仕事の悩み

【職場で馬鹿にされる】仕事を辞めたくなったら捉え方をチェンジしよう

【職場で馬鹿にされる】仕事を辞めたくなったら捉え方をチェンジしよう
なぜか職場で馬鹿にされる
仕事が苦痛。。。
毎日小馬鹿にされてウンザリ
仕事を辞めたい

こんな悩みを解決する記事です。

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

誰だって、上司や先輩社員、同僚から馬鹿にされるのは辛いはずです。

「仕事を辞めたい!」と思ってしまうのも無理はありません。。。

 

そこで今回の記事では、管理人の転職経験と人事目線を軸に「職場で馬鹿にされたときの対処法」をまとめました。

まずは「相手の言動をどう捉えるか」が大切。

そして、どうしても耐えられない場合は転職を視野に入れて行動を起こしてみるのもひとつの方法です。

ゆうき
ゆうき
詳しくお話していくので参考にしてもらえると嬉しいです!

職場で馬鹿にされても言い返したり改善を求めるのは難しい

繰り返しになりますが、職場で自分の言動や仕事ぶり、プライベートを馬鹿にされるのは辛いですよね。

  • 仕事ができないことを
    小馬鹿にする先輩社員
  • ただのストレス発散で
    人を馬鹿にする上司
  • 知識不足や経験不足を
    馬鹿にする年配社員

など、世の中にはひどい話がたくさんあります。

これらは本来、モラルハラスメントのひとつと言えるので職場では許されない行為です。

【モラルハラスメントとは】言葉や態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのこと。

引用元:コトバンク

しかし、上司や先輩に馬鹿にされた場合、言い返したり改善を求めるのは難しいのが実情ではないでしょうか。

とくに気が弱かったり立場が弱い人は、なるべく波風を立てたくないはずです。

 

しかし、「仕事を辞めたい!」と思うくらい辛い思いをしているのなら、そのまま放置しておくのはNGです。

なぜなら、仕事やキャリアに影響が出るかもしれませんし、なによりストレスで精神的に参ってしまう可能性もあります。

「辛い」と思っているなら、改善に向けて今日から動いていきましょう。

【辛いし疲れた】人間関係が原因で転職したい20代が意識すべきたった1つのこと
【辛いし疲れた】人間関係が原因で転職したい20代が意識すべきたった1つのこと こんな悩みを解決していきます。 職場の人間関係がうまくいかないと、毎日相当なストレスで...

職場で馬鹿にされるなら考えてほしい【相手の言動の捉え方】

そこで考えてほしいのが、「相手の言動の捉え方」です。

最初に誤解のないように言っておきますが、人を馬鹿にするのは決して良いことではありません。

とくに職場で同僚を馬鹿にする言動は、相手にとっても馬鹿にした自分にとっても何一つメリットに繋がりません。

職場の士気を下げるだけの迷惑行為と言えます。

 

ですが、「馬鹿にされた」と感じる背景には、自己評価の低さが関連している可能性があることは知っておきましょう。

「自己評価が低いってどういうこと?」と思うかもしれませんが、例えば先輩社員に

頼んだ書類、はやく仕上げてくれない?

とぶっきらぼうに言われたとします。

それに対してAさんは、

急いでるんだな。
早めに終わらせて提出しなきゃ

と思ったのに対し、Bさんは

仕事が遅いってことか
馬鹿にされてるのかな。。。

と感じたとします。

全く同じことを言われたのに、AさんとBさんでは受け取り方に大きな差がありますよね。

Aさんは、

相手が急いでるからぶっきらぼうになっている
だから、早く仕上げればいいだろう

と考えたのに対し、Bさんは、

自分の能力がないから指摘された
また馬鹿にされそう

と考えました。

「自己評価」が低いとBさんのように、自分に向けられた言葉に対してマイナスの感情をいだきやすくなってしまいます。

先輩には馬鹿にする意図がなかったとしても、Bさんは「馬鹿にされた」と思い込んでしまうわけです。

 

