仕事を辞めたい

【正直もう辞めたい】職場に居づらいときの3つの対処法をまとめてみた

【正直もう辞めたい】職場に居づらいときの3つの対処法をまとめてみた
こんな悩みを解決する記事です
職場に居づらい。。。
もう辞めたいんだけど
どうしたらいい!?
会社にいるのが辛い…
でも、こんな理由で
転職してもいいの?

ゆうき
ゆうき
はたらくスイッチへようこそ!
管理人の「転職サポーターゆうき」です!

フリーターから就職した経験、3回の転職経験を活かして働き方や転職に関する記事を執筆しています。

  • 大きなミスをしてしまった
  • 仕事がうまくできない
  • 人間関係でトラブルを起こした

上記のようになってしまうと、職場に居づらくなりますよね。

仕事にも集中できず、「もう辞めたい!転職したい」と考えるのではないでしょうか。

 

しかしその一方で、

「会社を辞めるのは不安」

「本当に辞めていいのか」

「逃げに思われるのでは」

など、ジレンマを感じる人も多いはずです。

そこで今回の記事では、僕の転職経験と人事目線を軸に「職場に居づらくなって転職を考えたときの対処法」をまとめてみました。

  1. 転職は「解決策があるか」を軸に考える
  2. 目的にフォーカスして転職を考える
  3. 辞めるまえに今後の見通しを立てる
ゆうき
ゆうき
まずは一度冷静になって、転職と向き合っていきましょう!

【今のままで職場に居づらい悩みは解決できるか?】転職すべきかどうかのボーダーライン

まずは、転職をすべきかのボーダーラインについて考えていきましょう。

きっと、「職場に居づらいから仕事を辞めたい」と考えているほとんどの方は、

職場に居づらいという理由で
本当に辞めていいんだろうか…

と悩むはずです。

世間一般では、「逃げの転職は良い結果にならない」と言われているので、不安に思う人は多いのではないでしょうか。

 

たしかに、

  • 「嫌なことがあれば辞める」を
    延々と繰り返してしまう
  • 不満をすべて会社のせいにする
  • 目的を持たず職を転々とする

こうなってしまうと、一般的にはいわゆる「ジョブホッパー」と見なされ自身のキャリアにマイナスな場合もあります。

転職先でも、似たような不満に悩まされるのがオチです。

【ジョブホッパーにもメリットはある】転職回数が多くても転職するコツも解説
【ジョブホッパーにもメリットはある】転職回数が多くても転職が成功するコツも解説 このように悩んでいる方に向けた記事です。 転職回数が多いと転職が不安になりますよね。 で...

しかし、職場に居づらい理由を自力で解決できないのだとしたら、転職を考えるのもひとつの方法ではないでしょうか。

以下が転職を決めるボーダーラインと言えます。

不満や悩みを自力解決できる
⇒現職を続ける価値はある

不満や悩みを自力解決できない
⇒転職を考える価値がある

 

例えば、新人よりも仕事ができず職場に居づらくなったとします。

この場合、

  • 仕事を取り返すチャンスがある
  • 周囲の理解度がある
  • 自分にモチベーションがある

のであれば、転職ではなく現職を続ける価値はあります。

しかし、

  • 仕事を取り返すチャンスはない
  • 周囲も協力的ではない
  • モチベーションも底をついた

こうした場合は、自力解決が難しいですよね。

もしも、人間関係が原因で職場に居づらくなった場合は「関係が修復する余地はあるか?」を考えてみてください。

「相手が異動する」「辞めるのを待つ」など運任せではなく、自分で解決できるかどうかがポイントです。

その結果、自己解決の見込みがあるなら現職を続ける価値はあります。

しかし、自分の力では解決できないのであれば、新しい環境でがんばったほうがプラスになるかもしれません。

 

いずれにしても、自分の力で解決できない(できそうにない)問題を悩んでも、時間と労力を無駄に消費するだけです。

なので、転職を悩んでいる場合は、職場に居づらい理由を自己解決できるかどうかをボーダーラインに考えるのがおすすめです。

【職場に居づらいから辞める=逃げ】と決めつけないことが大切

ここで、「退職理由の本音」をリクナビが調査したデータをご紹介します。

【退職理由のホンネランキング】

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
  2. 労働時間・環境が不満だった 14%
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
  4. 給与が低かった 12%
  5. 仕事内容が面白くなかった 9%
  6. 社長がワンマンだった 7%
  7. 社風が合わなかった 6%
  8. 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
  9. キャリアアップしたかった 6%
  10. 昇進・評価が不満だった 4%

