仕事の悩み

【働くのが怖い】悩んだときに効く恐怖を乗り越える3つのコツ

【働くのが怖い】悩んだときに効く恐怖を乗り越える3つのコツ
こんな悩みを解決する記事です
就職して働きたいけど
働くのが怖い…
どうしたらいい?
トラウマがあって
働くことに恐怖を感じる
これからどうしよう…

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

この記事を読んでいるということは、「そろそろ働かなきゃ」「本当は働きたい」と思っても、恐怖が邪魔をして一歩を踏み出せないのではないでしょうか?

実は僕も「働くのが怖い」「就職は難しい」と悩んだ時期があるので、気持ちはよくわかります。

 

ですが、悩んでばかりいると、ますます働くことへの恐怖が大きくなってしまいます。

「怖い」という感情を乗り越えるには、なにかしらの行動を起こす必要があるんです。

 

この記事では、僕の就活・転職経験や人事目線をもとに「働くことへの恐怖を乗り越える3つのコツ」をまとめました。

  1. 怖い気持ちを書き出す
  2. 小さな一歩を踏み出す
  3. ひとりで悩まない

「働くのが怖くなる理由」や「恐怖をプラスに変える考え方」もお伝えします。

ゆうき
ゆうき
なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!
【就職したいけど自信がない】正社員がトラウマになっているときの対処法
【就職したいけど自信がない】正社員がトラウマになっているときの対処法 僕も就職には自信がもてなかったので、気持ちはよくわかります。 とは言え、フリーターや派遣、無職期間などが長くなると...

【なぜ恐怖を感じるのか?】働くのが怖い理由

恐怖を乗り越えるコツをお伝えする前に、「なぜ働くのが怖いのか」その理由を探ってみましょう。

ひとくちに「働くのが怖い」と言っても、人それぞれ理由は異なりますよね。

理由が異なれば、当然ですが対処の考え方も変わってきます。

一般的には、以下の3つの理由で働くことに恐怖を感じる人が多いと言えます。

  1. 人間関係が怖い
  2. 評価が怖い
  3. ブランクが怖い

【働くのが怖い理由その1】人間関係が怖い

働くうえで、最も多い不満やトラブルの原因が「人間関係」です。

退職理由の本音を調査したデータでも、人間関係に関する理由は上位にランクインしています。

退職理由の本音ランキング

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  2. 労働時間・環境が不満だった(14%)
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  4. 給与が低かった(12%)
  5. 仕事内容が面白くなかった(9%)
  6. 社長がワンマンだった(7%)
  7. 社風が合わなかった(6%)
  8. 会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
  9. キャリアアップしたかった(6%)
  10. 昇進・評価が不満だった(4%)

引用元:リクナビNEXTより

転職する人の3割以上は、なんらかの人間関係が原因で仕事を辞めているわけです。

つまり、働くことが怖い理由は人間関係にあるケースが多いと言えるんです。

 

例えば、こんな感じです。

  • 上司や先輩が怖い
  • 人間関係が悪い職場にいた
  • 職場いじめがあった

とくに、過去に人間関係でトラブルを抱えた経験がある場合や現在無職等で外部と接点がない場合は、人と関わることに大きな不安を感じるはずです。

ゆうき
ゆうき
人間関係が怖いと、働きたくてもなかなか踏み出せないのではないでしょうか?

【働くのが怖い理由その2】他人の評価が怖い

働くということは、必ず周りから評価を受けます。

この「他人の評価」に恐怖を感じる人も多いはずです。

例えば、就職や転職をする場合、採用担当者や面接官が評価をしますよね。

その際に

  • 書類選考で
    落とされるのが怖い
  • 面接で質問されるのが怖い

と思ってしまったり、仮に就職できたとしても、

  • 仕事が出来ず叱られるのが怖い
  • 上司や同僚から
    悪い評価を受けるのが怖い

と思ってしまうなど、他人の評価に恐怖を感じるケースです。

 

とくに、職歴に不安があったりスキルや経験がないと、他人の評価に大きな不安を感じます。

いくら働きたくても、

面接官や採用担当者に
拒絶されたらどうしよう…

と考えてしまい、なかなか一歩を踏み出せません。

ゆうき
ゆうき
他人の評価が怖いと、なかなか「評価される行動(働くことや面接等)」を起こせないのではないでしょうか?