もちろん、明らかに見下すような態度であれば、単純に馬鹿にしているケースはあります。

ですが、相手の言動をどう捉えるかで自分の気持ちはガラリと変わってきます。

スポンサーリンク



職場で言われたことは客観的に受け止めるクセをつける

また、職場で言われたことは客観的に受け止めるということが大切です。

例えば、

  • 自分は仕事ができない
  • 周りからいつも馬鹿にされている
  • 絶対上司に見下されている

このように思い込んでいると、すべての言葉がマイナスに響いてしまいます。

でも、客観視をすれば、先ほどの先輩の注意も、

急いでるってことだから
早く仕上げて期待に応えよう

先輩も上司に注意されて
焦っているのかもしれない

なにか嫌なことがあって
ぶっきらぼうな言い方に
なったのかもしれない

など、さまざまな仮説が立てられますよね。

「自分が悪い」という思考を抜け出すことができます。

ゆうき
ゆうき
まずは「相手の言動の捉え方」に着目してみてください!客観視をすることも大切です!
スポンサーリンク



【本当に優れた人を馬鹿にしない】職場で人を馬鹿にする人は自分に自信がない

もうひとつ押さえておきたいのは、本当に優れた上司や先輩は人を馬鹿にしないということです。

人を馬鹿にするのは、簡単に言えば「優越感を得る行為」です。

自分よりも劣っている部分を見つけて、「自分ってすごいんだ」とアピールしているわけですね。

 

本当に優れた人は、他人の劣っている部分を見つけようとはしません。

まして、自分に自信があるので、わざわざ「自分はすごい」というアピールをする必要もありません。

つまり、人を馬鹿にする人の多くは、自分に自信がなく、他人を馬鹿にすることでしか優越感を味わえないのかもしれません。

また、職場で人を馬鹿にして面白がっているのは、

  • それ以外に楽しみがない
  • 仕事にやりがいを感じていない

こんな場合も多いです。

あなたは、こんな人になりたいと思うでしょうか。。。

 

なので、人を馬鹿にする人と同じ思考回路にならないように気をつけることも大切。

自分を守るためにも、なるべく相手にしないのもひとつの方法ではないでしょうか。

ゆうき
ゆうき
本当に仕事が出来る人は、周りからの人望が厚く人を馬鹿にする態度は見せません!
スポンサーリンク



それでも職場で馬鹿にされるのが辛くて仕事を辞めたいなら【転職を考える】

もしかすると、

やっぱり職場にいるのが辛い
もう仕事を辞めたい。。。

このように考える人もいるはずです。

そんな場合は、転職を考えてみるのも一つの方法です。

 

実は、職場の人間関係は常に転職理由の上位に入ることをご存知でしょうか。

リクナビが調査した「転職者を調査した退職理由のデータ」でも、第3位にランクインしています。

【退職理由のホンネランキング】

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
  2. 労働時間・環境が不満だった 14%
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
  4. 給与が低かった 12%
  5. 仕事内容が面白くなかった 9%

引用データ:「退職理由のホンネランキングベスト10」リクナビNEXTより一部抜粋

人間関係の不満は、仕事を続ける上で大きなストレスになります。

ときにはキャリアの妨げになる場合もあります。

なので、人間関係で足を引っ張られていると感じるなら、職場を変えることを視野に入れて動き出しましょう。

転職は働きながら?仕事を辞めてから?【迷ったときの目安を解説】
転職は働きながら?仕事を辞めてから?【迷ったときの目安を解説】 このような疑問を解決する記事です。 転職活動は働きながらか、それとも辞めてからか、、、迷います...

まずは情報収集!転職できるかどうかを予測して動き出そう

ですが、「馬鹿にされて辞めたい」という感情のまま、次の仕事が決まらないうちに仕事を辞めてしまうのはリスキーです。

まずは情報収集をした上で具体的な行動に移しましょう。

具体的には、エージェント系のサービスを使うのがおすすめです。

エージェント系のサービスは、登録することでキャリアアドバイザーやカウンセラーが転職を1からサポートしてくれます。

  • 転職先の紹介
  • 面接対策
  • 企業とのやりとり

などをすべて無料で行ってくれるので、転職活動がグッと楽になります。

また、キャリアアドバイザーやカウンセラーは、求人企業の採用担当者と打ち合わせをしていたり企業訪問をして内情を把握しています。

そのため、

  • どんなアピールが効果的か
  • 社内の雰囲気
  • 上司の人柄

などを教えてくれたりもします。

いきなり仕事を辞めてしまうと、

  1. 転職先がなかなか見つからない
  2. あり合わせの職場に転職
  3. 給料や待遇が大幅ダウン

という結果になることもあり得ます。

今のうちにきちんとエージェントサービスを使って情報収集をして、転職の可能性を探っておくと良いですよ。

まず「20代の方」におすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方、そして30代以上の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>