】

正社員になった人の割合(20〜24歳)

  • 男性 18.3%
  • 女性 17.9%

非求職無業者の割合(20〜24歳)

  • 男性 29.7%
  • 女性 26.7%

参考データ:労働政策研究・研修機構より一部抜粋

もしかすると、「20%って少なくのでは?」と思うかもしれませんが、実際に就活をしたのは全体の約70%に留まっており、約30%は就職活動をしていないことも分かっています。

つまり、就活をしたニートや無職の人に限って言えば、3人に1人は正社員になっている計算なんです。

十分に現実味のある数字ではないでしょうか。

なので、就職をネガティブに考えるのはやめて、

  • 正社員になったらどんな生活がしたいか
  • 就職して1年後の自分はどれだけ成長しているか
  • 給料やボーナスが出たらどう使うか

など、ポジティブな面やワクワクすることに思いを馳せて就活に臨みましょう。

ゆうき
ゆうき
20歳のニートや無職には就職チャンスがあります。前向きなマインドを持ちましょう!

 

早めに就活をすればするだけ就職チャンスは増える【20歳の若さを活かそう】

2つ目のコツは、早めに就活をスタートさせることです。

ニートや無職から就職する場合、基本的には年齢が若ければ若いほうが有利になります。

なぜなら、未経験者を採用する企業は、

  • 将来性
  • やる気や熱意
  • 物覚えの良さ(人間性)

などを重視する傾向があるため、年齢が若いフレッシュな人材を欲しがるからです。

つまり、20歳という年齢自体に大きなアドバンテージがあると言えるんです。

 

実際、未経験で応募できる求人の数は、年齢を重ねるごとに減少することが分かっています。

後回しにすればするほど、就職は厳しくなってしまいます。

 

なので、ニートや無職を抜け出したいなら、20歳という若さを最大限活かすために今すぐに就活をはじることが大切。

来年よりは今年、明日よりは今日動き出したほうが就職チャンスはあります。

なかなか一歩が踏み出せないなら期日を決めてしまう

もしも、「なかなか1歩が踏み出せない」というなら、自分なりに期日を決めることをおすすめします。

例えば、

○月○日までに
就職を決める!

というように、目標となる期限をセットします。

もちろん、就活は思い通りに進まない場合も多いですが、リミットを設定したほうが、

  • 緊張感が生まれる
  • スケジュールを立てやすい
  • モチベーションが上がる

など、様々なプラスがあります。

期限を決めないと、ダラダラと就活をしがちですし、先延ばしにして挫折するケースもあります。

ゆうき
ゆうき
「早めの就活」「期限を決める」この2つが就職チャンスに繋がります!

【20歳の無職やニートの就職に必要】弱みをプラスに変える考え方

3つ目のコツは、無職や二ートの弱みをプラスに変えることです。

20歳のニートや無職から就活をすると、面接では必ず以下のような「弱み」に関する質問を受けます。

  • なぜ就職しなかったのか
  • どうして20歳で無職なのか
  • これから正社員として
    やっていけるのか

どれも受け答えが不安になる質問です。

実はこうした「ニートや無職の弱み」に関する質問は、プラスに変える準備をすることで面接官の信頼を勝ち取るチャンスに変えることができます。

弱みをプラスに変える3ステップの回答術

方法は、以下の3ステップに沿って回答を準備すればOKです。

  1. マイナスの質問には簡潔に答える
  2. 学んだこと・反省点を伝える
  3. 就職後の展望を語る

例えば、

面接官
面接官
20歳で無職の理由を教えてください

という質問に対しては、以下のように回答します。

(ステップ1)就職活動をしていたが、なかなか進路が決まらずブランクができてしまった。

(ステップ2)今は、自分の不甲斐なさを反省している。ただ、自分と向き合う時間をたっぷり取れたおかげで、本当にやりたいことが見つかった。

(ステップ3)御社で働くことができたら、1日もはやく◯◯の業務で成果を出したい。

このように、無職の理由のみを回答するのではなく、学びや反省点、将来の希望も併せて伝えることがポイントです。

 

採用担当者や面接官は、マイナスの質問をすることで、ニートや無職の20歳をいじめたいわけではありません。

採用するうえで不安に感じるポイントを確認する意味で質問をしています。

  • 信頼できる人材か
  • 過去から学べる人材か
  • 将来性はあるか

などをチェックしていると考えてください。

なので、お伝えした

  1. マイナスの質問には簡潔に答える
  2. 学んだこと・反省点を伝える
  3. 就職後の展望を語る

以上3つのポイントを意識しながら、回答を準備しておくと良いですよ。

ゆうき
ゆうき
「反省点や気付き」「就職後の展望」をしっかり伝えるのがポイントです!