【働くのが怖い理由その3】ブランクが怖い

3つ目の理由は、ブランク(空白期間)です。

例えば、

  • 無職期間が長い
  • ずっと休職していた
  • フリーターだった

などの「ブランク」を作ってしまうと、多くの企業はマイナスと捉えます。

つまり、一度ブランクが出来てしまうと、

空白期間をどう説明したらいい?
休職はマイナスイメージでは?
就業経験なしじゃ
どこも雇ってくれない

といった不安に繋がり、働く恐怖を感じてしまいます。

ゆうき
ゆうき
ブランクが長引けば長引くほど、恐怖も大きくなってしまいます。

【働くことが怖いなら知っておきたい】自信がない・新しいことへの恐怖は当たり前

さてここまで、働くことが怖い理由をチェックしてきました。

それぞれに理由はあると思いますが、いずれにしても働くことに恐怖を感じるということは、

  1. 自分に自信がない
  2. 新しい挑戦が怖い

こんな傾向があるはずです。

自信が無いや新しいことが怖いは人として当たり前の反応

ここでお伝えしたいのは、自信がないことや新しいことに恐怖を感じるのは、人として当たり前の反応だということです。

 

例えば、自信満々で仕事をしている人も、一番最初は自信なんて無かったはずです。

何度も業務を繰り返すうちに、自信がついたわけです。

また、就職や転職はすべてが初体験です。

新しい環境に恐怖を感じるのは、人としてごく当たり前の反応です。

つまり、働くのが怖いのは何も特別なことでは無いわけです。

 

ただし、働くのが怖いと言って働くことを避けていたら、これからもずっと働くことが怖いのも事実です。

ゆうき
ゆうき
「働く自信は、働くことでしか得られない」ということも頭に入れておきましょう!

【働くのが怖いなら行動】働く恐怖を乗り越える3つのコツ

「働く自信は働くことでしか得られない」と言いましたが、決して簡単なことではありませんよね。

ここからは、僕が就活時に実際に行ってプラスになった「働く恐怖を乗り越える3つのコツ」をお伝えします。

  1. 怖い気持ちを書き出す
  2. 小さな一歩を踏み出す
  3. ひとりで悩まない
ゆうき
ゆうき
難しいことはないのでぜひ試してみてください!

怖い気持ちを書き出す

1つ目のコツは、怖い気持ちを書き出すことです。

基本的に「恐怖」や「不安」は、ただ悩んでいても解決できません。

むしろ、頭のなかであれこれ悩めば悩むほど、恐怖が大きくなってしまうのではないでしょうか?

実は恐怖や不安は、行動することでしか軽減できません。

例えば、面接が怖いのであれば、どんどん面接を受けて経験を積むのが一番の近道です。

 

とは言え、それができれば苦労はしないですよね。

そこでおすすめしたいのは、「働くことが怖い気持ちを書き出す」という行動です。

頭のなかにある恐怖や不安の内容・原因をノートや紙に書き出してみてください。

一度落ち着いて恐怖や不安を頭のなかから取り出し、対峙することによって、

  • 頭のなかを整理できる
  • 恐怖や不安を客観視できる
  • 冷静に対処法を考えられる

など、様々なメリットがあります。

まずは、恐怖や不安の理由や原因を客観視することは非常に大切です。

ゆうき
ゆうき
客観視できれば、必要な対処法が見えてくる場合もあります!