引用データ:「退職理由のホンネランキング」リクナビネクストより一部抜粋

転職は、「キャリアアップ」「年収アップ」「キャリアチェンジ」など、前向きなイメージがありますが、実は転職を考える大半の人は、人間関係や職場に対する不満を原因に会社を辞めているんです。

つまり、「不満を現職で自己解決できない」「モチベーションを保てない」という転職理由は珍しいことではありません。

もちろん、「なんでもかんでも仕事を辞めれば良い」と言いたいわけではないですが、たとえ不満がきっかけで仕事を辞めるにしても、転職をネガティブに考える必要はありません。

どんなきっかけでも、転職で新しいチャンスを掴む人はいますし、新天地でのびのび仕事をしている人もいます。

なのでまずは、「職場に居づらいから辞める=逃げ、よくないこと」と決めつけないことが大切。

ゆうき
ゆうき
不満を自己解決できるかどうかを基準に転職を考えてみることをおすすめします!
スポンサーリンク



【職場に居づらいから辞めるという転職理由はNG】自分なりの転職目的にフォーカスする

2つ目のポイントは、転職理由は自分なりの目的にフォーカスするということです。

先程、「退職のホンネ」に関するデータを紹介した際に、不満を自己解決できずに転職するケースは珍しくないとお伝えしましたよね。

しかし、だからと言って実際の転職活動で「不満」を転職理由にするのはNGです。

 

例えば、面接で転職理由を質問されたときに、

人間関係が原因で
職場に居づらくなってしまい
転職を決意しました。

このような回答をしたら、面接官や採用担当者はどう思うでしょうか。

  • 責任感がない
  • すぐに逃げ出す人
  • また同じトラブルを抱えそう

といったイメージを持ってしまいます。

 

なので、ホンネはひとまず脇に置いておいて、転職をする前向きな目的をしっかり考えておくことが大切です。

本音は「職場に居づらいから新しい環境に移りたい」という転職理由だっとしても、

  • 転職をすることで
    どんなプラスがあるか
  • 職場を変えて何を叶えたいか

を前向きに考えてみてください。

 

これをすることで、

不満を解決するだけの転職
⇒前向きな目的のある転職

に変換することができます。

例)

  1. 自分はこんなふうに仕事がしたい
  2. しかし、前職(現職)では
    それが実現しなかった
  3. だから、御社に転職して
    それを実現したい

このような流れで転職理由を回答できるようにしておけば、転職の説得力が上がり、熱意・やる気を前向きに伝えることができます。

仕事を辞めるきっかけは、「職場に居づらい」という不満だったとしても、前向きな目的を考えることで転職理由はアピールポイントになります。

ゆうき
ゆうき
転職をすることでどんなプラスがあるかを考えて転職理由や面接対策をしていきましょう!

前向きになるには在職しながら下調べ(転職活動)するのがおすすめ

最後のポイントは、辞める前に今後の見通しを立てることです。

冒頭でもお話ししたように、

職場に居づらいけど
会社を辞めるのもなかなか
踏み出せない。。。

このようにジレンマを感じている人は多いはずです。

そんな場合は、悩んでいても前に進まないので、転職の情報収集をして今後の見通しを立てるのがおすすめです。

「転職するかどうかを決める下調べ」のつもりでどんどん情報収集をしていきましょう。

 

実は、きちんと情報収集をすれば、

  • どんな企業に転職できるか
  • 給料はアップするか
    キープできるか
  • 自分の希望はどの程度叶うか

などはある程度予測ができます。

転職になかなか踏み出せないのは、「仕事を辞めた後どうなるかわからない」という不安があるからですよね。

なのでまずは、情報収集をして転職の見通しを立ててみましょう。

ゆうき
ゆうき
居づらい職場で辛い思いをしているよりは、情報収集を進めたほうが気持ちも晴れるはずです!

情報収集にはエージェント系のサービスを活用する

では、具体的にどのように情報収集を進めたら良いのでしょうか?