無職やニートから就職する20歳の求人選び【効率的な仕事探し術】

4つ目のコツは、効率的な仕事探しをすることです。

具体的には、

  1. 無職やニートが受かりやすい求人
    ・業界にフォーカス
  2. そのなかで
    チャレンジできる業界を選ぶ

という方法です。

 

きっと、20歳のニートや無職から就職するほとんどの方は、仕事選びに不安を感じているはずです。

  • こんな仕事がいい
  • 給料は高いほうがいい
  • 残業や休日出勤はなしがいい

など、様々な希望もあると思います。

ですが、あまりに仕事を選びすぎたり、高望みをしすぎると、なかなか就活は前に進みません。

とくに就業経験がないと、そもそも得意(不得意)な仕事がわからないため、自分に向いている仕事を探すのは無理があるわけです。

 

そこでおすすめしたいのは、まずはニートや無職が就職しやすい業界や職種に狙いを定めることです。

そのなかで、興味の湧く仕事やチャレンジできそうな求人に応募することで、効率的な仕事探しができます。

ニートや無職から就職しやすいのは人手不足の業界

では、具体的にニートや無職が就職しやすいのは、どんな仕事なのでしょうか?

それはズバリ、人手不足の業界です。

実は近年、人手不足の企業が多いと言われています。

日本商工会議所が調べたデータでは、中小企業の約50%は人手不足に苦しんでいることが分かっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手不足ということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用ハードルが下がる
  3. 未経験でも採用されるチャンス増える

このようなサイクルが生まれるので、無職やニートにとってはチャンス。就活の狙い目と言えます。

とくに以下の業界は、「人手不足の割合が多い業界」です。

【業界別人手不足の割合集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

「サービス・販売」 「介護」「運送」「建設」「IT系」などは、慢性的な人手不足。受かりやすい業界と言えるので、積極的にチェックしてみてください。

 

また、未経験者を歓迎する割合が高い職種も狙い目です。

以下は、転職サイトのマイナビが調査した「未経験者歓迎の割合が高い職種」の一覧です。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者を歓迎する職種は、単純に就職しやすいだけでなく、

  • 研修制度
  • 職場への溶け込みやすさ
    (未経験の同期が多い)
  • キャリアアップ

などを期待できるため、20歳のニートや無職の方には大きなメリットです。

ゆうき
ゆうき
仕事探しで迷っているなら、まずはニートや無職から受かりやすい仕事にフォーカスしてみましょう!

関連記事:ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】

ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】
ニートの就職におすすめの仕事と就活成功のコツ【正社員は無理と諦めないことが大切】 正社員で就職したくても、 そもそも働いた経験がない スキルや資格がない 人付き合いにも自信がな...

ひとりで悩まないことが大切【20歳の無職やニートが抱える不安は相談して力に変える】

最後のコツは、無職やニートの就活を1人で悩まないことです。

先程、「無職期間が短く若い20歳には就職チャンスがある」と言いましたが、決して就活は簡単ではありません。

僕の経験から言っても、ひとりで就活を進めるのはやはり大変でした。

それ以前に最初は、

  • 就活のマナーや進め方
  • 仕事の探し方
  • 面接や書類対策

などが分からないケースがほとんどだと思います。

いくら20歳で若いと言っても、不安を抱えながら就活をすると、挫折する可能性が高いと言えます。

実際に僕は、一度就活を諦めフリーターに舞い戻った時期があります…

 

なので、就活はひとりで進めようと思わず、頼れるものを頼って就活を楽にすることを考えてください。

就活をひとり孤独にがんばる必要はない

もしかすると、「就活はひとり孤独にがんばるしかない」と思っている人は多いかもしれませんが、そんなことはありません。

今は、

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などの就活サービスを使えば、キャリアアドバイザーやカウンセラーが無料で就活をサポートしてくれます。

 

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

など、客観的なアドバイスをもらえます。

 

ひとことで「無職やニートから就職する」と言っても、

  • 大卒で就職せずニートになった
  • 高卒で就職したが離職し
    ニート生活をしている
  • 一度就職したが今は無職だ

など、様々な状況があるはずなので、ひとりひとりに合った就活が必要です。

そういう意味でも、エージェント(就活のプロ)のアドバイスは非常に有効です。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就活はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、ニートや無職などの「未経験者」をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

未経験就職に強いエージェント3選

フリーターや既卒、ニートなど「未経験」から就職を成功させるには、未経験者専門のエージェントサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎求人が多い
  • 就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しやすい

このようなメリットがあるので使わない理由はありません。

以下の記事では未経験からの就職に強いエージェントを3社厳選しています。

厳選3社をチェックしてみる