小さな一歩を踏み出す

2つ目のコツは、小さな一歩を踏み出すことです。

働くとしても、いきなり

  • 今日何十社応募する
  • 来週は何社面接を入れる

など、バリバリに就活や転職活動をするのは大変です。

なので、就活や転職活動を出来る限り細分化して、小さな1歩を踏み出すことにフォーカスしましょう。

 

例えば僕が就活をしたときは、

  • 身だしなみを整える
    (美容室にいくなど)
  • 就業時間に間に合うように
    早起きをする
  • スーツや靴を新調
  • オフィス街まで通勤の練習
  • 求人情報をチェック
  • 転職エージェントに登録

など、簡単にやれることから行動を開始しました。

たとえどんな小さな1歩でも、アクションを起こすことで恐怖や不安は確実に減っていきます。

もしかすると、

身だしなみや早起きなんて
そんなの意味ある?
仕事も決まってないのに
通勤練習なんて…

と思う人もいるかもしれませんが、働いている人と同じ行動をすることは想像以上に効果的です。

そして、求人情報のチェックや転職エージェントへの登録もモチベーションが非常にあがります。

ゆうき
ゆうき
働くことに繋がる「小さな一歩」をどんどん積み重ねていきましょう!

ひとりで悩まない

3つ目のコツは、ひとりで悩まないことです。

先程もお話したように、自信がないことや新しいことに恐怖を感じるのは、人として当たり前の反応です。

そして、就職や転職が不安なのも珍しいことではありません。

 

ここで知っておいてほしいのは、恐怖をひとりで乗り越える必要はないということです。

もちろん、最終的には自分で行動するしかありませんが、全てを抱え込む必要はありません。

 

幸い今は、就活や転職をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などを利用すれば、就職に詳しいキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーが無料でサポートをしてくれます。

エージェント系サービスが就活を楽にする

とくに「就職エージェント」は、求人を出している企業と結びつきが強いため、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者
担当者
面接では、
こんなアピールが
好印象です。
担当者
担当者
職場の雰囲気は
こんな感じだったので
◯◯さんに
合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

僕の経験上、「働きたい」と前向きな気持ちを持っている限り、親身になって力を貸してくれます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職や転職ができるわけではないですし、「就職・転職活動はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

僕自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

ゆうき
ゆうき
まずは気になるサービスを1〜2社登録することからはじめましょう!
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】
未経験の就活に強い就職エージェント3社【フリーターや既卒・ニートにおすすめ】 離職率の低い優良企業に就職したいなら【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行な...

注意したいエージェント選び

ちなみに就職エージェントは、「未経験者」をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

下記のようなエージェント系サービスは、正社員経験アリの転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

関連記事:職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】

職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】
職歴なしのフリーターやニートはリクルートエージェントを使える?【就活で必ず知っておきたい3つのこと】 人材業界大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、知名度と人気が非常に高い転職エージェントです。 そ...

未経験者を専門的にサポートしているエージェント選ぶことで、

  • 未経験者歓迎の求人を
    紹介してもらえる
  • 面接のコツなどを
    1から教えてもらえる
  • 就活の悩みを相談しやすい

など、手厚いサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスです。

厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」でもあります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

などの特徴があり、とくにブラック企業対策に強く、サポート内容もしっかりしています。

未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

サポート対応地域は、下記のとおり。

北海道 青森 宮城 秋田
山形 福島 茨城 栃木
群馬 埼玉 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知 
三重 滋賀 大阪 兵庫
奈良 和歌山 岡山 広島
福岡 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイック(JAIC)
公式ページ>>

ジェイック登録の仕方はこちら>>

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しており、登録は以下のような回答形式で30秒ほどで完了します。

うまく活用して就活を有利に進めましょう。

第二新卒エージェントneo
公式サイト >>

 

紹介したエージェントサービス

【就活に不安がある・ブラックは避けたい】
【ジェイック】

【ジェイックの対象地域以外で就職する】
【第二新卒エージェントneo】

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>