求人サイトやハローワークで検索をする、企業のウェブサイトをチェックする、など方法はたくさんありますが、精度の高い情報収集にはエージェントサービスの活用が欠かせません。

エージェントというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に沿った求人探し
  • 書類や面接など
    受かるためのアドバイス
  • 企業とのやり取り

などを全て無料でサポートしてくれる転職サービスを指します。

 

一般的に馴染みのある「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といったサービスは、いわゆる「求人サイト」と呼ばれ、求人検索から応募、面接まですべてひとりで対応します。

一方「エージェント系サービス」は、転職に詳しい担当者が求人紹介から面接対策まで直接サポートしてくれるのが特徴です。

エージェント系サービスであれば、前もって希望がどの程度叶いそうかを転職の専門家(キャリアアドバイザー)に相談できます。

例えば、

今の仕事を辞めて
転職したいのですが。。。

と相談をすると、

アドバイザー
アドバイザー
経験やスキルを活かせるのは
この求人ですね。
職場環境はこんな感じです!
年収もキープできると思います。

このような提案をしてくれます。

転職後をイメージしやすくなるので、転職活動を前向きに進めることができます。

ゆうき
ゆうき
キャリアアドバイザーに相談することで、転職の不安は解消できます。賢く活用しましょう!
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説
【知らずに使うのは危険】転職サイトと転職エージェントの違いをわかりやすく解説 このようにお悩みではありませんか? 世の中には様々な転職サービスがあるので違いがよくわかりませんよね。...

今すぐ登録しておきたいエージェントサービス3選

では最後に、サポート力と求人の質が高いエージェント系サービスを3社お伝えします。

まずは2〜3社登録して、それぞれを比較しながら自分に合うサービスを重点的に利用していきましょう。

 

まず「20代の方」におすすめしたいのは、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

マイナビジョブ20’sの画像

20代の転職に特化したサービス(24〜29歳)だけあって、

  • 20代がターゲットの
    求人多数
  • 第二新卒・20代転職の
    ノウハウが充実
  • キャリアアドバイザーは
    20代専属

このように、転職する20代には大きなメリットのあるエージェントです。

また、キャリアアドバイザーは20代専属なので、20代に多い転職の不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは以下のとおり。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
大阪 京都 愛知 兵庫
奈良 滋賀

上記エリアで転職する20代の方はマイナビジョブ20’sがベストです。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

マイナビジョブ20’sの対応エリア外で転職する20代の方、そして30代以上の方におすすめしたいのは、株式会社パソナが運営している「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、様々な人材サービスを展開するパソナブループが運営している転職エージェントです。

「パソナ」と言えば「派遣」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は介護事業、地方創生、海外人材サービスなど幅広いジャンルを手掛ける企業です。

その広大なネットワークを活かして、国内ではトップクラスの求人規模を誇る転職エージェントです。

  • 40,000件以上の求人
  • 16,000社以上と取引

全国の求人に対応しているのもパソナグループならではです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応してくれるので、まずは相談してみましょう。

パソナキャリア
公式サイト≫

 

また、経験やスキルに不安がある方や社会人経験3年未満で転職をする方におすすめしたいのは、「ジェイック」というエージェント系サービスです。

もしかするとあまり聞き馴染みのないサービスかもしれませんが、実は全国で数十社しか国が認定していない「職業紹介優良事業者」のひとつです。

経験やスキルがない場合、転職に苦戦するケースは多いですが、ジェイックでは

  • 未経験OKの企業を紹介
  • 書類審査なし
  • 就職講座を実施

このようなサポートをしてくれるので、転職成功率も上がります。

ジェイックの対応エリアは以下のとおり。

東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪
兵庫・広島・福岡・岡山・宮城・北海道
※対象エリアは時期によって変わる可能性アリ

経験やスキルで不安を感じているなら、ジェイックに相談してみましょう。

ジェイック(JAIC)の
公式ページ>>

サポート力が高く相談しやすい転職エージェント3選

転職を成功させるには、サポート力が高く相談しやすい転職エージェントを使うのがポイントです。

なぜなら、

  • 自分に合う求人を紹介してもらいやすい
  • 転職のコツ・ノウハウを吸収できる
  • 情報収集が圧倒的に捗る

このようなメリットがあるからです。

以下の記事では、サポート力が高く相談しやすいエージェントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

転職エージェント
3選まとめ>>